プチ社長日記:『春は嫌いだよ』の話

夜中に桜を眺めながら、慣れない街を一人散歩する。
今年もまた、私の好きだった季節が終わってしまった。
でも、もう私に好きな季節などなくなってしまったのだ。
・・・どうでもいい。

仕事に忙殺されることで何とかやりくりするこの日常は、いつまで続くのだろう。
土曜は起きたら夜の8時だった。
『いつまでも若くないんだから。。。』
放っておいてくれ。

今年の冬は暖かく、期待はずれだった。
続く春も、いつにもましてボンヤリとしているだろう。

ふと気づくと、異国での暮らしを夢想する。
行けなくもないんだが、今行くのは、どうも、、ね。

気持ちがざわめく。
きっと、このボンヤリとした春の夜のせいだろう。

ちくしょう。ちくしょう。
コメント

お疲れ様、社長
社長、お疲れ様

社長若いじゃないですか。
永遠の16歳だと思っておりますよ。

眠って、美味しい物食べて、
笑っておけば幸せです。

何か、美味しい物食べて元気出してくださいな。

うなぎとか、ふぐとか、
お肉とか食べてファイトー。

その前に 近くの夢の国に行こうよー。

  • mizuho
  • 2007/04/02 14:08

土曜は起きたら病院のベッドの上でした。

  • もりもり
  • 2007/04/02 14:46

みんなありあと。<br>
でも最近、マジでどうでもいいのよ。

  • いりー
  • 2007/04/30 00:36
トラックバック
この記事のトラックバックURL