プチ社長日記:『アフリカ縦断#2:スワジランド王国』の話

■スワジランド王国へ
スワジランド王国へはミニバスで約7時間を要した。

※「地球の歩き方」に書いてある所要時間は、この路線に限らず
短めに書いてあるところが多いです(おそらくバス運用会社側の言い値の時間を書いている)。
なべて1.5倍は見ておいた方がいいです。
いずれにせよ、余裕のある日程を組まないと、立てた計画は即座に破たんすると思われます。
加えて、道路事情(悪路か否か)にも左右されるので、ヨーロッパと異なり地図上の目分量で、「だいたい、このくらいは移動できるだろ」
という目算が狂いがちです。
ベストは「計画を立てずに行く」ですが、やはり仕事をしているとそうもいきません。

7時間の道のりだったが、国立公園の中を通過するので景色もよく、陽気な同乗者にも恵まれ楽しく過ごせた。
順調に進んでいたが、途中で車両がエンジントラブルを起こしてしまったのも、一興。
まぁ、このくらいのトラブルは付き物と割り切った方が精神衛生上良いです。

オーバーヒートで、ファンベルトの異常が原因とのこと。おそらくベルトが緩いのだろう。
適した工具がない為、運転手が必死で他の車を停めようとする。
これが存外停まってくれるもので、1時間に5台は停まってくれる。南アフリカの人はなべて優しいなぁと、ちょっと感動。
一部の客は、停まってくれたバスの方に乗ってしまったが、運転手は根気よく車を停めては、
ぴったりある工具の有無を聞いている。
一方で残った乗客は呑気なもので、最初こそ私も車を停める役を買って出たのだが、
そのうち
「お前、直せるか?」
「トヨタじゃないから無理だな。トヨタでも直せないけどね」
とかの駄噺などして、今思うと全く役に立ってなかったですね。大変申し訳ございません。
・・・とかやってると運転手がエンジンを直してしまう。運転手ゴイスー。
【エンジントラブル】
DSC_2812.JPG
【私が停めたトラックに奪取する運転手(働き者)】
DSC_2817.JPG

当初、首都ムババーネを目指していたのですが、私以外に首都を目指すものは無く、
皆さん最大都市であるマンジーニ行きでしたので、空気を読んで追従。
私がムババーネに固執しなかったので、皆さんも喜ぶ。
【国境】
DSC_2819.JPG
【バスターミナル】
DSC_2820.JPG

最大都市と言っても、私が着いた夜20時には店も閉まり、秋(5月)の虫が五月蠅い只の田舎です。
最寄りと思われる宿へ向かい畑の脇をトボトボ歩いていると、「お兄さん、遊んでいかない?」的な女性が3名ほどいましたが、それ以外は特に何もなく、南半球の星空が美しい街です。


因みにですが、近隣のモザンビーク、ボツワナなど含め、周辺はエイズ罹患率が相当高く、10年以上前のWHOの調査で
余裕の10%越えです。今やもっと高いとも言われています。
標本数など、詳しいことは知りませんが「平均値」でソレということは、プロにおいては推して知るべしですね。
くわばらくわばら。

宿は難なく見つかり、サントンの豪華ホテルとは比べ物にならない、トイレに便座もない宿でしたが、
腰を落ち着けられた喜びが勝ります。
さっそく、空腹を満たそうと宿の方に「近隣のどこか食べられる場所」を聞きだし、
そのバーで地ビールで一人祝杯。
ところがそのバーも22時で閉店とかで、以降は特にすることもなく、宿に帰っておとなしく寝ることにしました。
【サイベベ。美味。】
DSC_2826.JPG

プチ社長日記:『アフリカ縦断#1:南アフリカ」』の話

■口上
2017年5月のアフリカ縦断計画の第1回旅程の回想です。

4月に書いたケープタウンの話から随分、日が経ってしまいました。
実はこれを書いているのは、ケープタウンを嚆矢とするアフリカ縦断計画の第2回旅程を終えた
機上であります。
古新聞かと思われますが、沢木耕太郎氏の「深夜特急」も松尾芭蕉の「奥の細道」も
旅が終わってから記述されたと言いますし、ご了承願えればと。

場所柄、ちょっとガイドブックぽくなっておりますが、少しでも私の経験が後続のお役に立てればとの
思いによります。
(私自身も、先達の記事を参照にすることが多いので。)

■南アフリカ
ケープタウンは一部を除き治安は安定している印象です。
その一部とは駅と旧城砦跡周辺なんですが、私が訪れたときは城砦跡でイベントが開かれており、
休日の家族ずれでにぎわっていました。
DSC_2752.JPG
函館の五稜郭に似た城砦には歴史館があり、アムネスティのような人権団体がアパルトヘイトを軸に人種差別反対・
解放の歴史を展示しているのであるが、アフリカへの進出著しい中国による資本なのか、
何故かアンバランスに日本のネガティブキャンペーンになってしまっているのは非常に残念でした。
南京大虐殺(当然、30万人説)の展示とか、アパルトヘイトと関係ないと思うんですけど。

ケープタウンのバスターミナルは駅に隣接しており、長距離バス会社ではインターケープ社とグレイハウンド社が有名です。
私はグレイハウンド社のURLにアクセスできず、インターケープ社で予約を購入することにしました。
ネットで購入しても、クレジットカードの確認の為に一度窓口に行く必要があるのは両社共通のルールになります。
尚、この時に国境越えの場合はパスポートの有効期間等も確認されます。
バスは大型でトイレもついており、割と快適でした。
【インターケープのバス】
DSC_2756.JPG

ただ真っすぐ続く単調な道ではあるが、アフリカの広大さを垣間見れたようで嬉しくなる。
DSC_2761.JPG

約20時間後、ヨハネスブルグへ到着。
ただ、現地でヨハネスブルグと発音されることはなく、英語読みのジョハネスバーグ、
もしくは略称のジョー・バーグと呼ばれています。

・・・ヨハネスブルグの一時の治安は悪さは確かに凄まじかったらしい。
有名なポンテ・タワーという、円筒形のタワーマンションはギャングや薬の売人に勝手に占拠され、
円筒形の中空部分をなす吹き抜けは、彼らが投棄するゴミで5階部分まで埋まったといいます。見てないから知らんけど。
【バスの中から見たポンテ・タワー】
DSC_2803.JPG
【割と普通のビルでした】
DSC_2804.JPG

確かに、南アフリカ最大の都市であるにも関わらず、廃墟ビル、もしくは不法占拠(※)と思われるビルが多く見受けられます。
※明らかにオフィスビルの作りであるにも関わらず、人が住んでいるのでそう思っているだけで、
現在は(ポンテ・タワーのように)権利関係が整理されているのかも知れない。

ただ、メキシコもそうだが、犯罪の多くはギャング同士の抗争であったりするので、
過去10年において、この都市での日本人の殺人被害者は無く、十分気を付けていれば日中の散策程度は問題ない印象だ。
実際に散策したが、普通の活気ある街である。
【ヨハネスブルグのダウンタウン】
DSC_2771.JPG

一時、2ちゃんねの掲示板で「ヨハネスブルグのガイドライン」というガイドラインシリーズとでも呼ばれる掲示板が
立っており、そこは面白おかしく誇張された表現が成されていたが、(読み物としては楽しいが)
旅の参考になるようなものはないと思われる。
ガイドブックの代表格「地球の歩き方」でも、ヨハネスブルグに関しては、
その看板を投げ捨てて「歩くな」というスタンスであり、地図も載せない徹底ぶりである。
只、この辺はガイドブックなのだから、もう少し最近のデータを掲載した上で、
リスクを取る/取らないは読者に委ねる形式にするなどして、ガイドブックとしての矜持を守れないものかと思う。

かくいう私も、宿は郊外のサントン・シティにとったので、ヨハネスブルグが安全だと言うつもりもない。
一般に言われるほど、悪くはないと思います、という話である。
少なくとも、『北斗の拳』に出てくるような、モヒカンバイク野郎が『ヒャッハー』とか叫んでいるような街ではない。

ヨハネスブルグは過去の荒んだ時代に、企業を中心に中心部から郊外に拠点を移してきたそうで、
その一つがサントン・シティとのこと。
綺麗で巨大なショッピング・モールや高級ホテルが並び、漂う雰囲気からしてもう、安全である。
【サントン・シティの街並み】
DSC_2779.JPG
【ネルソン・マンデラ スクウェア】
DSC_2781.JPG

※ヨハネスブルグに来られる方は、少なくとも最初の1泊目はこのエリアにした方が良いかと思います。
空港からのアクセスも申し分ないです。
因みに、ここのショッピング・モールであるマンデラ・シティで昼飯を食べたのだが、
パスタにあれこれつけると普通に1500円ぐらいします。
ヨハネスブルグからバスで他の街や国に行かれる方は、バスターミナル(パークステーション)が
ダウンタウンにあるので躊躇されることもと多いかと思います。
ただし、バスターミナル建屋そのものは警備が行き届いているので安心だということは、先達もネットに記載している
通り。問題はターミナルへの行き方、ですね。
ガイドブックには、「バスターミナルの外ではなく、敷地の中までタクシーで送ってもらえ」とか
「着いたらホテルに迎えに来てもらえ、一歩も外に出るな」というような内容が書かれています。
しかし、空港⇒サントンシティ⇒パークステーションはハウトレインという新しい列車でつながれており、
ハウトレインの駅とパークステーションは50mほど歩くだけなので問題ありません(保証はしませんが)。
先ほど挙げた長距離バス会社などはその建物から出発しているので、街を散策しないならほぼ大丈夫です。

一方で、私はスワジランド狙いでしたので、ミニバス(ワゴン)の停留所に向かいます。
バスターミナルの裏手から出て、100mほどです。
【チケット購入】
DSC_2800.JPG
ここはちょっと物騒な雰囲気ですが、旅慣れた方なら何の問題もないレベルです。
ヨハネスブルグ発のミニバスですが、これがなかなか充実していて、近郊へ出るバスの他、
ボツワナ、モザンビーク、レソト行き等があり、見ているとわくわくします。
基本的にミニバスは「満員になると発車」というシステムなので、多少待ちますが、私の乗っているスワジランド行は
1時間ほどで発車できました。

プチ社長日記:『坑夫 』の話

漱石はほぼ全作品に目を通しているが、当作品はこれまで未読だった。
岩波文庫版がたまたま手に入らなかったことが理由の一つだが、やはり避けていたと思う。

漱石が高踏派に分類されることはまずないものの、その対極の世界観を綴った作品は、異色の存在だ。
ただ、環境が変わることにより、自己の内面を深く掘り下げられるという機会は、普通に生きていても遭遇する事態であるので、本作はその状況を描写したと考えれば、位置づけも難しくない。
そういう意味では、『硝子戸の内』に近いとさえ言えると考える。

プチ社長日記:『有限会社Ayleedsは第13期を終えました』の話

そして14期が始まるのです。
まぁ、こんなに続くなんて、誰も予想してなかったと思います。
社長のワイが予想してなかったので。

プチ社長日記:『三つ子の魂フォエバー』の話

時間くっそ無いのに、シャーロックホームズのゲームを買ってやり始める。
通信主流の時代にあって、じっくり楽しめる据え置き買い切り御一人様仕様、もうこれはワイ仕様と言って過言ではない。
HDD16G?いいよいいよ、ワイはTV見ないし録画もないし、スカスカでござる。

ゲーム自体は簡単である。今のところ。まぁ、アクションでもないし。

ただ、無駄に英語版でプレイしており、ところどころ英語で躓くことによって、ほどほどの難易度に仕上がっているところが絶妙だ。

難点といえば、英語でやると「勉強してますから」というエクスキューズ成立により4時までやってしまい、朝8時半の会議(英語の会議なのだが)に遅刻しそうになるぐらいである。

