プチ社長日記:『台場で結婚式』の話

無論、私のではない。

最近は弔事が身の回りに多く、悲しい気持ちになっていたのだが、ここにきてお世話になっているAさんのケコーン式で救われた気分である。
場所は台場のTRUSTYとかいう会員制ホテルで、なるほど人が少ない。
「有名人(自称も含むであろう)とかがお忍びで泊まる」らしい。それって愛人マンションのホテル版じゃん、みたいな気がしないでもないが、まぁ、若いカポーとかが「頑張って泊まりにきました」的な雰囲気で若いリビドーがフロント周辺に漂うよりは、大人の隠れ家としていいんじゃないでしょうかどうでしょうか。
台場TRUSTY
いや、ぶっちゃけ作りは非常に確りしていて、スタッフのサービスも行き届いていて良かったっす。

式自体は、非常に趣向の凝ったもので、コック含めスタッフ総出で祝ってくれる演出など、飽きのこないものであった。花嫁のドレスは頑張って自身でカスタマイズされたもので、お色直し後のドレス含め非常に美しい。
花嫁中心の進行であったが、良い人なので許す。(以前から知っている方です)
紹介DVDなんかもきちんと人となりが分かるように作っていてゴイスであった。
因みに座席配置は左が師匠(私にエクセルとワードとパワポとSQLと社会人としての躾を教えてくれた人。最後の項目以外は多分習得したと思われる)、右はコスモウェブの市村さんで、ゆっくり話せてよかったっす。ちょー久しぶりに会う先輩もいて、あぁ人のつながりって大事なんだそうなんだ、と妙に殊勝な気持ちに。

・・・
実はお台場超久しぶりな私。ゆっくり見物もしたかったが、やること山盛りであったので、グランパシフィックにそのまま泊まる。
昔、メリディアンという名前がついており、Xmasパーティとかやったなぁー、とかぼんやり考える。
そのときは宿泊してなかったので、サービスが良くなったのか悪くなったのかは分からない。

台場グランパシフィック
ただ、ぼんやり海を眺めながら仕事をダラダラやるには良いホテルでした。
大型クレーンを見て、『ありゃあクレーン(鶴)じゃなくてジラフ(キリン)だなぁ』とか、『水中翼船のウェーキ(航跡)ってなかなか消えないんだなぁ』という、人生の中で最もどうでもいい部類の知識を得て満足してしまったので、また逝きたいと思います。
コメント