プチ社長日記:『Friend in need, friend indeed.』の話

首記のフレーズでいつも思い出すのがこの歌。



もう6年くらい前でしょうか?N.Y.から帰りの飛行機内で流れていたのを聞いて即買いプラシーボ。
久しぶりに見てたら、そこはかとなく疑問が浮かび上がり(最上階が絞られてる(サーバント・ルーム)のヨーロッパ風の建物のようだけど、警官が突入する内部の映像と比較すると、この角度だと女の子の背景にビルの外壁写る筈だという疑問)、何回も映像を見て、挙句の果てに図面まで引いて実は問題なしと判明。手こずらせやがって。
まぁ、女の子がかわいいので全て水に流せるのだが。

全然関係ないが、洋の東西を問わず、飛び降りる奴は裸足であり、見上げる奴は口を開く。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL