有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『最近見た映画メモ』の話

オーシャンと11人の仲間 特別版 オーシャンと11人の仲間 特別版
■あらすじ
カジノの金を盗む。

■レビューのようなもの
ガキの頃、ラスベガスのショーをテレビでやっていて、
サニー・デービスJr.は親父のお気に入りだった。
子供の私には彼の魅力を当時は知る由も無かったが、やはり今見ると
サニーと、フランク・シナトラの存在感に圧倒される。
それにしても、ラスベガスの朝日ってのは、なんであんなに目に染みるんですかね。

アビエイター 通常版 [DVD] アビエイター 通常版 [DVD]
■あらすじ
ハワード・ヒューズという人の一生。

■レビューのようなもの
全くのフィクションより、実話を基にした映画が好きな私。
軍事産業に寄生していた、と言う評価もあり、経営者としては随分も問題もあるが、
まぁ夢を追えて良かったね、というお話。
一方で、航空業界に対する功績はもともと評価されるべき人物なので、
そこを強調しているのは好感が持てる。
わが道を行く、『俺道』好きな人には共感を与えると思われる。
見て損はない。


ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD] ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]
■あらすじ
ヒトラーに振り回されててんやわんや

■レビューのようなもの
ドイツ人のシナリオによる、ドイツ人によるヒトラー。
この意味だけでも価値があるが、正直それだけかな、と思ってた。
見てびっくり、久々に見ごたえのある映画。
追い詰められた人々の、それぞれの胸に去来する思いの描写が見事。

最後の人物紹介で、意外にSS含む幹部の人間が最近まで生きていた、というのも驚いた。

美化してる部分や、色が付いていえる部分は当然あるだろうが、このタイミングで作らないと、(生存者がいなくなってからでは)このリアルさはなかったと思われる。
超お勧めだが、軽くGWのウキウキ気分を吹き飛ばすへヴィさ。


ブラッド・ダイヤモンド [Blu-ray] ブラッド・ダイヤモンド [Blu-ray]
■あらすじ
ダイヤモンドって、そんな貴重じゃないと知りつつ大博打。

■レビューのようなもの
ダイヤモンドの価格操作、ってのは知ってる人は知っている。
ヴァン・デ・コープって名前で出てる企業をデビアスと置き換えれば大よそ間違いないかと。映画本編もいいが、キンバリープロセスってザルだよねそうだよね、という付属ドキュメンタリも良かった。
あと、正直、ディカプリオってあまり好きな役者じゃなかったのだが、物凄く上手かった、と再評価。アフリカの大地で繰り広げられる地獄のような景色と天国のような風景の対比が見事。これが「TIA」(This is Africa)なのかと。
私はダイヤよりもタンタルなどのレアメタル市場に興味があるのですが、まぁ、似たような話ですね。
コメント