有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『ジェムザール』の話

さて、ここ数日でガラリと様相の変わった当日記ではあるが、
『私の私による私の為の日記』というコンセプトを貫いてみる。

本日は父親へのジェムザール投与(第1回)。
最早、抗癌剤が頼みの綱の我々にとって、父の体がジェムザールを受け付けない場合のダメージは計り知れないので、とりあえず注入できた時はマジで嬉しかった。
勿論、これは癌の進行抑止の為のものであり、副作用も今後の経過を見ねばならないのであるが、今はこの事実を素直に喜びたい。

吐き気を催した場合でも、とりあえず注入できたら吐き気を抑える薬の投与を実施する。

尚、ジェムザールが事実上の正規対応としては唯一の手段であることは当然伏せている。

血糖値は200前後、かゆみを訴えているが、幸い、まだ痛みを訴えてはいない。

僕も久しぶりに上機嫌でお仕事などしてみる。
いい一日だった。


・・・そういや、不審なことが一点。
本日のジェムザールであるが、事前の医師の話では70%ほどに薄めて使用と聞いていた。

ふと点滴を見ると、『ジェムザール1000mg、生理用食塩水100mg』と書いてある。どういう計算をしたら70%なのか?

看護士に素直にその疑問をぶつけると、特に指示を受けていないという。

父親によると、その後、私が外出している時に医者がやってきて、『あなたの息子は医療関係者か?』などと聞いていたらしい。生理用食塩水を『セイショク』と言ったりした為だろうか?
いずれにせよ何か不安を掻き立てられる話ではあるが、親父まで不安にさせては意味ミニマムなので、その話を親父から聞いた時は『ふーん。』とだけ言っておいた。

まぁ、彼らが私に興味を持つのも理解できる。

な ん せ 平 日 の 昼 間 か ら 普 通 に い る か ら な。


♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

==※今日の備考(リンク)※===

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL