有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『たられば』の話

病室で、親父と二人きりで阪神VS広島戦と巨人VSベイスターズ戦と日本VSキューバのバレーボールを見てた。

親父の華麗なチャンネル捌きのお蔭で、異なる3箇所での状況を同時に把握できる。すばらしすぎる。
多分、親父はニュータイプなのだ。そうに違いない。
さすが親父、かっこよすぎである。

そんなニュータイプの彼が死ぬなんてのは損失であろう、いや、私にとってというより、人類全体にとって。

あぁ、32年も生きてきて、彼に恩返しもできない私は何と無力なのだと臍を噛む。
いったい、どういう人生を過ごしていれば、私は彼を救えたのだろうかとぼんやり考える。


もし、私が、、、えぇーっっと、ミスターKだっけ?
うん、多分、ミスターKだな。
そう、私がミスターKだったら、どうだろう?

得意のフォークボールでKの山を築くのだ!それも毛唐どもから!
(注:別に僕は外国人嫌いじゃないです)
いや、ミスターKって今日、戦力外通告されてなかったっけ?
駄目じゃん。。。

じゃあ、もし、私が、、、そうだな、、、新庄だったらどうだろう?
この空気のよどんだ病室に白いタキシード着て、歯をキラキラさせながら、
『やぁ!すい臓がんって、すっごいミラクルな経験だね!』
と笑顔で語れば、親父の気も晴れるのだろうか?
いや、そんなことすれば母親の手により、親父より早く私が絶命しそうだ。


じゃあ、もし、私が、ゴルゴ13だったらどうだろう?
どんな願いでも叶えてくれそうだ。
でも、生かすより殺す方が得意そうだな。

ゲルハルト・ベルガーだったらどうだろう?
ほぼ減速しない状態で真正面からサーキットの壁にぶつかっても平気だ。
でも、私が平気でも意味ミニマム。

・・・いろいろ考えたが、たとえ私がタイガー・ウッズに生まれようとも、ホリエモンでも、まして冠次郎に生まれても、この状況を打破できないことがわかった。

暫くして、私は悄然として気付いた。
『いや、そもそも医者を目指せばよかったんだ。』
でも、現代医療でも彼の病は治せないのだ。

・・・そうだ、スーパードクターKだ。
ミスターKと勘違いしたから変な方向に思考が進んだのだ。
もし私がスーパードクターKなら、親父を救えたのに!!!

思考に決着がつきかけたので、私は図らずも満足しかかった。
しかし、その刹那に疑問が浮かんだ。。。

でも・・・・。

無免許だから駄目だな。


【追記】 私の不明瞭な記憶により誤った記載があります。 スーパードクターKは、無免許と勘違いされやすいシチュがよくでてきますが、ジュン市氏のコメントどおり、免許を持っています。 よって、上記赤字は誤りなのですが、意識の流れのままにダラダラ書いている日記なので、そのまんま放置プレイということで、ひとつ。
♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

==※今日の備考(リンク)※===

コメント

|д゚)スーパードクターKは帝都大学医学部
  主席卒業でばっちり医師免許もってます  よ。ってなわけでおk。
|彡サッ

  • ジュン市
  • 2005/07/18 12:31

おつ!!
あ、そうだったか?
何かそんな心算で書いてしまったが、免許持ってたような気もしてた。
ジュン市はいつも軌道を調整してくれて泥スです。

驚いた!!!

まさかプチ社長と○歳、同じとは・・・・

父親定年あと2ヶ月・・・

う〜ん、出来ることは思ったときにすぐに行動しないといけないなぁ・・

プチ社長いろいろ頑張れ〜

若手はこのブログからこっそり刺激を受けていきす。




応援泥スです。
そっか、同じ年ですか〜。
なんせ私達の年代、人口多いっすから。
お互い、がんばりまっしょ!

親父さん定年したらおもくそ遊べるじゃないですか、いや、マジで思い立ったが吉日ですよ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL