プチ社長日記:『春の紅葉』の話

先日、豆腐喰いにうかいさんへ行った。
ukai.jpg

背景の東京タワーが節電で消灯の中、豪快にライトアップしてて『こうでなくては』と思った次第。
震災により心情的に節電したい気持ちはわかるが、日曜の夜など70%を切る勢いの消費状態では、暗くなってても仕方ない。少なくとも、経済的には。
ミクロでは個々の節約は美徳と称されようが、マクロではそうもいかない。合成の誤謬である。
安定した電力供給のために、(国は信用できないから)東電に資金を回すのが重要であり、そういう意味では在庫や過剰生産設備が少ないほうが良いのだ。大阪も節電してたが、送電網が異なるので効果は殆ど無い。電気使って電気代払うべきである。

無論、環境に優しくしよう、とかで電力の生産(発電)方法の代替を検討したり、設備を廃棄するのは意味がある。また、どう考えても無駄だよね、という見直しが行われるのも賛成だ。
だが、今の節電は、『仮にこの夏も乗り切られたら、発電所一個廃止しよう』という視点の話ではない。
『いまある供給量を超えないようにしよう』、という話であって、需要超過が予想される局面における供給枠ありきの議論である。
であるからして、供給枠がある以上は、経済を停滞させるくらいなら使用すべきである。

結局、何の為に節電しているのだ、という話である。
『来るべき電力不足の夏に備えて今から節電の習慣をつける』というのが基本路線かな、とは思うが、便乗して半島勢力を挫くべくパチンコ店が槍玉に上がってたりして笑えるわけである。
いやまぁ、半島へのカネの流れとか、三角取引とかの問題があるので、是非そのセンで神田うのの旦那あたりを攻めてもらいたいと思うのだが、言いだしっぺの脳みそが右寄りなだけに、ただの便乗にしか見えないわけだ。他の業種においても、経営コスト削減の名目に都合よく使用されているところもあるようだ。

家計レベルにおいて、無駄をなくそう、という動きは否定しない。が、それを震災のプロットで語られることに、強い違和感を感じる。代替発電や原発の廃止などは、もっと長期で考えるべき視点である。現在のような災害後の非常時には非常時なりの考えがあって然るべきではないだろうか。

ukai3.jpg
・・・とか言っても受け入れられないだろう。『今は皆がひとつになるべきとき』というのも非常時の考え方として賛成であるから、節電ぐらいで異を唱えるのもどうか、という思いもある。丁度、うかいの庭にある春の紅葉のようなものか(野村紅葉)。

プチ社長日記:『ゲーム雑感@巣鴨キャロット』の話

先日、チーム固定台@巣鴨キャロットにてせっせとグフカスの演習に励んでいたところ、 突然、以前に対戦でご一緒した方に話かけていただきました。
      (゚∀゚ ) 『ニッキツケテマスヨネ!』

(; ´゚ω゚)『え、2機?いや、俺ひと・・・』
(やばい、チーム固定台を一人でやっちゃ駄目なのかな?人がいたら退くけど汗)
↑基本的に弱腰なスタンス

      (゚д゚ ) 『日記!』

(;`・ω・)『おぉっ!』

     (゜∀゜) 『頑張ってください!』

( ´∀`) 『あざーっす!』

その後も並びながらお話したのだが、彼はNextの時から見てくれてたそうな。

仕事柄、初見の方とお会いするときは相手の名前で検索かけて事前に情報を集める。IT業界では特にこの傾向が顕著で、お互いに『日記読んでます』となれば話の展開が速くなって双方とも助かる。
そもそもネット上で文書公開しておいて見られちゃ嫌だとか言ってる奴は頭おかしいよね、というのがコンセンサスの世界である。
※自分の意思によるUploadの場合のみ。

であるから、まぁまぁ日記について触れられるのは慣れてはいたものの、ちょっとこの展開は予想してなかったので、正直嬉しい。

因みに、あとでちょっと見てたのだが、彼は巣鴨キャロットで月間10傑に入る強者で、当然のように過去の対戦成績では私の完敗である。全国ランキング2位とか普通にいるし、よく考えると巣鴨キャロットってやっぱり素敵だ。


