プチ社長日記:『ウズベキスタン漫遊記#2』の話

タシケント空港には夜遅くに到着した。初日の宿は羽田からエクスペディアで予約したホテルだ。簡単にエクスペディアで予約できる辺り、パキスタンと違って訪問が楽なのが窺える。

夜の空港から市街へは、タクシーしか足がない。例によって運転手が大量に群がってくる。空港から市街地までの相場は5ドル程度と聞いていたのだが、話がなかなか纏まらず、深夜ということもありやむなく8ドルで手打ちをする。
因みに、ウズベキスタンに正規のタクシーはないと思ってよい。行燈はついていて、それっぽい電話番号が車体に書いてある場合でも、メーターのない白タクだ。料金表も、無論ない。(だいたいイスラム圏は商店でも正札がないケースが殆どだ。)
ただし、買い手と売り手がいるので市場となり、結果相場が形成される。その相場を知ることが旅行者には難しいが、勉強料として多少ボラれたりしつつ、相場を知ることが楽しみでもあったりする。寧ろ、無理にでも楽しまないと何処にも行けない。

タシケントは、200万人余りがが住む大都市だ。世田谷区と渋谷区で110万よりちょっと大きいくらいかな。地震で一度壊滅的な打撃を受け、その後、ソ連・ロシア時代にロシア風街づくりが行われた。ロシア風と言うと、「大したことのない通りでも片側3車線は当たり前の、だだっ広く空間を使ったマッチョな街づくり」といったイメージがあるが、まさにそれである。
運転手の助手席には、まさに助手といった風貌の男が座っている。
車が走り出すやいなや、『ビジネスの話をしないか』といってダッシュボードを開けると、そこには札束がギッチリ詰まっている。何のことはない、両替話である。

・・・イランで100ドル両替しようものなら、札束が返ってくる。それと同じで、ウズベキスタンでも100ドル両替したら札束でポケットが溢れる。経済制裁でクレジットカードが使えず、国際バンクカードも使えない(つまり、ドル紙幣で持ち込むしかない)イラン(当時)に比べると、両方通用するウズベキスタンでは慌てる必要がない。もっとも、ここ一番で通用するのはやはり世界最強通貨のドルだが。とはいえ、地方の飯屋はウズベキスタン・スムなので両替は必須だ。
相場もわからん内に多額を両替するのはアホである。ましてや旧札・新札の混ざっている経済圏だと、額面は同じでも旧札は割高に請求される(価値が低い)などと不当な扱いを受けるケースもある。
適当にうっちゃっておいたが、どうやらこの助手の方が運転手の親分格らしい、『静かにしろ、疲れてるんだ』とピシャリと言ってもひるまない。商売人は嫌いではないので話くらいは聞いてやる。
そうこうする内に宿についた。『何ドルだっけ?』とすっとぼけると先方は10ドルを要求してきた。
(内心笑いをこらえつつ)激昂したフリをすると、『8ドルだった』と訂正してきた。そこで『お前はルールを破った。イスラムで重要な、ビジネスのルールをだ。2ドル分をズルをしたので、私もそうさせてもらう』と言って6ドルを投げつける。これは私がよくやる手だ。相手の様子を見つつなので、お勧めはしないが。
ただ、これで先方が追っかけてくるようなら、相場と乖離している証拠だ。今回のようにそうしなかったり、小声で礼を言われたりする場合は、相場付近だと思っている。
チェック・インを済ませて、ホテルで少額を両替しようと40ドルを渡すと、両画商の女性に『十分、多いですよ』と言われる。別に物価がべらぼうに安い訳ではない。正直に、『この国に来たばかりで、理由がわからない』と告げると、
レートがオフィシャル・レートだからだと言う。因みに1ドル=約2800スムであり、絶賛スム安傾向が続いている。
一方で、この国で闇両替は違法である。ところが、どうやら事実上、野放しのようである。因みにさっきのタクシーの助手席の男は3000スムを提案してきて、旧札だと決めてかかったが、結果からするとそうでもなかったみたいだ。

せっかくの女性の忠告を聞き入れ、少額だけ両替する。もう遅い上に、外は寒く(内陸なので寒暖の差が激しく、昼夜それぞれ日本の±5度といったところ)人影がないところを見ると、おとなしく寝るのが得策のようだ。部屋に入って今後のプランを考えて寝るとする。


コメント