有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『プラネタリウム』の話

最近、プラネタリウムのリバイバルブームであるという。
渋谷の東急会館こそ潰れたが、池袋は復活するという。

高校時代、天文部部長という肩書きを持ち『部員俺だけ!』状態から廃部の危機を救った中興の祖(自称)の私にとって、プラネタリウムが人気化するのは非常に微笑ましい事態である。
因みに廃部から救えた理由は、私のヒトラー張りの対新入生アジ演説、および生徒会メンバ買収によるなりふり構わぬ予算獲得戦略にあったのは公然の秘密である。

高校の文化祭では、天蓋というよりパラソルみたいな物体をつくり、そこへ地球儀の下についている天球儀に錐で穴をあけたモノの内側に強力な電灯を装備して投影する自家製プラネタリウムを展示していた。
男子校の為、文化祭で年に一度しか校内に足を踏み入れることのない女性観客に星空の素晴らしさを語ってきかせようと意気込んでいた。
私の語る星空ロマンに全ての女子高生はメロメロの予定であって、その中のお気に入りの子に声をかけ、キャンプファイアーのフォークダンスに誘い、その後も矢田丘陵で見られる素晴らしい星空を紹介する算段だったのだ。
(今にして思えば、高校時代の私は非常に想像力豊かであった。)

しかし結果としては、保護者が休憩代わりに座るマヌケな出し物であり、薄暗い教室はカップルを呼び寄せることはあっても、一人で女の子がやってくるというシチュではなかった。
さらに長時間点灯される自家製プラネタリウムは尋常ではない熱量を放ち、私は汗まみれでふーふー言っていた。誰だよこんなの作った奴!(俺)

挙句の果て、友達のオカンに『あらー、いりーくん、こんなもの作ったの!?頑張ったわねぇ』とか褒められる始末である。
オマエに褒められる為に作ったわけじゃねぇ。

そんな私のプラネタリウムが出力する星の数は、説明に出てくる星座を構成するメインの星の他、計数百個といったところであろうか。

あれから幾星霜、プラネタリウムが見直される時代が来たのだ。

主戦場はお台場。あんな無理やりつくったインチキ島の分際で3つもプラネタリウムがある。

ソニー・スタープロジェクター@ソニー・エクスプローラサイエンス
メガスター供Ε灰好皀
日本科学未来館
名称不明@フジテレビの球体展望室

先日、うきふねさんが整理券をわざわざgetしていただいたのでこの3つの中で最も魅力的に感じられたメガスター兇棒造辰突茲燭里任△襦
出力される星の数たるや500万個である。テラスゴスである。
テレビ(見てないから知らんが)に使われてから、整理券必須の人気展示である。

なんとメガスター兇粒発者
である大平貴之氏、高校時代にやってること(ピンホール式プラネタリウムの作成)が私と全く一緒である。

相違点は、私がフォークダンスに参加できなかった腹いせにプラネタリウムを瞬時に闇に葬ったのに対し、大平氏は飽くなき探究心から、その後もレンズ式プラネタリウムに発展・作成し続けたというところである。

人間、意外なところに人生の分岐点があるものである。

で、話を戻して、逝ってきましたよ日本科学未来館。プラネタリウム以外の施設も、ものっそい充実している。
私達は閉館間際の最終特別上映にあわせて逝ったのだが、一人で1日中遊べそうな内容である。

最初に断っておくと、メガスター兇蓮惴漆邑け』のプラネタリウムである。

基本スペックはこちら

基本的に人間が目視できる恒星は6等星までである。
当然、12.5等星なぞ見えるわけが無い。
が、まさにチリツモ(塵も積もれば・・・)の世界ではあるが、12.5等星のような暗い星が全体に薄く覆うことで、暗黒星雲を浮かび上がらせ、天の河を描くことに成功している。
また、1等星までの明るい星限定ではあるが、大気の乱れによる煌きまでも再現されている。
しかし一方で、リアリズムを追求している所為か流れ星の演出はない。
また、星座案内にありがちなオリオンやこぐまといったギリシャ神話のキャライラストの映写もない。
日本科学未来館という立場からであろうが、学術的な見地に拘った見せ方で淡々と進行するプログラムは、一部の人間にはウケが良いだろうが、ロマンチックな気分に浸りたくてカップルで逝くにはどうやらソニーの方に軍配があがりそうである。

尚、最後のナレーションは館長であり宇宙飛行士である毛利さんで〆られる。

感想であるが、個人的には非常に良かった。

しかし、観客の多くを占めるカップルの方々にはちょっとウケが悪かった印象を感じる。
そもそもプラネタリウムというのはどこも30分程度である。
それがプラネタリウムというものである。
確かにここは少し短め(27分)ではあるのだが、どうやら1時間クラスの長編を期待していた方々もいた(待たされた分、期待が大きいのは理解できるが。。。)ように感じられた点と、やはり淡々と学説が語られる内容がちょっとどうなのよという雰囲気は漂った。
『えっ?(もう終わり?)』という声をはっきりと聞いた。

私として不満という程ではないが、改良点を述べると、以下3点である。
,笋呂蠅發少し堪能する時間が欲しい。そう思わせる魅力がある。
⊇屬が1等星までというのが逆に不自然な点
C綽Г弱い

△亡悗靴討蓮△修發修盻屬が地球側の要素であるのだから全恒星・惑星に適用していただきたいと強く思う。
に関しては、実は色付けが無いように最初感じた。よく見れば判るのだが、1等星に限定されている点の他に、若干赤系の色が弱いように感じたのは私だけだろうか?
私自身、天体望遠鏡を覗かなくなってから10年ほど経っている為、思い込みなのかもしれんが、ベテルギウスの赤やプロキオンの黄が判りにくいのは残念な所か。

上記のような点が改良されれば、さらに星々が雄弁になると思う。

冬の寒空に缶コーヒー片手に震えながら星空を見たり、夏に蚊取り線香焚きまくりで見上げる星空もオツなものではあるが、今後さらなる改良によって、より完璧な星空が手軽に楽しめればどんなによいか。

今後の大平氏はじめ開発者に期待するところである。

■追記:
チケットのお礼は、コンラッドでシャンパン
。手配ありがとうございました。

♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

プチ社長日記:『DJラオウ』の話


また天才フラッシャー現る!

あまり意義の無いところに情熱を傾けられる存在。
他人の尺度ではかれぬ存在。
自分を飾らぬ存在。
そう、それが天才。

感動した。

DJラオウ
 

楽しめる人
.僖船鵐街イ
∨姪佑侶好き
アミバ教徒

(僕はパチはやりませんが。)

Go! Show! Hah!


♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

プチ社長日記:『ドッペルゲンガー石井一久りたーんず』の話


緊張感の欠けたフェイスで激しくしんぱちーを感じる石井が帰ってくる
できれば古田監督の下で活躍を!

新生古田監督のブログには現状何も書かれていないが、
『あの何も考えてなさそうな顔に惚れました』とか是非コメントして欲しい。

石井が投げて古田が受ける。そして三振(見送り)するはスペンサー。
やべ、本格的に野球ファンに復帰すっかな。。。

注:作者いりーは石井一久さんと似ていると言われ、同年齢です。
  とても光栄です。


♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

プチ社長日記:『復活したと思ったら』の話

本格的に風邪ひいた。目が痛い。見えん!!

プチ社長日記:『墓場』の話

この墓場は是非、暴きに逝きたい。
時間ある時にじっくり見よう。。。

♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

プチ社長日記:『経過とか京都とかダラダラそのまんま書いてみる』の話

おつかれちゃーん♪(今日もオチはないので、その前提で。ひとつ。)

CTやらレントゲンやらの結果が出たので親父の経過を書きますと、幸いにしてジェムザールが効いているようで、原発の癌はとりあえず抑止されており、転移されたリンパ部は『よくわからない(でも、そんなに進展してなさそう)』とのこと。放置すると3週間で2倍に成長する癌なので、成長が止められているだけでも凄いとは思います。

ジェムザールが効くということは、平均して10ヶ月ほどの延命が統計的に期待できるとのこと。ただし、親父の癌がステージ犬箸いΔ海箸覆里如⊆尊櫃呂匹琉霧積もれるのかはわかりませんが。。。

まぁ、効かないよりは効いた方が遥かに嬉しいわけで、親父は機嫌よく友達と一緒に温泉に行きました。(元気な時とそうでない時の差が激しくなってきてるのですが)

で、私のほうは東京から介護師S嬢が遊びに来たこともあり京都遊びでございます。

京都というのは応仁の乱をはじめとする戦乱や疫病なんかで実は人がいっぱい死んでる。
考えたら当たり前なんですけど。
特に右京(西)はひどくて化野(『あだしの』と読みます。本当です。)なんか風葬(死体ほったらかし)の風習なんかがあったわけです。
左京(東)は左京で、鴨川は氾濫で多数死んでると後白河上皇もお嘆きでありますし、川は疫病が猛威を振るった場所。
そういう事情もあるからか、いつも鴨川べりの先斗町あたりは人の情念がちろちろと燻ぶっているような印象を受けます。気のせいですけど。

そんな空気を満喫しながら、夏の京都のお約束の鱧などに舌鼓を毎秒16連打し、先斗町で酩酊しておりましたが、日頃の疲れ(『アーマード・コア ラストレイヴン疲れ』)がどっと出てしまいました。

いや、なんかおかしいです。ちょっとオカルティックですが、そのまま書きます。

別にひどく酔ってない(話も普通にできる)んですが、目がチカチカして見えない。
何故か足元だけ微かに見えるので、腰が引けた状態でなんとか移動。

締めの長浜ラーメンを諦め、とりあえずオークラに駆け込んで、そのまま朝まで爆睡したまでは良かったんですが、悪夢で目覚めました。

その悪夢っつーのがまたふるっていて、
小さい子供の頃の自分が出てきて、今の僕に向かって、

( ゚Д゚) 『あんた、呪われてるよ。』

(・∀・ ;) きょえぇぇぇぇー。マジスカ。。

恨まれるようなことは散々やってきましたが、まさか呪われていようとは。
いや、でも仕方ないか。

ボンヤリと夜明けの空を眺めながら、何故か半生を悔いるワタクシでありました。もう遅いんだけど。

まぁ、夢の話って基本的に非生産的で嫌いなんですけどね、さすがに妙にリアリティのある夢みると、夢見がわるいですな。そのまんまですけど。

何か今も体調悪いっす。


♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

==※今日の備考(リンク)※===

プチ社長日記:『あわじー』の話

おつかれちゃーん♪

いつになく体調のよい親父が何をトチ狂ったのか、『淡路島行きたい』と言い出したので、ネットでテキトーに調べて早速Go!

温泉はそこそこよかったのだが、シーズンの関係からか値段の割にはサービスがショボい。
花台はあるけど床の間に花がなかったり、料理の刺身にサランラップがかかってたりと、がっかりポイントのツボを外さない。淡路おそるべし。
貧乏旅行に慣れている私にはそれでも贅沢なのだが、病身の親父には正直どうよ、という感じ。
朝飯食って、何か観光でもしますかと相談するも、アイデアミニマム。

( ・∀・)y あー、すいません、この辺、何か観光するところありますか?

と女中さんに聞いたところ。

(´∀` )し いやー、何もあらしまへん。淡路は何もないですからー。

(; ´゚ω゚)  そ、そうすか。。。


という状況なので、阪神vs広島戦を見たいからという理由でテキトーに帰路につく。

どう考えても採算のとれなさそうな明石大橋を通りながら抱いた個人的な感想としては

『尖閣諸島は断固として日本の領土だが、淡路は中国にやってもよくね?』

以上


追記: 
あ、でも淡路島の玉葱おいしいから日本でいいや。

♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

==※今日の備考(リンク)※===

プチ社長日記:『ただの近況』の話


おつかれちゃーん♪

あいかわらず状況は厳しい。
親父は退院後、元気な日とそうでない日の差が激しくなっている。
インシュリンを1日2回注射しているが、常態で血糖値が200オーバーとなる日もある。
まぁ、血糖値が上がるのはこの際、仕方が無い。大事の前の小事。

それよりも、癌の進行もさることながら、パイプを通している部分からの雑菌による炎症、特に肝不全などの突発的な危険もあることから、免疫力の低下が懸念される。
 
膵臓癌についてのセカンド・オピニオンでいろいろ回っても、結局、厳しい予後を告げられただけだった。
まぁ、頭では理解しているので、数人に言われてやっと腹オチするといったところか。

(15:30 仕事に関しての文章は削除)

その他、諸々の対応に奔走しております。

こういう状況のため、(´・ω・)ショボーンとなりがち。


・・・いや、がんばるだろう。ここでがんばらねば。
(`・ω・´)

と言うわけで週末は新規サイト立上げと一時帰京を検討中。
(結局、僕自身がやらねばならないので、体力づくりの為にジム通いはじめました。)



♪ま、そんな感じですなぁ。(ランキング)
 

プチ社長日記:『兄帰る』の話


おつかれちゃーん♪

兄貴夫妻が新婚旅行のタヒチから帰ってきて(ただし私には土産なし)、事情を告げると速攻奈良に帰ってきた。
しかも火曜日から台湾へ出張だと。
私と違って忙しい男だ。

ひさしぶりに兄貴とこんな会話をする。

というわけで私はノンビリ午前は仕事をさせてもらった。
いやっほほほほぅぅぅぅっ。
(↑特に意味はないが、無理にでもテンションあげてます)



♪ま、そんな感じですなぁ。(ランキング)♪
 

プチ社長日記:春の公園の話


気づいたら、もう朝でやんの。


ところで、携帯写真をブログに送付できる機能を借りてつけてみた。
右側のコラムスペースなんですが、どうでしょう?
いや、この機能、実はずっと前からあったのですが、僕の携帯にカメラ機能がなかった(N502it)というお寒い事情によりコメントアウトされていたのを、今回携帯を買い換えたのを機に復活させたのです。

テストとして、先週金曜日になんとなくフラフラと逝った代々木公園の写真を送ってみた。

写真を見て、その時のことを思い出し、ちょー癒された。

桜は殆ど咲いていなかったけど、確かに春を感じた。
僕の大好きな季節が終わってしまったが、春も悪くないと思った。

当然のことだけど、桜が咲くずっと前から春はきていて、
『春になると、桜が咲く』
という言葉を使うのは考え物だと思った。

静かな、本当に静かな時間を過ごせた。

これで、花見と称して騒ぐ連中や新歓コンパで駅・路上で吐瀉物を撒き散らすキチガイがいなければ、もう少しこの季節を愛せるかもしれないのだが。

・・・なんとかならんのですかね。

♪まぁ、そんな訳です。あっはっは。♪(ブログランキング)

==※今日の備考(リンク)※===