有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『思い出したようにレビュー』の話

■すとーり
やる気の感じられない諜報部員が空気の読めない大統領の娘を助ける。

■こめんと
なんというか、清々しいまでに地雷。
普通のゲームならそこそこなんですが、バイオシリーズの看板でこれどうなの?
無駄に長い割にはあっさり登場するラスボス。よくわからん舞台設定。思わせぶりに登場する色っぽいねーちゃん諜報部員の存在を追及しない主人公のやる気のなさ。結局、バイオシリーズではコード・ベロニカが頂点という見方はかわらじ。それ考えると、毎回うならせるメタルギアってマジゴイス。
バイオハザード4 バイオハザード4
コメント

ゲーマーの双子も「龍が如く」やりましたー。

いつもの悪い癖で、8割方クリアしたくらいで飽きて辞めちゃうんですが。。。

『龍が如く』は評判いいですよね。
『鬼武者』がバッサリ感を売りにしたのに対し、こちらはステゴロ感が出てて良いように思いました。
でも、飽きられたというのは、そこまでだったんですかね。

トラックバック
この記事のトラックバックURL