<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< プチ社長日記:『今年のバレンタインは・・・』の話 | main | プチ社長日記:『プレミアム・フライデー』の話 >>

プチ社長日記:読後メモ『彼が通る不思議なコースを私も』の話

今年になってから文庫版第1刷というので、白石一文の最新作ではなかろうか。
山本周五郎賞受賞作『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』に作風は近い。
(装幀にどこまで関わっているか分からないが、カバー写真の雰囲気も近しい)


『この胸に〜』では現実的な氏の作風の中でも、(亡くした子の声が聞こえるという)不思議な出来事の起こる設定ではあったが、それは主人公の胸の内(=個の枠)に秘められており、我々凡人も稀に接する「不思議なこと」で片づけられるレベルであった。本作では更に進んで不思議な『能力』として定義され、荒唐無稽とも言える設定が最初気になったが、最後のエンディングで個の枠に大きく寄り戻すことで、バランスを保っている。

賛否別れる設定かもしれないが、それは所詮は舞台設定の話であって、氏の言いたいことは他作品のようにはっきりと主張しているので、読み応えのある作品。
読書の夜 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









| このwebを『はてな』ブックマーク |




+ ARCHIVES +