有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『亀田戦のTBSの事情を推し量る振りをする』の話

TBSへの亀田戦の放送の拙さへの非難は、(利用されている)亀田氏云々に対するものはともかく、妥当なものだと思う。

何でこうなったのか考えてみるに、今後、ウェブによる動画配信が発達してきた場合、電波放送の最後の砦となるのはスポーツ放送であろうという読みがある。
ウェブによる動画配信を現状の放送と同規模でストリーミング配信すると仮定した場合、当該需要ピークに合わせてサーバ体制を整えるのは現時点では効率的ではない。
またストリーミングという技術上、僅かにせよタイムラグが発生するのは否めず、スポーツという性格上、映画やドラマと違ってこの差が大きい。
今後、ストリーミングに代わる完全リアルタイムに近くサーバへの負担が少ない画期的な技術が開発され、Jストリーム(4308)株大暴落という状況が発生しない限り、放送の優位が遺憾なく発揮される分野である。
昔、JストリームがJリーグの試合を動画配信した時、思い切りサーバがダウンした事実を知っている方には、首是をいただけるものと思う。

となればスポーツコンテンツを重視する流れになるばかり、ヒーロー不在ならヒーローを作り上げ、過剰な演出もやむなしと言う事情もわからんではない。

が、国辱とまで呼ばれてしまうのは『またも大企業やっちゃったね』感溢れる出来事であり、非常にほほえましいとつくづく思う。やりすぎだ。

同様の勘違いとしてはバレーボールの盛り上げとして訳のわからんアイドルをハーフタイムにバレーと関係のない曲を躍らせる某局による演出があるが、これも海外のバレーボール関係者に『日本人は馬鹿』という悲しい印象を与えているらしいので即刻改善を求める次第である。

バレーボールの引き立てに全くバレーに関係のない人間を賑わいとして配置するのは、自身でバレーボールが魅力のないコンテンツだと認めているようなものだと、何故思わないんだろうか。
アイドル目当てでバレーを見に来る観客がハーフタイムに大賑わいという光景を、選手はどのような気持ちで見ているのだろうか。
どうでもいいけど。


♪おながいします(ランキング)

コメント

近い将来、日本も中国のように
『またも大企業やっちゃったね』感さえ失われ、世の常識として、
やっちゃったねを抵抗無く受け入れてしまうほほえましい日が来るかも。
腐り過ぎ。

  • あい
  • 2006/08/07 15:27
トラックバック
この記事のトラックバックURL