プチ社長日記:『昨今の韓国関連報道における論調に思う』の話

最近ネットを見ていると、韓国関連の情報商材のバナーをよく見かける。
その中心は三橋貴明氏である。氏は、(自分で言っているように)公的機関発表の誰でも入手することのできる情報を基に、特に韓国経済の分析で知られるている存在で、ネットで人気を博し、今や多くのファンを抱える経済評論家である。
従い、論拠となる数字は公のものであり確りしているし、その上に加えた考察も正鵠を射ているものが多い。
これは、株式銘柄を調査するときと同じアプローチであり、これに異を唱えるつもりは毛頭ない。(自身にしか知りえない情報を基にしていたら、そりゃインサイダーですよ。)

ただ、物事を簡素化して説明する氏の利点とは裏腹に、その言動には若干過激な表現が使われることになってしまう為、ややもすると韓国(中国も含むが)経済を過度に貶めているように感じられる。
ただでさえ氏の論調がそうなのに、周囲のマスコミがさらに演出過剰に走るものだから、ひいては嫌韓(というか侮韓)の流れを助長していることになっているように見受けられる。

(滅多にテレビをみないのだが)たまたま宿泊先でついていたテレビに氏が登場しており、消費税増税によるデフレへの後退懸念を伝えていたのだが、マスコミによる表現が(いつものことだが)演出過剰で三橋氏の意図すら超えている状況であった。(氏の指摘自体は正しい。)

このマスコミが助長している嫌韓の流れについて、マスコミ自身が「昨今、日本人の右傾化が叫ばれている」と、したり顔で論ずるのは、まさにマッチポンプであり、逆に周辺国の警戒を徒に高めて、まったくメリットがない。
(まぁ、日本のマスコミをそのまま信じる人は少ないと期待するが。)

こういう状況に加わる形で、セウォル号の事件では韓国の後進性を非難する論調が勢いを増している。
セウォル号事件に関する(批判的な)中国のネット掲示板の意見をわざわざニュースとして紹介するくらいである。
「・・・と中国人が言っています」というような紹介の仕方であるが、結局、情報のプロではない素人の意見を(本来プロである筈の)日本のマスコミが暗に自身の意見として取り扱うという事態に陥っている。
お前ら本当にそれでいいのか?



一部韓国系企業の躍進により、今まで辛酸をなめさせらてきた過去から、そういった韓国や中国の欠点を貶める記事が人気を博すのは解らなくはない。
だが、本当に日本のことを思うならば、寧ろ彼の国が優れている点を積極的に紹介し、我が国がそれに追いつくにはどうすれば良いかを議論する風潮に持っていく方が健全であるし、セウォル号のような不幸な事故についても、隣国の不幸に深い哀悼の意を表しつつ、他山の石として我が国の事情を見直すようにもっていくのが建設的である。(事故でなくなった方々もうかばれる、というものである。)

それはつらい作業であることから、マスコミとしては数字やスポンサーが得られにくいという事になるかもしれない。だが、本当に日本の為を思うならば、そうすべきであるし、その矜持を見せてほしいと切に願う。

たとえば、サムスンの持ち株比率について、外国人が過半を占めているからサムスンは韓国企業じゃないよね(だから韓国に負けてるわけじゃないよ)、というのは今更の事実ではあるが、だからと言って韓国人の努力を否定できるわけでもなく、押されている日本企業が救われる話でもない。
嘗てアメリカに対して日本がしたように、韓国の企業からも学ぶべきところは学べばよい。

貧富の格差や高い自殺率など、事実として彼の国の問題点を報道することは無論重要であるが、一方で1人当たり実質GDPの高い伸び率や対内直接投資の高い水準などにも、少なくとも同じ水準で目を向けるべきである。

これら彼の国が優位と認識している箇所をひとつひとつ検分し、日本が改善していく。それにより過度な彼の国の自信を適正なレベルに戻すことができれば、結果として我が国に対する挑発を抑え込むことも期待できるかもしれない。

セウォル号の事件にしても、韓国政府自体がパニクっている面もあるが、「ざまぁみろ」という話では当然なくて、日本は日本できっちりと見直しをすべきである。
「福島の対応の拙さ」、「JR北海道の安全認識の低さ」など、喉元すぎたら忘れてしまうことのないように、こういう機会に再度関心を高める報道をするべきではなかろうか。

そもそも、そういった彼の国の弱点を挙げつらねて「日本はいいよね」という感情に浸るのは、本当の強国のするべき態度からはほど遠い。
(前から酷かったが)昨今のマスコミによる論調は本当に酷いと、目にする度に不安な気持ちにかられてしまう。

