プチ社長日記:『DUNKIRK』の話

『DUNKIRK』を見たのだが、‥┐全く出てこない(最後にうすらぼんやり影が映る)、台詞が激少ない ということで異色の映画だった。
また、3つの時間軸で進み、最後に交差する辺りが、3階層の世界を構成する『インセプション』と相似形でクリストファー・ノーラン監督らしさを感じる。
この2作品を並べて観るのはお勧めだが、もうひとつ、『つぐない』も観ることもお勧めしたい。
https://youtu.be/QijbOCvunfU
こちらにもdunkirkの映像、それも5分にわたって映るシーンは圧巻だ。雰囲気としては、過去の資料を当たる限り、こちらの方が近そうである。(映画『DUNKIRK』は撤退戦の混乱がすっきりしすぎている感じ)
史実としてのダイナモ作戦は、民間の舟による救出より、桟橋経由での駆逐艦乗船などによる避難が多かったということを差し引いても、いずれも名作と呼べる出来かと思う。という訳でお勧めである。
コメント