プチ社長日記:『昨今の韓国関連報道における論調に思う』の話

最近ネットを見ていると、韓国関連の情報商材のバナーをよく見かける。
その中心は三橋貴明氏である。氏は、(自分で言っているように)公的機関発表の誰でも入手することのできる情報を基に、特に韓国経済の分析で知られるている存在で、ネットで人気を博し、今や多くのファンを抱える経済評論家である。
従い、論拠となる数字は公のものであり確りしているし、その上に加えた考察も正鵠を射ているものが多い。
これは、株式銘柄を調査するときと同じアプローチであり、これに異を唱えるつもりは毛頭ない。(自身にしか知りえない情報を基にしていたら、そりゃインサイダーですよ。)

ただ、物事を簡素化して説明する氏の利点とは裏腹に、その言動には若干過激な表現が使われることになってしまう為、ややもすると韓国(中国も含むが)経済を過度に貶めているように感じられる。
ただでさえ氏の論調がそうなのに、周囲のマスコミがさらに演出過剰に走るものだから、ひいては嫌韓(というか侮韓)の流れを助長していることになっているように見受けられる。

(滅多にテレビをみないのだが)たまたま宿泊先でついていたテレビに氏が登場しており、消費税増税によるデフレへの後退懸念を伝えていたのだが、マスコミによる表現が(いつものことだが)演出過剰で三橋氏の意図すら超えている状況であった。(氏の指摘自体は正しい。)

このマスコミが助長している嫌韓の流れについて、マスコミ自身が「昨今、日本人の右傾化が叫ばれている」と、したり顔で論ずるのは、まさにマッチポンプであり、逆に周辺国の警戒を徒に高めて、まったくメリットがない。
(まぁ、日本のマスコミをそのまま信じる人は少ないと期待するが。)

こういう状況に加わる形で、セウォル号の事件では韓国の後進性を非難する論調が勢いを増している。
セウォル号事件に関する(批判的な)中国のネット掲示板の意見をわざわざニュースとして紹介するくらいである。
「・・・と中国人が言っています」というような紹介の仕方であるが、結局、情報のプロではない素人の意見を(本来プロである筈の)日本のマスコミが暗に自身の意見として取り扱うという事態に陥っている。
お前ら本当にそれでいいのか?



一部韓国系企業の躍進により、今まで辛酸をなめさせらてきた過去から、そういった韓国や中国の欠点を貶める記事が人気を博すのは解らなくはない。
だが、本当に日本のことを思うならば、寧ろ彼の国が優れている点を積極的に紹介し、我が国がそれに追いつくにはどうすれば良いかを議論する風潮に持っていく方が健全であるし、セウォル号のような不幸な事故についても、隣国の不幸に深い哀悼の意を表しつつ、他山の石として我が国の事情を見直すようにもっていくのが建設的である。(事故でなくなった方々もうかばれる、というものである。)

それはつらい作業であることから、マスコミとしては数字やスポンサーが得られにくいという事になるかもしれない。だが、本当に日本の為を思うならば、そうすべきであるし、その矜持を見せてほしいと切に願う。

たとえば、サムスンの持ち株比率について、外国人が過半を占めているからサムスンは韓国企業じゃないよね(だから韓国に負けてるわけじゃないよ)、というのは今更の事実ではあるが、だからと言って韓国人の努力を否定できるわけでもなく、押されている日本企業が救われる話でもない。
嘗てアメリカに対して日本がしたように、韓国の企業からも学ぶべきところは学べばよい。

貧富の格差や高い自殺率など、事実として彼の国の問題点を報道することは無論重要であるが、一方で1人当たり実質GDPの高い伸び率や対内直接投資の高い水準などにも、少なくとも同じ水準で目を向けるべきである。

これら彼の国が優位と認識している箇所をひとつひとつ検分し、日本が改善していく。それにより過度な彼の国の自信を適正なレベルに戻すことができれば、結果として我が国に対する挑発を抑え込むことも期待できるかもしれない。

セウォル号の事件にしても、韓国政府自体がパニクっている面もあるが、「ざまぁみろ」という話では当然なくて、日本は日本できっちりと見直しをすべきである。
「福島の対応の拙さ」、「JR北海道の安全認識の低さ」など、喉元すぎたら忘れてしまうことのないように、こういう機会に再度関心を高める報道をするべきではなかろうか。

そもそも、そういった彼の国の弱点を挙げつらねて「日本はいいよね」という感情に浸るのは、本当の強国のするべき態度からはほど遠い。
(前から酷かったが)昨今のマスコミによる論調は本当に酷いと、目にする度に不安な気持ちにかられてしまう。

なんとかならんのか。

プチ社長日記:『今日から41歳です』の話

カード明細みたら身に覚えのない金額が100万くらいついてて、『なんじゃこりゃぁぁぁぁ!』と声をあげるという、とってもナイスなスタートを切っております。
どうすんだこれ。

プチ社長日記:『プレステ4その後』の話

CDでも聴くかと思って突っ込んだら「サポート対象外です」と言われて衝撃。
どうやってCD聴くんだよ俺。(PCはドライブ五月蠅いので嫌らしい。)

プチ社長日記:『与沢翼氏のFASが白旗』の話

与沢氏ブログ

絡みは一切なく、国税に目を付けられているという噂話だけそっちの住民から聞いていたのですが、完全白旗のようです。
(因みに私は帰国後、税務署に呼ばれ、何ぞと思って行ってみたら、過去微妙(4マソ)に納めすぎていることが解って萎えました。)

同じように目を付けられている方を知っているのですが、どうなるんでしょうか?
あと、香港のFXの話は笑えますが、株式でも同じような話は聞くし、実際にやられた人間も存じ上げているので、これも経験かと。因みにFXはやってないので知りません。
あと、しれっとクレジットカード会社倒産、と書いていますが、厳密にはクレジットカード会社じゃない所と思うんですけどね。そこも胡散臭さ全開なので、徹底的に調査してほしいです。

まったく絡みはないんですが、こうやって氏のブログを見てみると、それでもなお、氏の境遇に一種の羨ましさのような感情を禁じ得ないですね。今は悪い方に振れていますが、人生の方向も振幅も違うのかなぁ、と。

結局、死の間際に、『あぁ、面白かった』と言える人生がベストだと最近思うようになってきたので、変に毒気を抜かれたりせず、見事復活を遂げ過去以上に成り上がって今回以上に壮絶に破綻して周囲ともども豪快に巻き込んでほしいです。
いや、巻き添えはごめんなので私は絡みませんが。

プチ社長日記:『富岡製糸場が世界遺産』の話

おめでとうございます。確定ではないですが、前祝ということで。

思ったよりも早かったです。
・・・というか、完全に出遅れました。正直、腹立たしいです。

今後揉めそうな点としては、富岡製糸場の紡績機械が「奇跡の保存状態」にかかわらず実は散逸していること。

実は、獲物の一部は明治村にあります。リング紡績機です。
これの返還要求が明治村にあったが、明治村はこれを拒否。
(これで富岡絡みの動きが判明)
そりゃそうです。

蒸気ハンマーと並んで、当時の機械としての目玉ですから。
(機械遺産、というギャグのような言葉もあります。)

でも、正式に世界遺産に指定されたら返還圧力が高まりますわな。
まぁ、高値で売れればいいんでしょうけど。

出遅れ涙目だから言うわけではないですが、
世界遺産という概念、あまり好きではないです。
ユネスコに唾吐くつもりはないですが、なんというか、、、オリンピック誘致と同じで、コンサルの動きがね。。。
まぁ、同族嫌悪と言われれば、それまでなんですがね。

世界遺産なんて、ずーっと前からあったのに、騒がれてるのがここ数年、というのがおかしいと思いませんか?

まぁ、今、かなり酔っぱらってるんですけどね。
くっそー。このあろー。

プチ社長日記:『棚卸中』の話

2月末で、これまで参画させていただいていた大きな仕事がひと段落しました。
私は撤退となりましたが、丁度、リフレッシュが必要かなーとか思ってたところなんで、1か月余り、ヨーロッパ中心に走り回っておりました。

ルートで言うと、下記のような感じです。(通過しただけの国は除く)