なんとかならんのか。

プチ社長日記:『与沢翼氏のFASが白旗』の話

与沢氏ブログ

絡みは一切なく、国税に目を付けられているという噂話だけそっちの住民から聞いていたのですが、完全白旗のようです。
(因みに私は帰国後、税務署に呼ばれ、何ぞと思って行ってみたら、過去微妙(4マソ)に納めすぎていることが解って萎えました。)

同じように目を付けられている方を知っているのですが、どうなるんでしょうか?
あと、香港のFXの話は笑えますが、株式でも同じような話は聞くし、実際にやられた人間も存じ上げているので、これも経験かと。因みにFXはやってないので知りません。
あと、しれっとクレジットカード会社倒産、と書いていますが、厳密にはクレジットカード会社じゃない所と思うんですけどね。そこも胡散臭さ全開なので、徹底的に調査してほしいです。

まったく絡みはないんですが、こうやって氏のブログを見てみると、それでもなお、氏の境遇に一種の羨ましさのような感情を禁じ得ないですね。今は悪い方に振れていますが、人生の方向も振幅も違うのかなぁ、と。

結局、死の間際に、『あぁ、面白かった』と言える人生がベストだと最近思うようになってきたので、変に毒気を抜かれたりせず、見事復活を遂げ過去以上に成り上がって今回以上に壮絶に破綻して周囲ともども豪快に巻き込んでほしいです。
いや、巻き添えはごめんなので私は絡みませんが。

プチ社長日記:『富岡製糸場が世界遺産』の話

おめでとうございます。確定ではないですが、前祝ということで。

思ったよりも早かったです。
・・・というか、完全に出遅れました。正直、腹立たしいです。

今後揉めそうな点としては、富岡製糸場の紡績機械が「奇跡の保存状態」にかかわらず実は散逸していること。

実は、獲物の一部は明治村にあります。リング紡績機です。
これの返還要求が明治村にあったが、明治村はこれを拒否。
(これで富岡絡みの動きが判明)
そりゃそうです。

蒸気ハンマーと並んで、当時の機械としての目玉ですから。
(機械遺産、というギャグのような言葉もあります。)

でも、正式に世界遺産に指定されたら返還圧力が高まりますわな。
まぁ、高値で売れればいいんでしょうけど。

出遅れ涙目だから言うわけではないですが、
世界遺産という概念、あまり好きではないです。
ユネスコに唾吐くつもりはないですが、なんというか、、、オリンピック誘致と同じで、コンサルの動きがね。。。
まぁ、同族嫌悪と言われれば、それまでなんですがね。

世界遺産なんて、ずーっと前からあったのに、騒がれてるのがここ数年、というのがおかしいと思いませんか?

まぁ、今、かなり酔っぱらってるんですけどね。
くっそー。このあろー。

プチ社長日記:『棚卸中』の話

2月末で、これまで参画させていただいていた大きな仕事がひと段落しました。
私は撤退となりましたが、丁度、リフレッシュが必要かなーとか思ってたところなんで、1か月余り、ヨーロッパ中心に走り回っておりました。

ルートで言うと、下記のような感じです。(通過しただけの国は除く)

【ルート】※⇒:鉄道 →飛行機 ➡バス
イギリス⇒フランス⇒スペイン⇒モロッコ⇒スペイン⇒フランス⇒スイス⇒オーストリア⇒スロヴァキア⇒セルビア⇒ブルガリア➡トルコ→イラン→トルコ➡ギリシア➡マケドニア➡コソヴォ➡モンテネグロ➡クロアチア➡ボスニア・ヘルツェゴヴィナ⇒ドイツ⇒オランダ⇒ベルギー⇒フランス

【モロッコにて】


まぁ、この辺は別途ご報告いたします。

当面は、内部的な仕事を粛々とこなしつつ、年齢的にも節目なんで、自分にできること/できないことなんかを棚卸しようかと思ってます。
・・・とか言ってるとカッコいんですが、普通に日中は相場見たりしてるんで、あんま変わらないですね。
ま、そんな感じです。

いろいろ長期にわたって滞っていた作業などで、一部の方にはご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

プチ社長日記:『プレステ4を買ったのだが』

ずっと箱のまま放置である。

メモ:『熱海にて』の話

夜明けを待つ。
DSC_0444.jpg

元々、蓬莱という老舗である。目覚めると海が見えるのはとても心地よい。
さすが先生。
DSC_0452.jpg

プチ社長日記:『うなぎパイが食べたかったんだ。きっとそうだ。』の話

三島(修善寺)から東京に戻ろうと新幹線に乗り、爆睡してると、「・・・・次は名古屋にとまります」の駅到着アナウンスに気付いて目覚め、「逆やがな!!」と心で叫びつつ慌てて降りる。
ここは浜松。静岡駅は寝過ごしたらしい。