という訳で、ワイ自身には激しくお勧めだが、通信で友達多くて英語も上級な人にとっては超絶クソゲーという評価の可能性も拭いきれないので自己責任で。

頑張れワイ、眠気に負けずロンドンに平和を取り戻せ! 豊島区民だけど。


プチ社長日記:『業務連絡』の話

給料振込むの忘れたまま、アフリカに来ていたことに気付きました。
大変申し訳ございません。

プチ社長日記:『誕生日は南アフリカでぼっちです』の話

4月最後の日、つまり今年で言うと43歳最後の日は南アフリカのケープタウンで過ごしております。

ケープタウンというと私の記憶の中では「世界一周すごろくゲーム」が最古でありまして(TV番組です)、あまり普段の生活に出てこない地名ではあります。
因みにですが、南アフリカには首都が3つありまして、ケープタウンは立法府が置かれております。
行政府はプレトリア、司法府はブルームフォンテンで、最大人口と誇るヨハネスブルグは首都ではありません。
この辺の分立は、遷都問題が起こる日本でも参考になるかと。

さて、ケープタウン、東京⇒シンガポール⇒ヨハネスブルグ⇒ケープタウンで乗り継ぎ2回です。コードシェア便とは言え、南アフリカ航空の便で来たので、これが最短かと思います。
例によって飛行機に乗ってからガイドブック(ある場合)を読むので、東京より寒いと知って驚愕です。そりゃそうだわな。季節逆だし。どうもケープタウンは年間を通じても平均気温だと東京よりも低そうです。夏の1月でも20度、一方、東京の夏は25度となっています。
上空から見ると、もう白人居住区と黒人のそれがはっきりわかります。
空港近くはカラードと呼ばれる有色人種(≒黒人の方々)が住まわれているのですが、フィリピンのスクォーター(貧民街)を思い出します。
私にとってスクォーターは仲間のいる楽しい場所でしたが、こちらはどうか分かりません。

宿は写真のあるウォーターフロント傍にとりました。無駄にexpediaのゴールド会員なので、激安だったのが理由です。
実は写真の風景、現地に行ってから気付いたのですが映画「ブラッド・ダイヤモンド」で今わの際にダニー・アーチャー(ディカプリオ)が女性記者であるマディー(役者名失念)に電話をかけるシーンがあるのですが、そのマディーがいる場所ですね。
・・・って言ってもわかる人少数でしょうけど。
アフリカ慣れしてる記者がここでお茶するかどうかはともかく、「安全なアフリカ」を象徴するシーンではあります。
酒飲んで一人歩きしても問題なし。女性にもお勧めできる場所です。

※もうじき4月終わるので、ここで一旦、中断。

プチ社長日記:『プレミアム・フライデー』の話

有給消費というのが何とも。夏の「夕活」と同じ臭いがする。
夕活、既に忘れられているけど。

プチ社長日記:読後メモ『彼が通る不思議なコースを私も』の話

今年になってから文庫版第1刷というので、白石一文の最新作ではなかろうか。
山本周五郎賞受賞作『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』に作風は近い。
(装幀にどこまで関わっているか分からないが、カバー写真の雰囲気も近しい)


『この胸に〜』では現実的な氏の作風の中でも、(亡くした子の声が聞こえるという)不思議な出来事の起こる設定ではあったが、それは主人公の胸の内(=個の枠)に秘められており、我々凡人も稀に接する「不思議なこと」で片づけられるレベルであった。本作では更に進んで不思議な『能力』として定義され、荒唐無稽とも言える設定が最初気になったが、最後のエンディングで個の枠に大きく寄り戻すことで、バランスを保っている。

賛否別れる設定かもしれないが、それは所詮は舞台設定の話であって、氏の言いたいことは他作品のようにはっきりと主張しているので、読み応えのある作品。

プチ社長日記:『今年のバレンタインは・・・』の話

おっさん4人でプロレスを観に行くことになりました。
ノアだけはガチ!!!