プチ社長日記:『アフリカ縦断#2:スワジランド王国』の話

■スワジランド王国へ
スワジランド王国へはミニバスで約7時間を要した。

※「地球の歩き方」に書いてある所要時間は、この路線に限らず
短めに書いてあるところが多いです(おそらくバス運用会社側の言い値の時間を書いている)。
なべて1.5倍は見ておいた方がいいです。
いずれにせよ、余裕のある日程を組まないと、立てた計画は即座に破たんすると思われます。
加えて、道路事情(悪路か否か)にも左右されるので、ヨーロッパと異なり地図上の目分量で、「だいたい、このくらいは移動できるだろ」
という目算が狂いがちです。
ベストは「計画を立てずに行く」ですが、やはり仕事をしているとそうもいきません。

7時間の道のりだったが、国立公園の中を通過するので景色もよく、陽気な同乗者にも恵まれ楽しく過ごせた。
順調に進んでいたが、途中で車両がエンジントラブルを起こしてしまったのも、一興。
まぁ、このくらいのトラブルは付き物と割り切った方が精神衛生上良いです。

オーバーヒートで、ファンベルトの異常が原因とのこと。おそらくベルトが緩いのだろう。
適した工具がない為、運転手が必死で他の車を停めようとする。
これが存外停まってくれるもので、1時間に5台は停まってくれる。南アフリカの人はなべて優しいなぁと、ちょっと感動。
一部の客は、停まってくれたバスの方に乗ってしまったが、運転手は根気よく車を停めては、
ぴったりある工具の有無を聞いている。
一方で残った乗客は呑気なもので、最初こそ私も車を停める役を買って出たのだが、
そのうち
「お前、直せるか?」
「トヨタじゃないから無理だな。トヨタでも直せないけどね」
とかの駄噺などして、今思うと全く役に立ってなかったですね。大変申し訳ございません。
・・・とかやってると運転手がエンジンを直してしまう。運転手ゴイスー。
【エンジントラブル】
DSC_2812.JPG
【私が停めたトラックに奪取する運転手(働き者)】
DSC_2817.JPG

当初、首都ムババーネを目指していたのですが、私以外に首都を目指すものは無く、
皆さん最大都市であるマンジーニ行きでしたので、空気を読んで追従。
私がムババーネに固執しなかったので、皆さんも喜ぶ。
【国境】
DSC_2819.JPG
【バスターミナル】
DSC_2820.JPG

最大都市と言っても、私が着いた夜20時には店も閉まり、秋(5月)の虫が五月蠅い只の田舎です。
最寄りと思われる宿へ向かい畑の脇をトボトボ歩いていると、「お兄さん、遊んでいかない?」的な女性が3名ほどいましたが、それ以外は特に何もなく、南半球の星空が美しい街です。


因みにですが、近隣のモザンビーク、ボツワナなど含め、周辺はエイズ罹患率が相当高く、10年以上前のWHOの調査で
余裕の10%越えです。今やもっと高いとも言われています。
標本数など、詳しいことは知りませんが「平均値」でソレということは、プロにおいては推して知るべしですね。
くわばらくわばら。

宿は難なく見つかり、サントンの豪華ホテルとは比べ物にならない、トイレに便座もない宿でしたが、
腰を落ち着けられた喜びが勝ります。
さっそく、空腹を満たそうと宿の方に「近隣のどこか食べられる場所」を聞きだし、
そのバーで地ビールで一人祝杯。
ところがそのバーも22時で閉店とかで、以降は特にすることもなく、宿に帰っておとなしく寝ることにしました。
【サイベベ。美味。】
DSC_2826.JPG
コメント