無職日記:壁の話

おつかれちゃーん。 (=゚ω゚)ノ ぃょぅ

北京に行ったら外せないのが郊外の『Great Wall(万里の長城)』と市中の『天安門広場』ではないでしょうか?御多分に漏れず、僕も行ってきました。

万里の長城、やっぱデカイです。圧倒されました。
ボキャブラリが乏しいので、とりあえず『スゲーよ、マジスゲー!!』連呼しまくりです。 Σ (゚Д゚;)スゲー

一方、天安門広場ですが、そこには毛沢東廟があります。
要するに『毛沢東さんの遺体が見れますよ
』という施設です。
で、見たんですが、まるで寝ているかのような
血色の良い毛さんが横たわってました。
一体、どうやったらあんな風に保存できるのか不思議です。ガラスケースの中にあるので、真空状態ということは考えられるのですが、血流もないのにあそこまで血色いいもんでしょうか?化粧では無理ですよねぇ。

毛沢東廟の見学は歩きながらで、立ち止まってはいけません。何かこの辺りに秘密があるんではないですかねぇ。

ま、いいんですけど。 (・∀・)y━・~~~

ところで、『壁』なんですが、『Great Wall(万里の長城)』って、はっきり言って今は要らないじゃないですか。そりゃー観光名所ですけど。
『いやー、万里の長城のお蔭で助かりました。日本にもマジお勧め』なんて中国政府のコメントを聞かないですよね。

一方、世の中には必要な『壁』があるじゃないですか。その頂点に君臨するのが
『トイレの壁』だと思うんですよ。
で、ご存知の方も多いと思いますが、一昔前の中国の公衆便所は壁(仕切り)がない。今は普通にありますよ。田舎はまだ無いって言いますけどね。

で、
『トイレに壁なんてイラネ ( ゚д゚)、ペッ』という暴言を吐いたのが他ならぬ毛さんだそうです。何しろ毛さんの言うことですから、みんな従っちゃいます。

結果、他人のアレがナニされるのを見ながら、自分のアレがナニされるのを見られるという微笑ましい光景が中国では展開されていたらしいです。ちょっと前まで。

『Great Wall(万里の長城)』は必要でも、『トイレの壁』は要らないと断言する中国って、男らしくてステキですよね!  (・∀・)


♪僕は無職の壁を越えなきゃ。。♪(ブログランキング)
 

==※今日の備考(リンク)※===
なし
==昨日の相場===
【持越】
双日:41000
テレパ:17
前日比:215K

トラックバック
この記事のトラックバックURL