有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『人生はゲームか』の話

『人生はゲームである』と私は信じている。
寧ろ、『(所謂普通の)ゲームほどの価値があればいいな』と思っている。

何かの拍子にその信じた所を述べると、『人生はゲームじゃないっ!』という否定的な回答を得ることが圧倒的に多い。
特に、女性は否定的な気がする。
私は男性なので女性としての人生は知らない。
女性は子供を産み育てるという能力を持つ以上、リスクテイクを想像させる『ゲームな人生』という言葉に脊髄反射で拒絶反応を示している可能性もあるが、おそらくこれはゲームというものに触れる機会が少ないが故、人生というよりゲームに対する理解の問題だと思っている。

この際、はっきりしとこうじゃねぇか。
(なんか長くなりそうだけど、書き殴ってみよー。)

■ゲームの本質について■
若い人はプレイしたことがないかも知れないが、『人生ゲーム』というボードゲームの傑作がある。ファミコンが登場する前、『雨の日の遊びとはボードゲーム』という少年時代を過ごした私にはなじみのあるゲームだ。
これと、麻雀、ポーカー、もしくはトランプの大富豪といったものを比較した場合、どちらが『人生を表現したもの』に近いだろうか?

後者である。

『人生ゲーム』というのは、実は驚くほどにプレーヤの行動選択肢が少ない。
ゲーム早々、『専門職コース』か『マネジメントコース』みたいなものを選び、時に応じて株券などを購入するかしないかの選択をするくらいで、あとは山をくりぬいたマヌケなルーレットが全てを決定してしまうのだ。
まるで、『人生というのは本人の努力よりも圧倒的に運に左右されるのだ』と言わんばかりである。
教育上、非常によろしくない。そもそも、絶対結婚しないとイケナイ点が激しく気に入らない。『あなたのヤギが隣の家のランを食べました。賠償として6万ドル払え』とか言われるコマに停止してしまうと、怒りのあまり気が狂いそうになる。

その点、麻雀、ポーカーといった類のゲームは、格段にプレーヤの行動選択肢が提供されている。
配られたカードや配牌に象徴される、あなたの運と言えるようなものが救いようのないほど酷いものであっても、あなたが上手く選択肢を選んでいけば、たとえ輝かしい勝利は得られなくても深い傷を負わずにほどほどの勝利を得られる可能性は十分ある。
そしてその選択は周りの状況を把握することと、どうしても予測不可能な要素(『運』と言われることが多い)に対する担保の判断など、自己の責任に基づいた行動によってなされるのだ。
麻雀で言うと、あなたは自分の努力により、これまでに捨てられた牌や自分の手牌、相手の鳴き方から相手がどのような手牌なのかを想像し、残されたまだ見ぬ牌に何があるかの可能性を探る。
そしてリスクとリターンを秤にかけ、その時にベストと思われる選択を重ねていくのである。
しかし、仮にあなたの推測が正鵠を射ていても、実際に次の牌があなたの希望するものとは限らない。
残念ながら、どうにもならない領域というのがあるのだ。

紆余したが、ゲームというのは畢竟、『選択すること』だと思っている。
その中でも、優秀なゲームとは『制御不可能な要素も多々あるが、それによってもたらされる有利・不利というのは自己の選択によって克服できないほどのものではないもの』だと思う。
『ゲームバランス』という言葉があるが、それは単なる難易度だけではなく、プレーヤが正しい選択をすることに対する動機付け(報酬など)のバランス全てを指すと思っている。
選択こそがゲームというのは、ボード・カードゲームのようなものだけでなく、テレビゲーム、ネットゲーム、競馬やパチンコなどのギャンブルというカテゴリに入るもの、果ては相場といったものの本質だと信じている。
そしてその選択のプロセスに喜びを見出しているのだ。
シューティングゲームですら、雨あられと放たれる敵の弾丸やミサイルを『右か左に避ける』などの小さな選択の連続である。動物的な勘だけでは行き詰るものである。
勿論、結果や目的、それは勝利であったりするわけだが、それらも大事な要素である。だが、今はこの『選択』というところに焦点を当てたい。

■真・人生ゲームプレイ方法■
人生というものが、選択の連続であることは読者諸兄もご理解いただけるのではないだろうか?
勿論、選択の余地のない制御不可能な要素もあって、我々の生まれた時代や国家・出自というものがあり、最近はそうでもないが一応性別もその要素に含まれると言えよう。
それがあなたの望むような状況にない、芳しくない状況であっても、まずはそこからスタートするしかない。
しかし、選択の自由そのものはあなたが監禁生活を強いられでもしていない限り、相応にあるだろう。

あなたは今、ネット上に星の数ほどある情報の中で、私のブログを読んでいる。読んでもらっていて何だが、物好きとしか言いようがない。何か他にすることないのか?宿題とか。
私のブログを読むということ。これも選択の一つに他ならない。あなたは他のことをしていたかも知れないこの数分を私のブログを読むという行為に費やしたのだ。あなたが切ったカードは『ブログを読む』であって、それがあなたにとって最良の結果をもたらすのかは担保できないが、およそ情報を入力するという行為それ自体が、行為者自体に影響を与えることをあなたは否定しないだろう。たとえそれが全て既知の情報であっても、何かしらの影響を受けないということは不可能であり、意識する、しないに関わらずそのような動機があったのだ。
このような選択とその結果による悲喜こもごもの感情を通して、私達の人生というものが形成されており、『結婚するかしないか。するなら誰と?』みたいな重要とされる選択も、実はその一つでしかなかったりするのだ。

たとえて言うなら、私達はみんなでゲームをしていて、カードの枚数が残りの人生なのである。あなたも私も選択のたびにカードを切っていき、芳しくない状況ならそれを打破しようと必死で考えたりするわけである。
おそらく、私とあなたは互いに日本語が通じて、このブログを介してお互いに微小とは言え影響を受けているので、比較的テーブルの近い席に座っているのだ。ひょっとしたら将来、協同でゲームをするかもしれない。

このゲームに、ルールは特にない。何を以て勝利とするかは各自で設定できる。ただ、楽しむことは重要ではなかろうか。
このゲームがそもそも楽しいものかどうかは判らない。楽しいものであって欲しいとは思うが。
ただ、あなたも私もこの世に生を受けてしまったということは、既にゲームは始まってしまったのだということを意味する。今も私達の選択は続いているのだ。
私の場合はこの31年あまり、まぁそれなりにこのゲームを愛でてきた。微妙ではあるが。
これからも選択の連鎖、、、それは『風呂に入るか寝るか』から『生きるべきか死ぬべきか』といったものまで存在するだろうが、それなりの楽しめるものであって欲しいと思うし、あなたの連鎖もそうであって欲しいと思うのである。

あなたの状況はいかがなものであろうか?

どのようなものであっても、生きている限り、私達のゲームは続くのだ。

(つづく、かも。)

♪まぁ、そんな訳です。あっはっは。♪(ブログランキング)

==※今日の備考(リンク)※===

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL