プチ社長日記:『父一周忌』の話

親父が鬼籍に入ってもう1年になろうとしている。
父の一周忌に参列いただいた方には心より御礼申し上げたい。
奈良
私にとって父の存在はとても大きく、父無き家に帰ることの意味を大して見出せないまま、今年の正月も帰らず終いであった。
それでも、一年と言う時間はあっという間であり、それでいて去年と今年とは見えている風景はやはり全然違っているのを感じると、ただ焦燥が募り、私の心は沈んでいかざるを得ない。

コメント

すべては気の持ちよう、って感じるこの頃。

沈んでも浮いてても状況は同じだもんね。


近々 呑もか?

  • mizuho
  • 2009/01/26 02:36

いいねぇ。
お ご り で な!

  • いりー@プチ社長
  • 2009/01/28 01:22

もう一周忌ですか。
早いものですね。
機会があれば、あなたと父上の事でお話をしたいと思っております。

  • KPS
  • 2009/05/08 15:58

ありがとうございます。
父も草葉の陰で喜んでいることと思います。