プチ社長日記:『今年も終わるぜ』の話

あと1時間で今年も終わるというのに、沖縄のモントレホテルの一室に一人でおります。
母親と兄の家族もこのフロアのどこかにいる筈なんですが、いろいろやることもあるので部屋に籠りっきりですわ。
相変わらずマイペースな奴だと思われていることでしょう。

振り返ってみると今年も例に漏れずあっという間でありました。
年初の予定の達成度を各項目毎にチェックするのは私の大晦日の習慣なんですが、ちょっと3つずつ程ピックアップしてみました。

■達成
1:CoCo壱 6辛クリア
➡2014年はまさかの10辛挑戦へ? や、それは私には無理かも。

2:パズドラノーマルダンジョン無課金クリア
➡12月27日達成。1年弱のこの戦いにようやく一区切りが。
ずーっと闇パで攻略し、ロキを引いて以来、彼がリーダーであったが、
最後はホルス×2の構成で挑む。
結果、ホルス×2、アビネプ、ハーデス、エキドナ、バステト という構成に。
そのうち、レベルMAXはハーデス、エキドナのみという頼りない構成だったが、
直前にホルスを究極進化できたこともあり6コン程度でクリア。
今年はコロプラなどスマホゲーム株で儲けさせてもらったが、ゲームには1円も落とさずに済んだ。
たとえスナックで10万使ってもソーシャルには1円も落とさない、それがマイ矜恃。

3:相場
➡まぁ、今年はアホでも儲かる相場だったので、
当初目標は余裕でクリア。
ちょっと途中で日和ったんがなー、もうちょっと行けたよなー、とタラレバ定食を食べるのも年末の恒例であります。

■未達成
1:仕事(その1)
➡Ayleedsとしては、年明けに大きなリリースを控えているものの、
まぁまぁ順調だったと言えるかも知れない、と。
お客様にも恵まれてるし。
ただ、2012年程の頑張りを出せなかったのも事実。
まぁ、休日出勤のハードルがあがったりと環境の変化もあったけどさ。
この辺の残尿感とでも言うべき不快さが残ってしまった。んー。
宇多田ヒカルの歌詞にあったけど、「去年より面倒臭がりになっているぞ」という
危機感が。ばいやー。

2:仕事(その2)
➡上記でピークアウトしたにも関わらず、別件のプロジェクトの進捗が芳しくなかった。
これはまずし。おそらくAyleedsの仕事が春には一区切りつくので、夏頃に梃入れする妄想。

3:海外逃亡ノルマ
➡見聞を広めるべく年2回の海外逃亡(旅行・出張)をノルマにしてるのだが、
今年は不振の1回。ただ、その1回のヴェトナムはメンバー的にも無茶苦茶面白かったので良しとするか。
友人の結婚式で別府行ったり、オカン連れて修善寺行ったりと国内温泉が多かったな。
円安だからか?来年はガッツリ行ってやろうと考えております。

ーーーーー
まぁ、毎年のことながら、チェックしては自責の念にかられるのですが
(ここには書いてないが、他にもイロイロあります。。。)、
ボルダリングのような新しい趣味を始めたりもし、
何より健康で過ごせて病欠を(今年も)1日もせず、沢山の人々に支えられて
過ごせたので、入江は幸せだったと思うのであります。
(普段そういう自覚に乏しいというのは、損な性格であります。)

あ、もう明けますね。
来年もよろしくお願いいたします。
皆様も良いお年を。


プチ社長日記:『銚子にて』の話

先日、ひょんなことから銚子の方へ行くことになった。僥倖というやつである。
前から気になっていた地方鉄道があり、某税理士さんより「非常に良い」と聞かされていたので、バスの方が早く目的地に着くのを、敢えての電車で出発である。
以前のクライアントが幕張であったので、それ以降に足を伸ばすのはいつ以来か?

銚子駅は初めてであるのであるが、ええ感じに田舎であり、微妙に魚臭いのを除けばナイスシティである。
銚子電鉄であるが、その調子駅がJRの線路とホームを間借りしたつくりとなっており、トホホな佇まいが既にナイスである。
世の鉄道マニアと呼ばれる人ではない方々(私は中学時代にいろいろ調べていたが、挫折してしまった)にも充分楽しめる趣である。平たく書けば、全部ナイスだ。
DSC_0384 (2).jpg

車内はすいており、広告の類が全然ない。広告しても見る人が少ないであろうことは想像に難くなく、都心ですらスマホ・携帯の普及で「目玉が奪えない」車内吊り広告が微妙な位置づけなのを考えると、むべなるべきか。
広告のスペースには地元の子供が書いた「ちょうしでんてつがんばれ」みたいな絵が企画として展示されてて見るものの涙をさそう。その隣には、「調子電鉄支援 ○口 出資者様」とかあって個人名とかも出ている。マジか。
最早この鉄道を動かしているのは、必然性や利益や電力ですらなく、愛なんだよ!と言いたくなる趣である。


