有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『007 カジノロワイヤル』の話

007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション (2枚組) [Blu-ray] 007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション (2枚組) [Blu-ray]

■あらすじ
税金使ってヤクザと博打

傑作と評判が高いので借りてきました。
『ジェームズ・ボンド』と言われるとロジャー・ムーアが真っ先に浮かぶ私にとっては、久々の007作品。
カジノが舞台という変わった設定だが、雰囲気がよく出ていて、カジノ好きにもお勧め。

一方で今度のボンドはアクションが多く、そのほとんどがCGではなくスタントと知ってさらに驚き。(スタントがギネスに掲載されている)
アクションだけでなく台詞回しもうまくて、見てて勉強になる。

ボンド役を始め、全体的に新しい007だが、オープニングの曲が話の内容を予見する内容(最後でつながる)であったり、ボンドの『名乗り方』、そしてお約束のアストン・マーティンなど、古い007ファンも納得の出来でお勧めである。

■オープニング


個人的には、ボンドを久しぶりに見たせいか、何故か『大木凡人(おおきぼんど)って、最近、何やってるんだろう?』と、ふと気になってしまい、それが最後まで頭に引っかかって集中できなかったのが残念な点である。
大木凡人おそるべしである。

・・・何の話だ。
コメント