有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『暗転』の話


モノには順番というものがあり、そういう意味では『いつか、この日が』とある程度予想できていたのであるが、やっぱり現実になるとショッキンというものがある。

母親から、父親の精密検査の概要に関するメールがきた。
結果は膵臓に癌が転移。何でも乳頭というところに腫瘍があるとか。
膵臓にもビーチクと言われる部位があるというのもショッキンであるが、如何せん膵臓である。
無学な私にも膵臓癌が致命傷であることは判る。
伊達に『ブラックジャックによろしく』を読んでいないのだよ私は。(自慢げ)

とりあえず連絡を受けたものの、今、新規PJが大事なところなので、大急ぎで手続きや関係者との調整等を済ます。
そんでもって新規PJ以上に切羽詰った『編集会議』出席。ラーキムの所も大変だが、最早私ではどうしようもない。役に立たない奴はバッサリ切って、少しでも出血を減らし撤退を考えた方がよかろう。妻持ちなんだし。
つーか、やるべきことをやらず、フラフラ遊んでたりクチばっかりのヌルイ奴は死ね。
『仕事』の二文字を何と心得ているのか。
リスクを取らせれば稼動するのかもしれんが、そもそもそういった人種に取らせることのできるリスクなどない。リスクのある部分にこそ、エース級を投入するのが鉄則だからだ。結局、リスクのない馬鹿が遊んでラーキムが全部抱えるという、笑えない状況。
さっさと船を(馬鹿と一緒に)沈めて、新しい船を作った方がいいっしょ。筏でもいいじゃん、と強く強く思う。

とまぁ、不憫な思いをしながらも、会社なんて人間と違って死んでもやり直しが効くので同情もほどほどに、その辺に関して一応目処がついたところで奈良に戻る。
父親も経営者だ。仕事だといえば理解してくれるだろう。

とりあえず母親から状況をヒアリング。余命は3ヶ月あまり。運がよければ1年とのこと。
父親はそのことを知らない。
幸いなことに母親が思ったよりガックリきていない。
ここで父親&母親ダウンのコンボをくらうとキツイが助かった。
兄貴は新婚旅行でタヒチとかに行ってるらしい。
まぁ、連絡したところで、何とかなるもんでもないからいいや。

症状としては、何でも黄疸が出たり、糖尿が出たり、挙句の果てに口内炎まで出来ているとのこと。よく判らないが、リンパ系全体がダメージを受けているのだろうか。
母親が、本屋で買ってきた糖尿病の為のレシピを一生懸命みている。
何でもパパイヤがいいそうだというので、パパイヤを持って行こうとはりきっている。
パパイヤ喰って病気が治れば世話ないが、希望というものも大事なので、母親に『そうだね』と激しく同意する。

『孝行したい時に親はなし』と言うが、まさによく言ったものだ。
『仕事がうまく行ったら、旅行行こうぜ!』とか言っていたのを思い出し激しく萎える。

とりあえず、もう少し様子を見よう。
幸い、長くはないが思ったより時間はある。
医者でもない私に打てる手など無いのかもしれないが、
出来る限りのことはしよう、と誓う。

♪ま、そんな感じです。(ランキング)♪
■追記■
気は進まなかったが、この辺を見た。
絶望的だということは再認識した。  
コメント

う〜ん、忙しい上にお父上の問題まで抱えて大変だね。各言う私も前職を辞める原因の一つに父親が癌を抱え余命危うしだった事もあり、生前財産分与やら色々むしろ現実的な対応に追われていた事を思い出します。
そんなオヤジも手術後順調でまだピンピンしてますから、どうなるか分らんよ。
まぁ色々忙しいと思うがたまには見せてね!
対した事は言えませんが『いりー頑張れ♪』という事で・・・

  • 師匠
  • 2005/07/14 01:59

師匠サンクスです。
でも、俺は運に見放されているようです。
今までの悪事の当然の報い、か。

トラックバック
この記事のトラックバックURL