当鉄道であるが、狙いは悪くないと思うのだが、萌えキャラクターを採用しているのが脱力である。
鉄オタとアニオタが仲が良いのか解らんが、子供と年寄メインの車内にプラプラする萌え広告がシュールであり、見るものの心胆を寒からしめる。文字通りクールジャパンである。どうやら鉄道王国日本の誇る第三セクター運営第一号の三陸鉄道と変なタイアップしてるらしく、なんか二人はプリキュアみたいになってる。
因みに、乗車券は厚紙でできた昭和な切符であり、銚子駅行きの切符は『上り銚子(調子)』で縁起が良いということで貰ってきた。
DSC_0362.jpg

宿は『海と森』(別邸)である。犬吠埼灯台が見える部屋で月夜の海を眺めながら「ビバノンノ」するのは最高であり、その景色はたまに思い出すほどである。ハードとしては秀逸なのだが、スタッフの所作振る舞いが残念であり(領収書を剥き出して提示して、封筒を所望しても入れる様子すらない、コンシェルジュのスーツがあってない、料理の出す順番が変わっても断りもない、などなど)、そのどれも一つ一つは微妙なのであるが、競合ひしめく箱根だと半分の価格帯でも当たり前にできる事ができないのは残念であり、ソフトとしては格落ち感が否めない。仕事柄、研修制度はどうなってるんだろうなどと、余計なことを考えて落ち着かない。

夜が明けて犬吠埼灯台に登る。「この辺に名所はあるか?」と聞くと「灯台以外に何もない」というシンプルな答えが返ってきたが、そもゴルフをする人が立ち寄る感じのエリアなので、それくらいでいいのかも知れない。
シンプルな方が骨休めにも具合がいい。

トータルとしては満喫できたので、ゴルフをする人は勿論、鉄道好きにも激しくお勧めである。



プチ社長日記:『チャレンジ2013』の話

もう今年もあと1か月くらいしかない訳ですが、
諸々、順調であっても、否、順調だからこそ、なんかつまんねー、と思う昨今であります。
幸せになれない性格だと思います。自覚はあります。


この前、ココイチ行ったんですよ、ココイチ。一人で。
で、カウンターの隣に女性が座ってきてですね、「10辛」と注文された訳ですよ。
私はカレー(3辛)喰いながらパズドラやってたのですが、思わず「はっ」として女性の方を覗き込んでしまいました。

店員も驚いたらしく「中辛ですか?」とか聞き返している。「10辛」だってば。
ココに「中辛」なんかねぇよ。

ぶっちゃけ私は「辛いの食べるぞー」と思うときも4辛どまり。
それも卵とか入れて味をマイルドにしないとかなり厳しい。
因みに5辛はなぜか4辛の2倍とギャップ・アップ・レートになっており、手が出せていない。

■ココイチ辛さレート■
甘口:辛さが苦手な方や、お子さまにもオススメ。
普通:一般的な中辛程度ココイチのスタンダード。
1辛:一般的な辛口程度
2辛:1辛の約2倍 後から辛さがじわじわと広がる辛口。
3辛:1辛の約4倍 激辛!そろそろ限界?  ←今ココ
4辛:1辛の約6倍 超辛!極辛!好きな方はやみつき。
5辛:1辛の約12倍 辛さに挑戦!!という方向け。辛さと勝負。
6辛:1辛の約13倍 過去に5辛を全て食べた方に限らせていただきます。
7辛:1辛の約14倍
8辛:1辛の約16倍
9辛:1辛の約18倍
10辛:1辛の約24倍 ←隣の女の子

この辛さの基準もよくわからんが、おそらく唐辛子の投入量の比率と思われる。
人間が感じる辛さが唐辛子の量に比例するのか解らんが、
なんか私にとっては10辛はもはや神の領域である。

・・・で、運ばれてきた10辛なのだが、空調のせいか、隣にあるのに何故か私の目が痛い。
沁みる、やめれ。
なんで食べてもいないのにダメージ受けてるのだ私。
至近弾だ、直撃でなければ、どうということはない!
と言い聞かせるも、時間もなかったのでそのまま店を出た。

今でもあの女性が10辛を完食したのか気になる。

もしかしたら、意外に辛くないのかもしれない。
ある程度のところに閾値があって、そこ超えるとあまり差がわからない、みたいな。

別に辛いのを食べられると偉いとか、そういう訳ではないけれど。。。
10辛の辛さは百万言を費やしても理解はできまい。
味覚の前には、言葉は無力だ。
というわけで、徐々に辛さのレートをあげてみようかと思う。
もはや、空腹を満たすというよりかは、自分との戦いの境地がしなくもないが、
とりあえず年内6辛目標、ということで。

これが2013年の私の目標です。
・・・遅えよ。

因みに、卵とかは、入れさせてくれよな、俺。