プチ社長日記:『もう今年も折かえってるのかよ』の話

『真面目にやらなきゃいけないのに、いつの間にか夏になった。。。
あっちこっち出歩いてるのが、あんまり楽しくてさ。。。』
tokikake.jpg

あちこち種は蒔いてるのですが、モノになるかは運次第なところがあります。
因みに、オーバーホールは今月一杯はかかりそうです(笑)。。。

『ハワード・ベーカー元駐日米大使死去』

謹んでご冥福をお祈りいたします。
本当に、お疲れ様&ありがとうございました。

東京・赤坂にある大使公邸で「タイシ」と名付けた犬を飼い、夫人と共に浅草や、街中のトンカツ店にも足を向ける親日家だった。小泉純一郎政権の官房長官として気脈を通じた福田康夫元首相は飾らない人柄を「きさくなおじさん」と表現し、絶賛した。

 マンスフィールド氏と同様、日米を「世界で最も重要な二国間関係」と語り、駐日米大使を「最も輝かしいキャリアの一つ」と公言した。日本にとってかけがえのない真の友人だった。

プチ社長日記:『うーん』の話

ちょこちょこと投資や仕事の話も舞い込んで来るのだが、
順調に行っているもの、そうではないもの、まだ始まってすらいないもの、いろいろである。

あまり口を出さず、過度な期待もせず、できるだけ黙って見ていようとは思うのだが、
どうしてもいろいろ言ってしまう。

一方で、ちょっと困ってるから話を聞いてくれ、と出かけていくと、そもそも困ってる原因はその会社のやり方ではなくて、業務で使用しているサービサーの方だったりで、何とかしてあげたいと思ってもフックが見当たらないですね、としか言えなかったりである。

ただまぁ、全体的に景気が上向いてカネが動いてるのだなぁ、というのは実感できる。

ま、だからと言って、今日明日どうかなるもんでもないんだけどさ。

プチ社長日記:『雨が降っていると・・・』の話

異様に眠い。
昔からそうなのだが、雨降ってると眠い。。。
昔、空手で痛めた膝が痛くなる時もある。
それでも、雨は嫌いではない。

朝起きて、ちょこちょことポートフォリオ触って、寝る。
いろいろ案件調査して、人にも会ったりしているが、芽が出ないときは「寝てた方がマシだったよね」と思ってしまうタイプなので、戦略的選択の結果として寝ている、という事にしておこうか。

果報は寝て待て、とも言うしね。

プチ社長日記:『5年』の話

先日、1ヶ月あまりヨーロッパ中心に回っておりましたが、ここ2週間ほどはインド・ネパールを攻めておりました。
『遊んでばっかりじゃねぇか』という叱責が聞こえてきそうですが、遊んでばっかりなので仕方ないですね。

インドの2週間というのはあっという間でありまして、インド人に『おい、どんくらい旅行するんだ?』と聞かれ『2週間だ』というと『短いなぁ、おい』という反応が返ってきます。
それでも帰ってきたのは、偉大な先輩の命日があったので、毎年恒例の墓参りをするためです。

意外と、こういうのやっとかないと、後で気持ち悪くなる性分です。

あれから5年、その方が亡くなったのは43歳ですから、私だとあと2年で追いついてしまいます。
その背中は遠く、私などが追いつける訳など無いのですが、私なりに頑張ってみようと、いつも気持ちを新たにします。

さて、次はどこ行くか。。

プチ社長日記:『昨今の韓国関連報道における論調に思う』の話

最近ネットを見ていると、韓国関連の情報商材のバナーをよく見かける。
その中心は三橋貴明氏である。氏は、(自分で言っているように)公的機関発表の誰でも入手することのできる情報を基に、特に韓国経済の分析で知られるている存在で、ネットで人気を博し、今や多くのファンを抱える経済評論家である。
従い、論拠となる数字は公のものであり確りしているし、その上に加えた考察も正鵠を射ているものが多い。
これは、株式銘柄を調査するときと同じアプローチであり、これに異を唱えるつもりは毛頭ない。(自身にしか知りえない情報を基にしていたら、そりゃインサイダーですよ。)

ただ、物事を簡素化して説明する氏の利点とは裏腹に、その言動には若干過激な表現が使われることになってしまう為、ややもすると韓国(中国も含むが)経済を過度に貶めているように感じられる。
ただでさえ氏の論調がそうなのに、周囲のマスコミがさらに演出過剰に走るものだから、ひいては嫌韓(というか侮韓)の流れを助長していることになっているように見受けられる。

(滅多にテレビをみないのだが)たまたま宿泊先でついていたテレビに氏が登場しており、消費税増税によるデフレへの後退懸念を伝えていたのだが、マスコミによる表現が(いつものことだが)演出過剰で三橋氏の意図すら超えている状況であった。(氏の指摘自体は正しい。)

このマスコミが助長している嫌韓の流れについて、マスコミ自身が「昨今、日本人の右傾化が叫ばれている」と、したり顔で論ずるのは、まさにマッチポンプであり、逆に周辺国の警戒を徒に高めて、まったくメリットがない。
(まぁ、日本のマスコミをそのまま信じる人は少ないと期待するが。)

こういう状況に加わる形で、セウォル号の事件では韓国の後進性を非難する論調が勢いを増している。
セウォル号事件に関する(批判的な)中国のネット掲示板の意見をわざわざニュースとして紹介するくらいである。
「・・・と中国人が言っています」というような紹介の仕方であるが、結局、情報のプロではない素人の意見を(本来プロである筈の)日本のマスコミが暗に自身の意見として取り扱うという事態に陥っている。
お前ら本当にそれでいいのか?



一部韓国系企業の躍進により、今まで辛酸をなめさせらてきた過去から、そういった韓国や中国の欠点を貶める記事が人気を博すのは解らなくはない。
だが、本当に日本のことを思うならば、寧ろ彼の国が優れている点を積極的に紹介し、我が国がそれに追いつくにはどうすれば良いかを議論する風潮に持っていく方が健全であるし、セウォル号のような不幸な事故についても、隣国の不幸に深い哀悼の意を表しつつ、他山の石として我が国の事情を見直すようにもっていくのが建設的である。(事故でなくなった方々もうかばれる、というものである。)

それはつらい作業であることから、マスコミとしては数字やスポンサーが得られにくいという事になるかもしれない。だが、本当に日本の為を思うならば、そうすべきであるし、その矜持を見せてほしいと切に願う。

たとえば、サムスンの持ち株比率について、外国人が過半を占めているからサムスンは韓国企業じゃないよね(だから韓国に負けてるわけじゃないよ)、というのは今更の事実ではあるが、だからと言って韓国人の努力を否定できるわけでもなく、押されている日本企業が救われる話でもない。
嘗てアメリカに対して日本がしたように、韓国の企業からも学ぶべきところは学べばよい。

貧富の格差や高い自殺率など、事実として彼の国の問題点を報道することは無論重要であるが、一方で1人当たり実質GDPの高い伸び率や対内直接投資の高い水準などにも、少なくとも同じ水準で目を向けるべきである。

これら彼の国が優位と認識している箇所をひとつひとつ検分し、日本が改善していく。それにより過度な彼の国の自信を適正なレベルに戻すことができれば、結果として我が国に対する挑発を抑え込むことも期待できるかもしれない。

セウォル号の事件にしても、韓国政府自体がパニクっている面もあるが、「ざまぁみろ」という話では当然なくて、日本は日本できっちりと見直しをすべきである。
「福島の対応の拙さ」、「JR北海道の安全認識の低さ」など、喉元すぎたら忘れてしまうことのないように、こういう機会に再度関心を高める報道をするべきではなかろうか。

そもそも、そういった彼の国の弱点を挙げつらねて「日本はいいよね」という感情に浸るのは、本当の強国のするべき態度からはほど遠い。
(前から酷かったが)昨今のマスコミによる論調は本当に酷いと、目にする度に不安な気持ちにかられてしまう。

なんとかならんのか。

プチ社長日記:『与沢翼氏のFASが白旗』の話

与沢氏ブログ

絡みは一切なく、国税に目を付けられているという噂話だけそっちの住民から聞いていたのですが、完全白旗のようです。
(因みに私は帰国後、税務署に呼ばれ、何ぞと思って行ってみたら、過去微妙(4マソ)に納めすぎていることが解って萎えました。)

同じように目を付けられている方を知っているのですが、どうなるんでしょうか?
あと、香港のFXの話は笑えますが、株式でも同じような話は聞くし、実際にやられた人間も存じ上げているので、これも経験かと。因みにFXはやってないので知りません。
あと、しれっとクレジットカード会社倒産、と書いていますが、厳密にはクレジットカード会社じゃない所と思うんですけどね。そこも胡散臭さ全開なので、徹底的に調査してほしいです。

まったく絡みはないんですが、こうやって氏のブログを見てみると、それでもなお、氏の境遇に一種の羨ましさのような感情を禁じ得ないですね。今は悪い方に振れていますが、人生の方向も振幅も違うのかなぁ、と。

結局、死の間際に、『あぁ、面白かった』と言える人生がベストだと最近思うようになってきたので、変に毒気を抜かれたりせず、見事復活を遂げ過去以上に成り上がって今回以上に壮絶に破綻して周囲ともども豪快に巻き込んでほしいです。
いや、巻き添えはごめんなので私は絡みませんが。

プチ社長日記:『富岡製糸場が世界遺産』の話

おめでとうございます。確定ではないですが、前祝ということで。

思ったよりも早かったです。
・・・というか、完全に出遅れました。正直、腹立たしいです。

今後揉めそうな点としては、富岡製糸場の紡績機械が「奇跡の保存状態」にかかわらず実は散逸していること。

実は、獲物の一部は明治村にあります。リング紡績機です。
これの返還要求が明治村にあったが、明治村はこれを拒否。
(これで富岡絡みの動きが判明)
そりゃそうです。

蒸気ハンマーと並んで、当時の機械としての目玉ですから。
(機械遺産、というギャグのような言葉もあります。)

でも、正式に世界遺産に指定されたら返還圧力が高まりますわな。
まぁ、高値で売れればいいんでしょうけど。

出遅れ涙目だから言うわけではないですが、
世界遺産という概念、あまり好きではないです。
ユネスコに唾吐くつもりはないですが、なんというか、、、オリンピック誘致と同じで、コンサルの動きがね。。。
まぁ、同族嫌悪と言われれば、それまでなんですがね。

世界遺産なんて、ずーっと前からあったのに、騒がれてるのがここ数年、というのがおかしいと思いませんか?

まぁ、今、かなり酔っぱらってるんですけどね。
くっそー。このあろー。

プチ社長日記:『プレステ4を買ったのだが』

ずっと箱のまま放置である。

メモ:『熱海にて』の話

夜明けを待つ。
DSC_0444.jpg

元々、蓬莱という老舗である。目覚めると海が見えるのはとても心地よい。
さすが先生。
DSC_0452.jpg