プチ社長日記:『いりー若返り計画』の話

とりあえず『NANA』読んでます。

プチ社長日記:『東京トイボックス』の話

(当エントリは専ら私の趣味的見地から書かれている為、一部の方にしか判らないかと思いますが、ご容赦を。オチなしです。)

師匠のブログでモーニングネタがあったが、私もれっきとしたモーニガーであるので思わずエントリ。

私的には連載2回目となる『東京トイボックス』がイチオシである。
いや、2回読んだだけで評価を下すのは早計かもしれんが、今のところ面白波動をヴィンヴィンに感じる。

ぶっちゃけ、作者うめさんの前作『ちゃぶ台ケンタ』はあまり読まなかった。
なんつーか、やっぱ主人公と世代が違うのがあわない原因だったのか?
モーニングの『昭和60'sチルドレン』も子供が主人公ではあるが、昭和48年生まれのオサーンの私は読んだ。
別にストーリィだけ見れば、少年の頃の熱血や甘いお話が多く、舞台設定が異なるだけと言えなくも無いが、それでも私の世代(ターゲット層)には後者(『昭和60's〜』)のウケがいいのではなかろうか?
『子供のお話』と『子供の頃のお話』では、やはりニュアンスが違うでしょ。
私の趣味だけかも知れんが。

しかし、『東京トイボックス』はこの点を難無くクリア。
というか、舞台設定が合いすぎて逆に一般向けしないのではないか不安さえ感じる。
舞台は、ゲーム開発会社(下請け)で、主人公はクリエイター兼社長。

<個人的嵌まりポイント>
ー膺邑の年齢・考え方が近い
⊃場の雰囲気(開発)に親しみがある
ゲーマー
ぜ膺邑がプチ社長

【 Νについて】
最近、ゲーセンがつまらない。
私はアーケードゲームから家庭用ゲームに渋々移動してきたタイプなので、昨今のゲームのつまらなさには憂いを感じる。
最後にアーケードゲームで感動したのは初代『バーチャロン』がロールアウトした時である。10年くらい前か?
フィリピンでは初代『バーチャロン』が現役バリバリであったので心ゆくまで愉しんだ。私がフィリピンに滞在する1年余り、ぶっちぎりでフィリピン最強のバーチャロニストであった。
逆に言えば、ここ10年のゲームはそこそこのヒット作(怒首領蜂とか)はあっても感動するゲームはない。
『鉄拳』が『鉄拳5』になっても、感動はしない。やるけど。
それどころか、10年前のゲームの方がうっかり面白かったりする。

じゃあ家庭用ゲームはどうかっていうと、これも同じ。
プレステ>プレステ2>プレステ3 とプラットフォームが高次になるにつれて開発費が跳ね上がり、本来博打的要素の高いゲームビジネスなのに手堅くヒットを飛ばせるコンテンツに収斂してしまう悲劇。
結果として『エースコンバット』が『エースコンバット5』になると言う話である。いや、面白いんだけど、タイトルの存在に感動することは正直、ない。

開発費が集まらないのなら、ファンド化してカネを出す仕組みにすればいいと思うのだが、『ときめきメモリアルファンド』が華麗に且つ艶やかにコケてから二の足を踏む状態になっている。ファンドのアイデアは良かったんだけどねぇ。『ときメモ』じゃなかったら出資するんだが。

話がそれた。

どうもゲームの話になると手が勝手にタイプするな。

話を戻すと、主人公が『俺の仕事は面白いゲームを作ること』と言い切り、生活その他すべてを犠牲にしても厭わない姿勢に痺れる。プロはこうあらねば。
頼む、作ってくれ。マジで。カネはファンドで集めりゃいーじゃん。

【◆Νい砲弔い董
主人公が社長である一方で、『OL』というあだ名の社員(秘書?)がマネジメントを担当する。

社長なんだけどマネジメント全くしない男と、社員(秘書?)なんだけどマネジメントを担当する女という構図もオイシイ。微妙に恋愛要素も取り入れて、抜かりなしである。
私もこんな社員ホスィ。私も社長なんだけど、誰か私をマネジメントしてくれ。
目を離すとうっかりゲームをしてしまうところが同じなんですけど。
つーか、こんな時間(徹夜あけ)にブログ更新してる時点でヤヴァイ。

また、開発という『締め切りに追われるタイプ』の仕事の描写がリアリティある。結局、土壇場でやり直しとか平気である世界だから、集中力のある者が勝つ。『安定して火事場の馬鹿力を出せる奴』みたいな、矛盾した人間がスターになるからなぁ。
そして、クリエイター集団といえば聞こえは良いが、うっかりするとすぐに『アストロ球団』のようになってしまうこの手のビジネスにありがちな管理の難しさも描こうという努力も見られる。ただ、実際はもっとアクの強い奴いるけどね。

布石として、バイトもメンバに入れておくと良かったかも知れん。汚れ役で。
開発が間に合わなくて、予算がないから学生バイト突っ込んだはいいが、基本的にプロ意識ミニマムな学生はここ一番で逃げたりする。まぁ、安くて優秀な奴もいるんだけどね。第一話で『アウトソースしましょう!』なんて会話があるが、安心してアウトソースできる所をコンスタントに抱えてる幸せなところなんて、弱小会社にはないと思うぞ。

主人公の会社の描写が優れている一方で、第2話で登場したライバルの『ソリダス社』(ライバルのスク・エニみたいな所)の描写が貧弱なのが気になった。ちょっといかにも過ぎる。
エンタメなんだから仕方ない面もあるのかも知れんが、要ヲチといったところか。

【その他】
最初、監修に山本一郎@切込隊長が絡んでるのかと思ったが、どうやらハズレのようだ。

面白く、且つ、インターネットと親和性の高い舞台設定だから、さぞネットでは既に盛り上がってるだろうと思い検索してみたが、公式サイトは建設中であり、ブログもなんかイマイチ盛り上がってない。

いきなり作者のブログだし。しかもチョー腰が低い。感動した。
何でも、家が近所のようだ。巣鴨住民。巣鴨に住んでる奴に悪い奴はいないからな。(←住民の激しい思い込み)
そーいえば、近所の散髪屋のスタッフTシャツが、うめさんのイラストだったのだが、巣鴨在住と関係あるんだろうか?

何か微妙なところで繋がってそう。

まぁグダグダ書いたけど、私が言いたかったことは

『プチ社長日記は、東京トイボックスを応援します』

ってことで、ひとつ。

♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

プチ社長日記:『日銀萌え〜』の話

おつかれちゃーん♪

ちょっとジュンク堂(本屋)逝ったんですよ。

『貴方の手相見てあげます』とかビッグなお世話振りまく連中をかき分けて。
平日の昼間から。

で、経済のコーナーみたら、こんな本が。。。


面白いほどよくわかる日本経済入門―ラクして覚える究極の入門書 (日本銀行編) 面白いほどよくわかる日本経済入門―ラクして覚える究極の入門書 (日本銀行編) 立迫 文明, 岩崎 靖, 勝山 悠

漫画というのは日本の誇る文化であり、絵を組み合わせて理解力を補助するのは大変有効な手段であると思います。

ええ、そう思いますとも。ほんとうに。マンガ好きだし。

で、ストーリーというと、熱血の燃(もえる)くん(図左)に、何とか先輩(ただし巨乳:図右)が想いを寄せていて、追加で登場するエリート女子高生(ただしスカート膝上20cm)と共に燃(もえる)くんをめぐって恋の火花を散らしながら日本経済における日銀の役割を説明していくというもの。

一言で書くと『燃え(男)萌え(巨乳)萌え(ミニスカ女子高生)

という、何というか、三位一体ハリケンジャーというか、毛利家の『3本の矢』というか、篠沢教授の倍率が10倍で更に倍になって20倍になって、しかも誰もBetしない、みたいな。
『トラ・トラ・トラ』というか、
とにかく最強

しかも女子高生のアングルが秀逸で、中身が見えそうで見えないチラリズムを遺憾なく発揮しているコマ割。巨乳は巨乳でお約束の風呂上りバスタオル巻きもありまっせ、ダンナ。
とにかく、貴方のリビドーを直撃すること請け合いです。

そして
天下の日本銀行編

もう最強。 (;´Д`)ハァハァ

もう無敵。 (;´Д`)ハァハァ

さすが政府に迎合する福井総裁、日本政府のアニメ産業振興政策(でも、業界からはウザがられている)に歩調を合わせた、いろんな意味で特殊法人っぷりを遺憾なく発揮であります。

そして、最後のオチが

燃:『よしっ、日本銀行に入ろう!』

萌(巨乳):『えっ、日本銀行って、超エリートが逝く所なのよ・・・・・。』

という、自画自賛っぷり。

いや、書いたのは岩崎さんだけどさ、それをスルーするか?ちゃんと編集してんのか?

とにかく、
萌えを楽しめながらここを30分も見れば判る情報をたったの1260円で手に入れられる良書です。

マジおすすめ。嘘だけど。


♪株式ブログランキングはこちら♪

♪ま、そんな感じでひとつよろしく。あっはっは。(ランキング)♪

==※今日の備考(リンク)※===

プチ社長日記:『ひとこと言わせてください』の話

おつかれちゃーん♪

『DeepLove』とかを文学というフレームで語ってる奴は逝ってよし。
いや、作家がどうこうという問題よりも、読者のレベルが低すぎるぜベイベー。

♪株式ブログランキングはこちら♪

♪ま、そんな感じでひとつよろしく。あっはっは。(ランキング)♪

==※今日の備考(リンク)※===

プチ社長日記:『ヒルズな人たち』の話

新幹線の中で、佐々木俊尚氏の『ヒルズな人たち』を読んだ。

ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録 ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録

第一印象は『このタイトルはないだろう』ということだ。
センスミニマム。
IT業界の社長を取材しているのだが、明らかにヒルズの住人でない人物がいる。単純に、ヒルズが言葉として流行っているので使用したという小学生的な発想ではないか? まぁ、買ったんだけど。

元ネタはウェブモンキーのブログを発展・纏めたものと考えてよくて、ネットコンテンツの商業利用の一つの形だと思う。まぁ、『恋の悪あが記』みたいなもんすね。

タイトルはともかく、内容は佐々木氏の熱の入った文章が読者を惹きつけ、特に後半の登場人物に関しての記事、つまり派手さはなかったり、あまり表に出てこない(出てこられない)経営者である明瀬洋一(Sentivision)、松島庸(M2X)、重田康光(光通信)諸氏についての記事が面白い。 あと宇宙行く榎本大輔氏とか。

とはいえ、明瀬洋一(Sentivision)氏に関する記事については、元社員と思われる人たちからブログの方に『事実と違う』とコメントが来ていた。
一方的な通信メディアであるその他とは違い、佐々木俊尚氏の発した情報が双方向性を持ったブログという機能であったからこその出来事で心躍る瞬間だ。

このへん。

要はSentivisionの前のキュービーという会社の倒産に際して、美談化されているということである。『社員は全員やめて、やがて明瀬ひとりになった』とか書いても『てめー指名解雇とかしてたじゃねーか』との指摘があったりと紛糾しているが、結局倒産に関してこの手のドタバタが発生するのは止むをえないのだから、ある程度は仕方が無いとは思う。

寧ろ気になったのは、美談化を指摘されて慌てた佐々木俊尚氏が明瀬洋一氏に再度取材している点である。

これ。

いや、明瀬洋一氏に取材しても駄目だろう。

VCはじめ出資者や元社員に取材しないと。

結局、再取材は『ビアサーバが会社にあった』とかマヌケな事実などに対する弁明だけという結果であり、『オートレースは自費でした』とか言っても、売上げもない内から趣味に走ったその点を非難されているのであって、800万の給料も元をただせば出資者の金だろうがという批判なのだから、会計上給与だから問題ないというスタンスじゃ取材としてダメなんじゃねーのと思うわけである。

いくらブログが双方向コミュニケーションを一部可能にすると言ったって、匿名性が守られたものである以上、待ってても事実はわからない。
VCや社員リストからガンガン取材かけてその匿名性を剥ぎ取り、真実を見極め、(とは言え、一般に公開する時は匿名性を守った上で)公開するということを佐々木氏に皆は期待しているのである。

その点をクリアした上での出版として欲しかった。面白いんだけどね。


♪ウェブ・経営ブログランキングはこちら♪
♪株式ブログランキングはこちら♪

==※今日の備考(リンク)※===

プチ社長日記:『SAY』No!の話


文責:吉光

マジで日本の将来を心配した。

ちょっと銀行とお話があって、待合室で待っていた。
その間、暇つぶしに備え付けのマガジンラックをごそごそ漁った。
私は女性誌のファンである。無難な『FIGARO』から、『Ray』とかもあれば読む。昔から好きなのは『with』で、最近のお気に入りは『Luci』だ。
単純な理由として、綺麗なおねえさんがイパーイ載ってて眺めてるだけで幸せなのだが、一応、どういう服が流行なのかや、写真の撮り方といったものもチェックしてたりする。他にも、うっかりスポーツ選手とかが恋愛感などについてマヌケなコメントを披露してたりするので油断ならない。

新年度のせいかどうか判らないが、銀行は混んでいる。いい雑誌が残っていない。
その中で
『SAY』(4月号)という雑誌があったので、一瞬『女性自身』と迷ったが、手にとってみた。

『びっくりするほどユートピア!!』どころではない。びっくりするほどつまらねぇ。あまりのつまらなさに爽快感さえ覚える。
驚いた。感動した。惚れた。
まず牧瀬理穂の不自然な老けっぷりに度肝を抜かれる。時の流れというものは、かくも残酷なものなのかと限りなく透明に近いブルー。
まぁ、それはいいよ。人に歴史ありだからな。しかしこれは前座に過ぎなかったのだ。(きゃーっ)

ページ中ほどの『相性のいい顔・対立する顔』のコーナーで、いよいよ本領を発揮する。とにかく、人相だけで『コイツはギャンブル好き』『ストーカーになる』など激しく断定。豪快すぎる。
『額が綺麗なやつは出世する』など、いったいどういう論理でその結論が導かれるのか、サパーリわからん。
執筆している人、編集する人、雑誌を作成するには様々な人々によるプロセスを経る筈である。誰一人として、このような根拠レスの情報を発信する害悪というものを考えないのだろうか?脳内にお花畑でも広がっているのだろうか?そこではきっと蝶々が2匹ほど求愛飛行をしているのだろう。そうに違いない。

ふと見ると、『眉毛の間が離れている人は早くから感性を開花させ、短い人は大器晩成』とある。どうやら眉毛の距離と本人が社会において開花するまでの時間とは反比例のような関係にあるらしい。

ちょっと待てコラ。

私のように眉毛が繋がっている場合、どのようになりますか?
桜のように美しく散ることも叶わず、不発弾として一生を終えますか?
下手に見つかったら、自衛隊員に解体されちゃいますか?

許しがたい。断じて。何の因果でこの私を愚弄するのだ青春出版。おとなしく『ビッグトモォロー』でも出版しておけ。『田口トモロヲ』でも可だ。

さらに次の『12星座純愛ランキング』コーナーでギアがトップに入る。

結論だけ書くと我が愛すべき牡牛座は『巨乳好き』堂々のトップ。

ふざけんな。
ドゥーユーヒアミー?

俺は巨乳好きなのか、そうか知らなかったよ。教えてくれてありがとうよ。
この雑誌を真に受ける読者(女性)がいたとしてだ、飲み会の席で私が『牡牛座』ということがわかると、

『コイツ巨乳好きか。( ゚д゚)、ペッ 』と見られるのか?

断じて許しがたい。私のアラミド繊維のような堪忍袋の緒をもってしてもキレそうである。何故に『巨乳好き』という十字架を背負って生きねばならぬのだ。この私をどうしてそこまでスティグマタイズするのだ青春出版。

私は声を大にして叫びたい。
『俺は脚フェチなんだよ! (゚Д゚)』

さて、かくも私を攻撃してくれた『SAY』であるが、次なる衝撃(ディープ・インパクト)に丸腰で挑むのはリスクありすぎなので、次号はどのような内容か偵察してみた。

『SAY』5月号

荻原博子先生 の「LOVE&MONEY教室」新入学特別講座
イヌでもできる ゼロから1年で
80万円貯められる荻原マジック

電波キターーーーーーーーーー!!!


本当だな?信じていいんだな青春出版?

だとしたらやることは一つだ。

犬を飼う。

『101匹わんちゃん』状態だ。それだけで私の年収8080万円は保証された。銀行でオサーンの相手をしている場合ではない。私もオサーンなわけだが。

いくら情報化社会とかいっても、こんなウンコ情報を流すことになんの意義があるのだ。

・・・まぁ青春出版だからな。

ちょうどそう思った時、名前を呼ばれたので雑誌をマガジンラックに放り込み、ゆるゆると法人カウンターに向かった。

♪まぁ、そんな訳です。あっはっは。♪(ブログランキング)

==※今日の備考(リンク)※===

『SAY』(4月号)

『SAY』5月号

プチ社長日記:『失楽園』の話(不倫の話ではない)

おつかれちゃーん♪(゜∀゜)

長い間、中断していたのですが『失楽園』(ミルトン)を読了しました。

失楽園 上   岩波文庫 赤 206-2 失楽園 上 岩波文庫 赤 206-2 ミルトン, John Milton, 平井 正穂

うーん、アダムとイブの楽園追放という、非常に古くからある題材とはいえ、17世紀イギリスの清教徒革命の頃の作品ですから、やっぱり神への忠誠というか、失意の中にも新しい天地へ旅立つ2人の仄かな希望などがその時代の投影にもなってるのかなってのが感想です。

僕としてはアダムやミカエルよりも、天使の身でありながら神に背き、戦いに敗れ、一時は自信を失いながらも、部下を統べて再び立ち上がるルシファー(サタン)に激しく感情移入です。

リーダーシップありますし、新兵器発明したりと、かーなーりカコイイ。
神への絶対服従の理由が『だって創造主たる神だから』じゃあねぇ。反抗したくもなりますな。
『だって俺、自分が神から創られるとこ見てねーもん (゜Д゜)』と言い放つサタンはある意味えらい。前提やしきたりを疑ってかかる姿勢がブラボーです。
社長におべっか使うのが当然の会社の中で、公然と『アイツつかえねーから、俺たち独立して会社作っちゃおうぜ』と言い切る優秀な社員のようですね。ちょっと違うか。

紆余曲折を経て、結局はサタンの反抗をトリガとして新しい世界が作られたわけで、僕的には『サタンお疲れ。よくやった。』という一冊でした。
こういう既存の秩序をブレークスルーする人(天使)がいないと世界は停滞し窒息しますからねぇ。『父親越え』というテーマは、『オイディプス王』から連なるヨーロッパでは人気のあるテーマなんで、サタンの支持者も多いと踏んでいるのですが、どうでしょうか。

まぁ、ストーリーに関しての僕の雑感はこの辺で置くとして、作中で気になったのは
『天使の階級』です。

天使にも階級があるんですよ。

で、天使の階級についてググる(注:googleを使って調べることの動詞)と、出てきたのが
これ。いや、すばらしい。(天使の階級についてのページはこれ。)
こーいう情報を無償で整理して公開する人は、余すところなく全力で尊敬です。
σ(゜Д゜)σ グッジョブ!

で、よく聞く『アークエンジェル』という称号が実は上から8番目のグループだったりして、非常に面白い。熟読。

街で『天使の羽』のタトゥーをいれている人をたまに見かけますよね。タトゥーは僕も何度かいれようかなと思ったくらいなのですが(結局は根性なしなのでいれていない)、『天使の羽』のタトゥーをいれようという方は、是非ともこの辺はキッチリ押さえておきたいところですね。

こういう方と天使について熱く語り合うのもなかなか面白そうですねぇ。
( ´∀`)ムフーッ

♪ひとつ、クリックお願いします♪(ブログランキング)

==※今日の備考(リンク)※===
『天使の世界』;GJ!

==相場===
推移:放置プレイ中

プチ社長日記:ほんやーの話

おつかれちゃーん♪吉光です。

世間は3連休ですな。
いりーのヤツは、仕事してますよ。馬鹿だなぁ。

今日は午後から仕事の予定だったので、6時間も寝たと大喜びした後、午前中に本屋へ行く。タクシー乗って。だって田舎なんだもん。ダルイし。
が、結局ロクな本もなく、ちょっと投資雑誌のコーナー見たら、この前のエントリーで書いた『株が好き♪』を書いてるミーハーが何か雑誌になってた。見たら、松井証券のテキストに微妙な写真がペタペタ張ってるだけで笑えた。若林踏絵。

しかも『私もやったことないんですけど、、、』って書いておきながら、踏絵がその投資手法をすすめる。そして『儲かる素人投資家はやっている!』みたいなコピー。
松井証券さん、やっていいことと悪いことがあると思うが、どうよ?

去年は地合がよかったので、1千万くらい儲けてる人、拙者の周りだけで数人いますが何か?ってな感じだ。

さすが若林踏絵。ためらうことなく踏んでしまう。
でも、市場に流入する金が増えるのは歓迎なので、頑張ってね踏絵さん。

結局、何も買わずに帰る。タクシーで。だって(略。



♪ひとつ、クリックお願いします♪(ブログランキング)

==※今日の備考(リンク)※===

==相場===
推移:2月あたりまた双日拾うかな。。

無職日記:ファントム無頼の話


おつかれちゃーん♪

なんか最近は派手に忙しいです。
くっそー、『無職って、昼から漫喫(漫画喫茶)行けて素敵だね♪』というのがこのブログのメインテーマだというのに、それとは相反するポジにきてしまいました。やれやれ。

でも、まぁ、誤解していただきたくないのは、労働は嫌いでも仕事は割りと好きなんで(無職はもっと好きですが)、苦にはならないですね。

『お金入ってよかったね♪』なんて思われるかもしれませんが、お蔭で相場を放ったらかしになり、『気づいたら今日60万減ってましたが、何か?』ってな感じです。うわはは、、、、うわぁぁぁぁん(泣)。
チャート見たら、どう考えても売りなんですが、何というか面倒になって売買しないという、最も最悪なパターンですな。
でも、ここまで来たら春まで寝かす方がいいかもな〜。

で、とりあえず今は帰ってきて、カップラーメン(塩)をズーズーすすりながら日記を書いている、と。

で、日記を見ていたら、カンクリさんが『ファントム無頼』にナイスなコメントをいただいているのを発見して、ちょっと『ファントム無頼』のことを考える。

僕は、どちらかというと『エリア88』派で、しかも神埼マンセーという少数派なんですが、『ファントム無頼』も勿論読んでました。
んで、思い出すのが、中学時代の自転車通学の二人乗り。

いやー、懐かしいですな、『ファントム無頼ごっこ』。
『ファントム無頼』の最初には、コンビを組むカン・クリがお互いを試すために目隠しして飛ぶというエピソードがあるのですが、まぁ、それを自転車でやってました。いや〜、田舎の小僧が求めるスリルなんて、そんなもんです。

キケンですから絶対にマネをしないでください。

いや、マジで。後悔するよ。(・∀・)

 


♪最近話題のブログはこちら♪(ブログランキング)

==※今日の備考(リンク)※===

こーいう本です。はい。



==相場===
推移


 

無職日記:取り留めのない話


マイヤヒー♪。(=゚ω゚)ノ

おや? 何か今日は調子悪いです。
まぁ、僕の場合、普段から睡眠不足や運動不足や栄養バランス欠如や遊びすぎなんかで、好調の時間なんて
人生の2%くらいしかないような気がしますが。
今日は相場終わったあとでフラフラと大学の図書館に行きました。何気に22:30まで開いてるので便利です。

どうしても家にいるとネット見てしまうんで。ネットは最新の情報収集には最適なんですが、分析には使いづらいじゃないですか?
整理された情報じゃないですからね。

で、図書館でレポートとか読んで過ごしてました。
あと、ミルトンの『失楽園』とかね。
いったい、何がやりたいんでしょうかねぇ、僕は。

とは言え、こんな風にガッツリと読書できるのも僕が無職であるからですね。
ありがたいことです。

あ、何か頭イタイな〜。うん、よく考えたら2日で6時間くらいしか寝てなかった。つーか、晩ご飯も食べるの忘れてる。。。ごめん、寝る。おやすみ〜。


ko

♪マイヤヒー♪(ブログランキング)

==※今日の備考(リンク)※===
銀杏はまだ色づきはじめたところだった。まだまだですな。

==相場===
テレパ調子いいんだけど、決算への期待感が高すぎるような気もしたので、ちょっとポジ減らしました。RSIも高いですし。ただ、戦略を予め決めていなかったので激しく反省。フィーリングで売買してるといつか命取られるね。天才ならフィーリングで勝てるでしょうが。。。
一方、双日買足し。これは計画どおり。
【持越】
双日:45000
テレパ:10
前日比:289K