有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『CMMI基本と実践-プロジェクトが変わるプロセス改善のすべて』の話

CMMI基本と実践-プロジェクトが変わるプロセス改善のすべて CMMI基本と実践-プロジェクトが変わるプロセス改善のすべて アクセンチュア

いただきました。拾ったとも言えますが。
ありがとうごぜぇます。

「CMMIって何?」ってのはこちらをご参照いただくとして、まぁ専門書であり、ある程度以上の規模のプロジェクトに参画しないとCMMIそのものが活きないことを考えると、読者層は限定されるかな、と。
ただ、和書だと全部で10冊を下ると思われるCMMIの解説本の中から数冊と比較してみた感じ、本書が一番良いのは確かだな、と。いや、マジ贔屓目なしで。
もっともそれは、自身のCMMIの理解度や、モロにその現場にいるか、知識として持っていれば充分なのかといった立場にもよるけれど、少なくとも私の場合はそう感じましたね。。

CMMIとかって、実際にレベルがどうかと言った議論になって、「レベル4目指します!」とかよりも、プロジェクトが確実に遂行されるよう、改善につながる適切な評価を叩き出す為に、『いかに使うかだよなー』、というのは現場の意見であって、本書はその現場への『読み換え』を、プロジェクトタイプや各ステップに対して紙面を割いて、おまけにキチンと章立てまでして説明しているのが良い。

私は最初から読んだけど、リファレンス的に使う方が良いだろね。正直、必要なところだけ読むだけでいいし、頭から読んで面白い類の本でもないし。

因みに、同期の方をはじめ、執筆人の何人かを存じ上げているが、悲しいかな記憶にあるのは殆どが酔っ払った姿であり、あの酔っ払い集団と本書のイメージがイマイチ結びつかない。
おそらく、シラフの時に書いたものだと推測される。
コメント