・・・ガキの頃は、田舎の娯楽の選択の幅が少ないこともあって、ゲーセンはコミュニティの場だった。
カツアゲする兄ちゃんがいたり、喧嘩して出禁になる奴がいたり、圧倒的な資本力で台を独占する営業マンがいたりもしたが、基本的には皆顔見知りなので、行くと、
(,,゚д゚)(,,゚д゚)ノ おーっ、いりー!
と声をかけてくれる環境であった。
そもそもポケベルすら普及していない時代なので、『野郎の待ち合わせはゲーセンで』が相場だったのだ。
しかも、目だったゲーセンが2箇所しかなく、
ヾ('A`)ノ゙ モウーダレモコナイヨー
の時はもう1箇所の方へ移動してたりした。※因みに1箇所は既に閉店。

雑誌、ゲーメストを仲間内で全部揃えてた話をすると、一部からは賞賛され、一部からはキモがられていたが、そもそも今やゲーメストを知っている人が圧倒的に少ないので『何それ?』で終わってしまう。(雑君保プさんって、今何やってるんだろ。。。)

・・・あの頃から20年近く経つが、社会人になって小銭は増えたものの、遊べる時間が少なくなり、足を運ぶ機会がめっきり減った。
ゲーセン自体、家庭用ゲーム機の躍進、プリクラや大型筐体ゲーム機の隆盛による遊園地化、それに風営法改正で原則0時閉店となったことが加わり、コアなファンに向けた求心力は急速に衰退していく。(一方で、『不良の温床』というイメージは払拭されていくのだが。。)
更に少子化の影響もあり、アーケードゲーム市場は縮小の一途を辿ると思われた。

私もアーケードゲーム熱は初代バーチャロン以降、ダダ下がりであった。
飲みすぎて始発待ちのゲーセンで既に稀少機種だった『源平討魔伝』をずっとやる(世界観含めコアなファンが多く、名作だがループできるので上手い人間は体力の続く限りプレイ可能)なんて芸当はもうできなくなった。


だが、ここ数年の麻雀格闘倶楽部や三国志大戦以降、オンライン集計などによるコミュニティとしてのインフラが整備されつつある(全国集計の起源はゲーメストによる紙での月間集計)。
形態は違えども一見さんには敷居の高いコアなファンによるゲーセンが復活しているのだ。
今回の件は、そのことを肌で感じる契機となった。


・・・私がその『コアなファン』となってこの世界に残れるかどうかは分らない。
だが、家庭用ゲーム機やモバイルアプリが一般向けのゲームを怒涛の勢いで繰出して来る以上、これも生き残りをかけた店側の戦略なのであろうし、そういった場が、ある意味で復活し、これからも存在し続けることを、私は希望する。

プチ社長日記:『2割安定』の話

※エクストリームVsの話です。判らない人スルー推奨。

先日もフルボッコにされたので2割台安定となりました。
勝率というよりも、ピッチャーの打率みたいな感じです。

経験値としては100戦突破なんで、7,000〜8,000円の投入金額ですな(負け回数×100円)。
因みにフルボッコされた相手に『元帥』の階級をもつ人がいたので、携帯で調べてみると4,000戦以上の戦歴が。なんぞ。
勝率が異常に高いので投入金額は10万チョイなんですが、命をかけてる野郎がいることは確かである。
因みに私の階級は『二等兵』。

このゲーム、最近は並ぶ時間が短くなったが(みんなモンハンでもやってんのか?)、ゲームリリース時から手をつけとけば良かったと後悔。まぁ、そんな余裕なかったんだけど。
最初に勝ち組と負け組みが出来てしまうと、なかなかその逆転は難しい構造になっております。
5ターンでみるとこんな感じ。
【上手い人】
戦う

勝つ

戦う

勝つ

戦う

3戦:投入金額100円

【私】
戦う

負ける

並ぶ

対戦時間調整(乱入待ち※8人台で5人の時とか)

戦う

2戦:投入金額200円

・・・1000コスだとキャスティングボード握れないので、勝敗は相方次第。
しかも狙われると速攻蒸発だし。
ターンA使いに『前でます!墜ちないで!』とか言われても墜ちるもんは墜ちる。
でも、今から高コスト使用するのも迷惑かけそうでなかなか。。。
この前、こっそりシナンジュ使ったら、あまりの強さに『これが2500コスの力か。。。』と感動。
墜とされたけど。

ただの愚痴です。えぇ、すみません。

プチ社長日記:『ひとり遊び好きですが、何か?』の話

20101212164438.jpg
根津美術館は庭が良くて、茶店もスッキリしたデザインで好きです。
入館料とられるので、結果として高くなりますが、是非。

プチ社長日記:『cast78』の話

ちょっと前に逝ったけど、うまかったよ。
また逝くと思われ。
cast78

20101117234045.jpg
ジビエの猪

20101117232432.jpg
つーわけで、サンコム。神の●みたいな感じですが。

プチ社長日記:『平日の昼から飲んでいる』の話

最高。

プチ社長日記:『年収600万〜1000万円台くらいの未婚男性に「モテバブル」が来てるんだとさ』の話

(なんかリンク貰ったので。)
『引く手あまたの選び放題』って嘘ばっか書くなー。
暴れるぞコラ。

プチ社長日記:『こういうことって、あるんだな』の話

先日、夢を見ました。
12年前に出会って、付き合って別れたりの末、結局、僕が大人になれなくて完全に別れてから3年経ったS女史と、笑いながら会話している夢でした。
最後に何か言いたげだったので、『最近、どうしてるの?夢に出てきたから、気になって』という短いメールを打ちました。
昔は半日もしない内に返信がくる人だったのに、2日経っても返事がないので、『つまらないことを訊いたな』と後悔していると返信がきました。

僕がメールをした日、彼女は結婚式を挙げたそうです。
神社で挙式した、というのが彼女らしくていいな、と思いました。
精一杯、言葉を簡潔にして近況を報告しあいました。
『最後に(夢で)会いに行ったのかなぁ』という言葉が印象的でした。

僕を気遣う言葉をくれました。
いつも海容し励ましてくれる彼女には一生勝てないのだ、と確信しました。

とにかく、幸せそうで安心しました。
これからも、ずっと彼女の幸せが続くことを心から祈るばかりです。

プチ社長日記:『猛烈に腹立たしいやりとり』の話

某案件に対してとった私の行動に対して、クレーミーなメールが来て、その後もしょうもないやりとりが。

・突然、キレる。
・その後もキレ根拠の説明がない。
・一方的に連絡を遮断(スルー)。

のトリプルコンボであり、私のこの残尿感にも似た不快感はどこへ向ければいいのだ。
何か最近、似たようなことが多くて、もう本当にしんどい。
勘弁してくれよ。

コミュニケーションの基本は、観察と継続へ向けての努力だと思うんだけどな。結論を先に述べるとか、論理的であるとか、5W1Hとかの技術の前に、スタンスの問題だろ?
もう大人なんだからさ、頼むよホント。

そうは言っても、全員がHappyな解決策なんてなくて、誰かが割を食うんだけどさ。
対話が成り立たない奴に、割がいくってのは、まぁしょうがないわな。寧ろ、判断は正しかったな、と自分に言い聞かせて寝る感じだ。

プチ社長日記:『長谷亮平氏の絵』の話

私の近しい人が長谷亮平氏の友人で、話を聞いていた。
私の生まれた家は写真やら彫金やらやってる人が多かったので、絵を描く人も特段珍しい存在ではない。
なので、最初は気にも留めてなかったのだが、最近は帰宅も早いので仕事の合い間につらつらと調べてみた。

・・・見ている内に、何となく引き込まれるものを感じた。
最近、自分にイラついてるから?

で、気付けば決済ボタンを押下してる自分が。(The last thing we do)
あれ?あるぇぇぇぇっ?


長谷亮平氏HP
enterで入った後、のメニューから作品が見られます。スクロールなので注意。