プチ社長日記:『ある意味で華麗なる一族』の話

帰りの新幹線の中で記述中でございます。
何かアイドル(男)がこの車内のどこかに座っているらしく、うっかり名古屋駅付近で飲み物を買いにデッキに出たらすげー女の子がいて驚いた。どこにいるのか分からんが、うらやましいですな。 でもアイドルの割りに存在感薄くないか?それらしい人いないけど。ニット帽をありえねぇくらい深く被ってるちょっと前方の兄ちゃんか?まぁ、私や隣の奴でないことは確実だが。

この週末は奈良に法事に帰っていたのだが、えれー疲れたよ。

■カレー屋にて
土曜の夕方。傘を持ってなかったので、雨にしたたかうたれながら東京駅に着く。疲れてたのだが、腹は減るのでカレー屋に入る。が、うっかりおつりをとり忘れ、あやうく1万円のカレーを食うところだった。幸い、後ろから来たオッサンが『すいませーん。おつりー。』とかいって持ってきてくれた。すげーな日本。この国もまだまだ捨てたもんじゃないっす。ありがとーう。ありがとーう。

■親友Nとの再会
奈良に着いて、夜はNと再会。日本の景気や先行きを憂いてみたり、みなかったり。お土産は堂々の『ひよこ饅頭』。実は『東京バナナ』と激しく迷った。大好き『東京バナナ』。すげぇよ『東京バナナ』。何がすげぇって、別に東京はバナナの産地でもないのにそのネーミング。天才。名前以外は別に好きじゃないけど。ま、選んだのは『ひよこ饅頭』なわけだが。それもどうなのか。

■法事×2
日曜午前はばあちゃんの法事。50回忌。私は33歳なので、当然ばあちゃんは知らない。知らないのだから申し訳ないがテンション低め。
一族12人がお寺に集合。何でも50回忌なら赤飯を備える家もあるらしく、どちらかというと祝い事扱いらしい。よって和やかなムード。無難にこなす。
が、そこで叔父が、『そーいや、○○(←じいさん)亡くなったの何年前だっけ?』ということを事後に気づき、よくよくみたら80回忌の年であることが判明。実は僕にはじいさんと呼べる人が2人以上いるのだが、 その内、直系のじいさんが80回忌。が、普通50回の次は70回忌、100回忌なので、別にいーんじゃねーの、と相変わらずテンションの低い私であったが、どうやら父が祖父の50回忌を華麗にスルーしてたらしく、しかも命日まであと数日(命日までにやらねばならんものらしい)という絶妙のタイミングでもあったので、じゃあやりましょう、ということで午後にもう一回法事。
法事のWヘッダーなんて聞いたことねぇよ。
でも気づいた叔父さんGJ。さすが美術館もってるだけのことはある。強いてあげるなら、あと2時間早く気づいて欲しかった。

■奈良ホテル
昼飯は叔父の顔で奈良ホテルで会食。

私は飯を喰うのが極めて早い人間である。とりあえず一気に喰う。よって丼モノ大好き。昼飯に2時間かけるとかありえねぇ。イタリア人か私は。
が、スプーンとフォークが15本も並んでるのを見て萎える。
確かに豪華だが、私は食い気よりも眠気なのだよ。
だいたいだな、『雲丹のババロア』って何だよ。雲丹なんだからシャリの上にのっけて寿司にしてくれよ。ババロアにすんな。ババロアだって、牛乳だけでいいじゃん。牛乳プリンの方が100倍くらいおいしいぞ。安いし。分けて出せ分けて。俺言っちゃうぞ、『ご飯ください』とか言っちゃうぞ、マジで。
だいたいだな、私はシンプルな料理&食べやすい料理が好きなんだよ。
魚より肉の方が好きな私だが、その理由は『喰いやすい』からなのだよ。骨のけて喰らうのがめんどっちいじゃない。喰い方が激烈に汚いってのもあるけどさ。
てっちり鍋とかあんこう鍋とか、おいしいよ、おいしいけどさ、悪いけど私の心はその隣で煮えてるウィンナーに釘付けな訳だよ。何で分ってくれないかな。同じ血が流れてるわけだからさ、察してお願い。
とか考えながらひたすら飯を口へ運ぶ。

が、叔父のトークがさえまくりで実は楽しかった。
どうやら我が一族は収集癖があるらしい。叔父が100円均一ショップにいって同じ時計や虫眼鏡や方位磁針を30個ずつほど買ってきた話とか、じーさんがヒューズを大量に買ってきて、600年分今も家にあるとか、よくよくこんな感覚で今までこの一族が滅びなかったのが不思議でならない。

『100円の時計30個買ってだな、まぁ、正確なのを選別して残していく訳だ。で、俺、その100円の時計してるんだよね。がっはっは。』って、最初から3,000円で狂わない時計買えよ。買えるだろ、普通に。
で、舌の根も乾かない内に、『今度ベントレー買おうと思ってさー』って、何なんだ。異次元過ぎる。ストレートに感情を吐露すると、『その金ください』という趣だ。

だいたいだな、私がサプライ・チェーンのコンサルとかやってて在庫を減らすのに血道をあげてるというのを知ってか知らずか、『タバコ100年分買ったけど、カビが生えました』とか、マジありえねぇ。小学生か。
つーか、おまえ等マジで100年とか600年とか生きる気なのかと、問いたい。問い詰めたい。
家に帰ってみたら本当にあったのでマジ驚いたぞ私は。捨てろよ。あぁ、疲れる。


・・・さて、バッテリー切れるまで仕事でもすっか。


コメント

ひよこ饅頭、ありがとう。
落ち着いたらまた一緒に食事しましょう。
ひよこ饅頭100年分用意して待っております。

  • magic-bus
  • 2007/03/26 12:57

ご無沙汰です^^
親友Nさんって、私の大好きだった、あのNさんですか?
って違ってたら恥ずかしい・・・

  • まま
  • 2007/03/26 23:13

今回はかなりの長編ですね。
楽しく読ませてもらいましたv
法事のWヘッダー、素敵な一族ですね・・・。

  • スキー正宗
  • 2007/03/28 12:57

まま>そうだお

正宗>それがいりー一族クオリティ

  • いりー
  • 2007/04/02 02:25
トラックバック
この記事のトラックバックURL