無職日記:ゲームレビューの話


とりあえずやり込んだエースコンバット5。(゚∀゚)

webのレビューでは概ね好評で、僕も十分楽しんだ。
シリーズの4と較べてミッション数が増え、リムファクシの面(長距離対艦ミサイルだと楽勝)など機体の選択の重要度が増している点は、やりこみ度のUpに貢献していることは間違いない。

編隊への指示など、特筆すべき特徴がある。無論、グラフィックも進化している。

が、各レビューを読んでいて思ったのだが、
何故対戦モードがないことを突っ込まないのか?
前作では存在していたのに、だ。

はっきり言って、前作の対戦モードはイマイチだった。画面が2分割では見難い。
しかし僕は、前作の対戦モードは『次作の通信対戦への布石』と考えていたので一定の評価はしていた。しかし、今回は対戦モードそのものが無くなっていた。がっかり。

思うに、現行のエースコンバットのスキームを踏襲する以上、通信対戦は難しいのだ。(ずーん。。。。)

通信対戦でマニアのハートを鷲掴みにしているゲームが『アーマード・コア』シリーズだ。これは自分で組み上げたロボットで対戦するゲームなのだが、当シリーズのパラメータ設定は非常に緻密で、戦略も膨大にある。

例えば対戦者Aが武装に『ミサイル』を積んでいたとする。
対戦者Bがとるべき選択肢は、ざっと以下のとおり(一部複数選択可)。

ゝ‘偉呂旅發さ‖里冒箸濔紊押△茲韻る。
⊇伝甲の機体に組み上げ、受けきる。
『ミサイル迎撃ミサイル』を装備し、敵ミサイルを撃ち落とす。
こ防分にレーザーミサイル迎撃装備があるものを選ぶ。
ァ悒妊灰ぁ戮鮗予个掘敵ミサイルを囮に誘導する。
Ε献礇潺鵐暗吐箸砲茲蝓敵ミサイルのロックオンを外す。

地形などを考慮するとさらに複雑となる。

一方、エースコンバットの現行スキームだと、主に敵の背後に回ってミサイル発射という攻撃と、回避という選択肢しかない。旋回性能が高く、高機動ミサイルを積んでいれば、テクニックに関係なく最強となる。

これはもう、抜本的な変更が必要だ
コアなファンを抱えるエースコンバット・シリーズが生き残るには、通信対戦が不可欠だと思われる。これがないとネットゲームにもやられる。そこで、エースコンバットを通信対戦可能にする為の仕様変更を勝手に提案したい。

,泙此▲潺汽ぅ襪涼匿瑤鮴限する。ミサイルが60発も撃てるなんてありえない。『サイドワインダーMAX』のように、パイロンの数にあわせて4発とかにすべきである。これで攻める側も『外せない』というプレッシャーになる。

現代の空戦でどれほどの威力があるのか判らないが、チャフやフレームを装備する。今作に登場したECMも重要だ。要は防御側の行動オプションを増やす。

ブラックアウト・レッドアウトを設けて、背後を取るためにぐるぐる回り続けるのを止めさせる。

ざっと3点。はっきり言って『エースコンバット』の『サイドワインダーMAX』化なのだが、対戦時の選択肢を増やすにはこれらは不可欠だと思う。

『サイドワインダーMAX』が商業的に成功しなかったのは、たった4発ほどのミサイルしか使えないのに、10機も15機も敵を撃墜しないとクリアがしんどい(残りはバルカン砲で墜とす)という、ゲームバランスの悪さにあった。これが対戦ならかなりバランスの良いゲームだったと思うと、いささか残念だ。

いろいろ勝手なことを書いたけど、それだけ『エースコンバット』シリーズには期待しているので、早くも次作に期待してしまうわけだ。


、、、と、最後まで読み返して、いいかげん仕事しろ、と自分に突っ込みたくなった。

♪ご賛同の方も、まったく話が理解できなかった方も、ひとつよろしく♪(ブログランキング)

 

==※今日の備考(リンク)※===
なし
==相場===
なし
 

コメント

ちょっと、遅れてなのですが・。↓

くよくよしているときは外に出てみると気分転換になりますよ。
特に、日光に当たるとイイです。昼2〜3時ぐらいの時間帯がポカポカしてます。

今週は天気がいいらしいので、散歩してみたり、雑誌読んでみたりするといいのでは。

  • まりえ
  • 2004/11/22 13:38

なるほど〜。
しかし昼2〜3時はザラ場中なので、3時以降ですね。
最近は5時には暗いですが。。

雑誌もいいのですか、なるほど、でも愛読書が
『Rockin’On』の僕は却っていろいろ考えちゃいそうです。
う〜ん。悩む。

トラックバック
この記事のトラックバックURL