プチ社長日記:『わが友、恐慌』の話

わが友、恐慌──これから日本と日本人の時代が訪れる8つの理由 わが友、恐慌──これから日本と日本人の時代が訪れる8つの理由 松藤 民輔

えー、日本で金(ゴールド)、といえば牛之宮のタミーこと松藤 民輔さんであります。
何だかんだと言われる向きもありますが、大局観という点では屈指の相場師なわけで、その声に耳を傾けるのは、所謂勝負師たちにとって意味があると思います。

恐慌に真正面から向き合うならガルブレイスの著作がお勧めですが、今後の日本が相対的に優位と言う論調がメッセージとしてある点で、今読んでもいいかと。

キャリー解消で円高が起こりましたが、各国通貨と比べてみるとやはり今後は相対的に日本優位、という線はあると思います。
コメント