プチ社長日記:『恋空とNot Simple』の話

ケータイ小説の「恋空」がくだらないと巷で大絶賛である。
レイプ・病・死・妊娠・恋愛・・というキーワードが並ぶクソ小説らしい。書評もこれだけキーワード『だけ』でこきおろすのも珍しい。
今週のダイヤモンドでも酷評だった。
アマゾンの書評欄も荒れたそうで、まぁ、そうだろ。

立読みしただけで読破したわけでは勿論ないが、もともと文芸オンチというか、普段からハイブローな文芸作品を読んでいるわけではない人間をターゲットにしていることは明らかであり、それに読書人が難癖つける構図そのものがどうなのか、という気がする。
くだらない内容でも売れれば良いという考えは一方で真実であり、文芸・文学と一緒に論じる必要ないんでねぇの。
何か、書評家とかが『恋空』と同じ土俵にあがる時点で負けという気がする。
薄い内容を上下二巻にわざわざ分けるあざとさも、買うバカを責めても売る方を責めるのはどうかなぁ。

『売れてよかったね』でいいじゃん。

で、一方で同じ不幸な話なら私が断然オススメするのはこちら。
not simple (IKKIコミックス) not simple オノ ナツメ

『刑事コロンボ』シリーズのように、最初に結末を見せておいてそこに至るプロセスを重視する構成、さらに見守る役割を貫徹する登場人物ジムの立ち居地と彼の一作品としての本書の構図が良い。

この手の話にありがちな不幸のTooMuch感を払拭する読後感と、それを支える一条の救済描写が秀逸。そんなに単純な話じゃあない(Not Simple)。

因みにオノナツメ氏はバッソ氏と同一であるが、こちらのクレジットはボーイズラブ系なので気をつけよう。思い切り間違えて買ってしまったが、漫画通によると「陥りがちな罠だよなー」らしい。
そうなのか。はよ教えろよ。


♪おながいします(ランキング)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL