リクルートのDNA―起業家精神とは何か

修善寺にて読了。
元々いた会社との文化が近いからか、それとも単純に連中が元気すぎるのか、リクルートの人間と知り合うことが多い。
だいたい遊び場という遊び場に連中は進出していて無駄に元気な為、人生が既に余生モードの小職はたまに取り残されたりする。
ただ、ぶっちゃけ言えば『元リク』という言葉が通じるように、現役の人間より既に辞めてる人間の方に華が有る。新卒で入った人間は30までにリクを『卒業』できるかどうかがひとつのポイントと言われているのも頷ける。(もっとも影でひっそり消えていく奴の方が大多数なんだろうが)。 そんなリクのDNAを作った、日本を代表するドラッカリアン江副さんの本である。
全体的にダラダラ書かれた文体がナイス。でも、一生懸命書こうとしているのはなんだかわかる。お人良し感があっていいなぁ、と。
ただ、リクルート事件についての言及は殆ど無い。まぁ、当然か。
前述のとおり僕は元々彼らと似た社内文化にいたので「ふーん」 という感想だが、あまりリクルートを知らない方には一読の価値はある。製造業からサービス業へ大きく舵を切った日本の代表的な企業の文化を知ることは、それなりに意味があると思っている。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL