無職日記:富士山に登る#2

さて、朝10時半に開始された私を含む計5名による富士登山であるが、その前に装備について書かせていただきたい。

普通、富士山登頂には帽子・軍手・懐中電灯が必須と言われている。
しかし、5人の中で帽子・軍手が無い者が続出し、御殿場で降りた後のファミリーマートで慌てて購入した。
懐中電灯にいたっては、ショボイのが1つという有様であったが、何故か『俺達は明るい内に下山できる』という自信に満ち溢れていたため、気にかける者はいなかった。

寧ろ、ガンダム世代の我々はコンビニで売っている「ガンダムのオモチャつきお菓子」にハートを鷲づかみにされ、危うくそちら(ゲルググ)を購入するところだった。
しかし、傍にあった「酸素缶」を目にした我々は、「コンビニで酸素購入」
というシュールさに惹かれ、ゲルググを諦めてそちらを購入した。
(これが後で我々を救った。)

いよいよ富士宮口に到着。
富士山を目前に気が引き締まった我々は、再度入念に装備の確認をする。

帽子・軍手・麻雀パイ・水(一人当たり2L)・おにぎり多数・チョコレート他お菓子(ゲルググ抜き)・麻雀マット・ウィンドブレーカー・日経新聞・酸素缶。。。
、、、完璧である。余計なものが3点ばかりあった気がするが、富士の大きさの前では小さな誤差である。

かくして計5名の富士アタック隊は、ユンケルで乾杯をし、頂上目指して歩を進めたのであった。。。
<つづく>

富士山新7合目あたり、まだまだ序の口
登るぞぉぉぉっ!!
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL