有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『アルシェール社長がトラバ削除』の話


さて、
先日のエントリでドコモの子会社(犬)である

アルシェールのことを書いた。

別に私としてはアルシェリーナとかいわれているサンプル集団のデータなどを基に客観性を失わないように且つ、読者に面白く読んでいただけるように書いた心算であったが、『サトのOL社長日記』引っ掛けたトラックバックが削除されているのをみて

(゚Д゚ ) ポカーン

という感慨を禁じえない。

トラックバックというのはブログがブログたる機能の一つといえる。そのトラックバックを公開している以上、ある程度の批判に晒されることは『想定の範囲内』である筈であるが、その覚悟ができていないといえよう。

結果として、『ヨイショ集団』による賛美のトラックバック・コメントで固めるというバイアスをかけ、雇われ社長が自分で偉そうなことをブログに書いておきながら、自分の批判は余裕で削除。どうなのか?

自分の写真のせてヨイショされて、うふふ!ありがとう!とか寒いコメント載せる前に、『ブログを書く』ということの意義を考えたらどうなのかと強く強く思うのだが。

しかもこのブログ、読者諸兄は是非コメントを垂れてみていただきたいのであるが、『コメントの内容をチェックしてから』掲載する。さすが扇動集団のボス猿である。

一方、トラックバックはあっさり引っ掛けられるという、なんだか中途半端な対応ぶり。情報を扱う企業としては信じられないくらい素人くさい。

 

ヨイショから建設的な議論が生み出されることはない。これは断言できる。
腐敗や勘違いの暴走は生まれることはあるが。

耳を傾けるべきは批判であり、それが揶揄を含んだものであってもそれをコッソリ削除することは、『目安箱を設置しておきながら批判を汲まないどこぞのヴァカ企業』と同じく片手落ちであり、ポーズであり、自分の器のミニマムっぷりを遺憾なく発揮する結果になりかねない。

企業としてブログを書いて/書かされており、プロパガンダを目的としているなら、最早それがブログと呼べるものかどうかはともかく、コメント・トラックバック欄を最初から設けないのが、妥当である。

トラックバックやコメントを受け付けている限り、その声を削除するべきではない。
削除するとすれば、第三者の非公開の個人情報などに限られるべきである。ここの社長は、自分に都合のいい意見しか耳を傾けないと理解されても仕方ないのではないか?少なくとも、上司にこんなのがいたら最悪だ。社員に同情を禁じえない。

別に個人攻撃をする意図はなく、以前にしっかり
『応援コメント』を発しているぐらいなのだが、こっちの方は残して批判は削除するあたり、ゲラゲーラである。

私が彼女の立場なら、コメントを返さないまでもトラックバックを削除などしない。もしくはトラックバック機能そのものを最初から無効化する。

図らずも情報の取り扱いにも素人っぷりを暴露したドキュモの子会社、バイアスかかりまくり扇動集団アルシェールを引き続きヲチである。


♪応援よろしくです♪

==※今日の備考(リンク)※===

 

コメント

同感です。
ブログでのメリットを享受したいのなら、
批判的なコメントやトラックバックのリスクを受け入れないと無意味な気がします。

やたらと「文章の転載禁止」の注意を喚起してるとこも?と思ってしまいます。
違う媒体でやられたらどうですか、と。

インターネットに1回でも載せた文章なんていうのは、
永遠と自由に漂い、時にはある部分だけ切り取られ、編集され、捏造される。
ということも想定してしかるべきだと思います。

それが恐いならブログなんかしないほうがいいと思います。

  • ななし
  • 2006/04/24 12:26

遅レスごめんなさい。
昔、他人のクルマを破壊して自慢してたブログがちゃねらーに晒されたりしてましたが、ブログの予想外の普及により、ユーザーがそのポテンシャルを見誤るということがあるようですね。
web2.0という言葉が後づけで出てきましたが、これも後から『フォークソノミー』を前提としたツールで著作権云々って、どうよ?みたいな議論になってますからねぇ。
ただ、会社のブログでやってる人には、その覚悟のなさは非難に値しますが。

トラックバック
  • -
  • - -
  • 2007/01/23 10:43 PM
  • -
  • - -
  • 2007/01/27 10:23 AM
この記事のトラックバックURL