【ルート】※⇒:鉄道 →飛行機 ➡バス
イギリス⇒フランス⇒スペイン⇒モロッコ⇒スペイン⇒フランス⇒スイス⇒オーストリア⇒スロヴァキア⇒セルビア⇒ブルガリア➡トルコ→イラン→トルコ➡ギリシア➡マケドニア➡コソヴォ➡モンテネグロ➡クロアチア➡ボスニア・ヘルツェゴヴィナ⇒ドイツ⇒オランダ⇒ベルギー⇒フランス

【モロッコにて】


まぁ、この辺は別途ご報告いたします。

当面は、内部的な仕事を粛々とこなしつつ、年齢的にも節目なんで、自分にできること/できないことなんかを棚卸しようかと思ってます。
・・・とか言ってるとカッコいんですが、普通に日中は相場見たりしてるんで、あんま変わらないですね。
ま、そんな感じです。

いろいろ長期にわたって滞っていた作業などで、一部の方にはご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

プチ社長日記:『旅館再生の教科書』の話

今年2回目の大雪の日に開催された、著者のホームパーティーの場でいただいたので。

南原氏は『マネーの虎』で有名な方で、(とは言っても私はテレビを全く見ない人間なのでタイムリーに知っていた訳ではないが、)ロータスやMGローバーの日本輸入などを手掛け、今では沖縄レンタカーや飲食業などいろいろやっている方である。

本書は氏が買収し黒字転換させた旅館『呼帆荘(こはんそう)』の記録をもとに、旅館業についての考察を交えて記された本である。
まぁ、理論云々が先行するより実体験に即して書かれているので、読み物としては面白い一冊になっている。
ただ、最初の方で『全国旅館の90%が赤字』と謳われていて、それは事実なのだろうが、『それでも再生はできる』というプロットには若干、違和感を覚える。

旅館というのは家族経営色が濃く残る所が多い。星野リゾートなどの大資本で運営されているのは数としてはまだまだ少数派である。
つまり、節税の為に『わざと赤字』としている旅館が多数存在しているのである。
『それらは間引いて見る必要がありますよね』と指摘すると、ちょっと考えて『でも、恒常的な赤字だと銀行が金を貸さないでしょ』との回答であった。

事実は、少し異なる。
旅館のような、それなりに規模の大きい施設で稼ぐ業態は原価償却の額が大きく、会計上は赤字であってもそれらは帳簿上の金額であって、実際の金が出て行っている訳ではない。
銀行が着目するのは現金の流れなので、フローが(金利を捻出できるだけの)プラスだと金を貸す。逆に、そのフローがマイナスだと、たとえ担保が十分残っていても、そのマイナスが臨時的なものであるという説明がつかなければ回収にかかる。
つまり、このカラクリ無くして『全国旅館の90%が赤字』という異常事態が、そもそも発生し得ない。
そこまで赤字の旅館が多くなる前に、潰れるからだ。

無論、『全国旅館の90%が赤字』という事実は、本を売る上でのキャッチコピーとして有効だと思われるし、著者がそのことに気付いていない筈はないと思うのだが、読み手としてはその辺を踏まえた方がよいだろう。

節税の為に利益を出さない、というのは健全な姿勢ではなく、こういう守備重視の経営姿勢が根付いていしまっている状態こそが問題であろう。
補助金が出るから農業やった方がいいですよ(やってるフリだけでもした方がいいですよ)、というのと似ていて、テクニックとして使用することはあっても、それを前提に経営方針を決めるべきでは、無論、ないのだ。

そういう意味で、いみじくも著者が指摘しているように、『当たり前のことをやる』ことで更に儲かる旅館も多くあるはずだ。
その経験談としては本書は読ませる内容となっているし、自分の棲む業界に照らし合わせても、示唆に富むと思われる。
(話を聞いてて一番面白かった、買収価額決定の顛末などが記されていないのが残念ではあるが。)

プチ社長日記:『プレステ4を買ったのだが』

ずっと箱のまま放置である。

メモ:『熱海にて』の話

夜明けを待つ。
DSC_0444.jpg

元々、蓬莱という老舗である。目覚めると海が見えるのはとても心地よい。
さすが先生。
DSC_0452.jpg

プチ社長日記:『カネは天下の回りもの』の話

先日、某所でチケットを購入したところ、お釣の千円札が夏目漱石センセイであった。

『お、漱石センセイじゃないの。久しぶり!キープキープ!』と財布の中の別の仕切に入れたはずだが、今朝見たらいない。
しょんぼりである。