プチ社長日記:『アフリカ縦断#6:ジンバブエ共和国(▲凜クトリアフォールズ)』の話

JUGEMテーマ:世界一周の旅


※ブログの日付が前後しますが、当内容は2017年夏のアフリカ訪問の書き起こしになります。南アフリカのケープタウンから陸路アフリカ縦断を目指すもので、『アフリカ縦断#5:ジンバブエ共和国(。贈覆肇屮薀錺茵法戮梁海に相当します。
私もそうですが、仕事を持つ人でも夏休みなどを利用し、分割してアフリカ縦断しようというものです。
今回は、モザンビークのマプトから直接北上せずに、ヨハネスブルグから再出発し、ヴィクトリアフォールズを見てザンビアのルサカから帰国するルートになります。


ブラワヨからの夜行列車に乗り、気付けばもう、夜明け。

【夜明け】
Z16.jpg

同室の黒人は夜明け前に到着した途中の駅で降り、私は終点のヴィクトリアフォールズに向かいます。途中ザンベジ川に沿って走るのですが、その圧倒的な景色には感動を覚えます。
駅近くになって列車が徐行するのですが、車窓から遥か遠くに水煙があがるのが既に見えて期待度が上がります。
※もしかしたらワザと徐行してくれているのかもしれません。

【ヴィクトリアフォールズ駅】
Z17.jpg
Z18.jpg

ヴィクトリアフォールズという街は、観光地化しているので至極安全です。印象的にはグアムに近いかな。海ではなくてザンベジ川ですけど。

駅の近くでは、ハイパーインフレ時代のジンバブエ紙幣を売りに来る少年たちがいますが、20ドルなど法外な値段で売ってくるので無視した方がいいでしょう。私は後に5ドルで全セットを購入しましたが、これが高いのかどうかは私にもわかりません。
まぁ、私はデノミ前のトルコ紙幣とか使っていた年寄りなので、旧ジンバブエ紙幣にそんな感慨はないですが、まぁ、お土産に。

そうそう、ジンバブエはハイパーインフレで有名で、日本でも高い値段を揶揄する時に「ジンバブエかよ!」とか言う人もいますが、今のジンバブエドルはドルと等価交換です。ブラワヨのスーパーマーケットで20ドルだけ両替しましたが、完全等価なのでドルをジンバブエドルに交換する酔狂な奴はいません。ドルが最強です。債務の棒引きを条件に、中国元も公用通貨として認められたのですが、元払いは中国人が出入りするホテルなどを除いて出来ないです。知らずに両替した私はスーパーのおばちゃんに笑われてしまいました。で、何が言いたかったかというと、「ジンバブエかよ!」というのは今や逆の意味になっていて、不用意に使うとオウンゴールになるよという、しょうもないことが言いたかったのです。

さて、駅からの一本道をてくてく歩いて滝を見に行きます。もう、全然遠い筈なのに滝の音が聞こえてきます。はやる足取りを抑えて国立公園に。(観光地なので、めちゃくちゃ高かったのを覚えています。)

【やべぇ】
Z22.jpg
【マジやべぇ】
Z21.jpg
【写真で伝えるのは無理です】
Z20.jpg
【でも載せます】
Z19.jpg

ベスト・シーズンは6〜8月とのこと。それより前だと水量が多すぎて、後だと少なすぎるからで、一般に滝は水量が多い方が迫力がありそうですが、もう水煙がすごくて8月でさえ視界が遮られます。おまけにめちゃ濡れます。すぐ乾きますが、一眼レフなど持って行く方は配慮が必要です。風向きや日差しの向きでは「驚きの白さ」で何も見えません。アタックの世界です。
(肉眼では見えても、写真にとったらホワイト・アウトしてたりするので油断なりません。)
もう、行くしかないです。その迫力たるや神秘のレベルで、おじいちゃんでなくても拝みたくなるレベルです。


堪能して公園を出た後、バオバブの樹(ビッグ・ツリーと呼ばれる)が生えている所へ向かいます。
ここは少し街の外れにあって、ここだけは治安で注意が必要と言われていましたが、一本道の入口に常時警官が立っているので安全に思えました。
ただ、ヒヒや鹿の野生動物は普通にいるので注意が必要です。特にヒヒがいるので、あまり食べ歩きはお勧めしません。一方で、一本道には途中売店もないので水は必携です。
途中、すれ違った黒人グループに「象に気を付けろよ」とアドバイスをもらいました。
確かに、大きな動物の糞もあったので、注意した方がいいです。

【ビッグツリーへ向かう道】
Z34.jpg

さすがに疲れも出てきたので、宿に向かいます。因みに、ヴィクトリア・フォールズに安宿はないです。というか、ここはリゾートなので奮発して贅沢するのが吉だと思います。私もザンベジ川沿いのホテルに投宿。夜行バスに夜行列車と連続で来たのでのんびり風呂に入って疲れをとります。フロントで夕方のヘリコプター・ライドを予約しようとするが、さすがに一杯で、翌日に予約を取ります。明日はザンビア側の街、リヴィングストンに泊まる予定なので、(滝に近い所に安宿はない)明日の宿と早朝のデビルズ・プールにも予約を入れます。その後、調子に乗ってプールにも入ります。疲れを取りたいのか疲れたいのか、自分でもよくわからなくなってきました。

【南アのビール】
Z32.jpg
【ジンバブエのビール】
Z33.jpg

久しぶりのリゾート気分満喫で上機嫌です。
・・・が、周りを見たら男一人は私だけでした。(気付かない振りしましたが。)


コメント