プチ社長日記:『今こそマック・ベジバーガーの時代(かも)』の話

中国の食肉加工問題でマクドナルドがご立腹でございます。
特に流通で問題があるのがチキンだそうですね。
詳しくありませんが。
これ、インドは大丈夫なんですかね?

インドは、ムスリムが豚を食べない、ヒンドゥー教徒が牛を食べないので、インドのマックで肉を食べようと思えばチキンしかありません。
所謂、ビッグマックのチキン版に該当するのがマハラジャ・バーガーです。
これ、だいぶ美味いです。

チキンしかないのにチキンの流通が止まれば、マクドは只のアイスクリーム屋になるのではないかという危惧が持たれますが、実際にはベジバーガーというナイスな商品が主力なので、問題はないと思われます。

宗教的な理由や、そもそも経済的な理由でベジタリアンが非常に多いのがインド。
ベジバーガーは、平たく言うと『カレー風味のポテトコロッケ』をバンスに挟んだものですが、これが結構イケるのです。カロリーも低い(多分)ので、日本人にもウケそうなのになぁ、と思っておりました。

あ、勿論、油も植物性ですよ。
この辺はとてもデリケートで、英国植民地時代、英国軍が歯で噛み切る薬包に牛と豚の脂を塗布するタイプを使用して、支配下にあったインド人の怒りが爆発、セポイ反乱の引き金(※)になっています。
(※あくまでもきっかけで、本当の原因は英国支配に対する積年の怨嗟)

戦争しちゃうくらいだから、『飲み込まなければセーフだろ』とか、そんな甘い認識は通用しません。
誤って提供したら洒落にならないので、包装紙も「ベジ」「ノン・ベジ」は一目で解るようになっております。

話が逸れましたが、ふと、たまに食べたくなる味なので、この機会に日本でも大々的にベジ・バーガーを売り出さないかなぁ、と期待しております。
(ポテト減量でもいいからさ。。。)

DSC_1715.jpg
コメント