プチ社長日記:『国家(?)の高感度調査ってなんぞ』の話

■抜粋
英BBCが国際世論調査機関グローブスキャンおよびFIFAとともに2013年12月から2014年4月にかけて24カ国・2万4542人に対し、米国、ロシア、中国、韓国、日本など16カ国と欧州連合(EU)の好感度と非好感度をアンケート調査した結果、ドイツが昨年に続いて好感度が最も高い国となった。次いでカナダ、英国、フランス、日本、EU、ブラジル、米国、中国などの順だった。


▼好感度順位
1.ドイツ、2.カナダ、3.英国、4.フランス、5.日本、6.EU、7.ブラジル、8.米国、9.中国、10.南アフリカ、11.韓国、12.インド、13.ロシア、14.イスラエル、15.北朝鮮、16.パキスタン、17.イラン

▼非好感度順位
1.イラン、2.北朝鮮、3.パキスタン、4.イスラエル、5.ロシア、6.中国、7.米国、8.インド、9.韓国、10.南アフリカ、11.日本、12.EU、13.ブラジル、14.フランス、15.英国、16.ドイツ、17.カナダ


なんか全般的によく解らないのですが。。。
なんでドイツやフランスなんかと肩を並べてEUってのがあるんですかね?
これにドイツ入るの?
そもそも非好感度1位がイラン。まぁ、米国系、というかキリスト教圏の人間から見てイスラムが好ましく見えないのは解る。
しかし、イランは政治的には複雑ではあるが、文化や国民性という点では極めて優れた点を持ち、実際にイランに行けばイラン人が如何に誠実な人間が多いかという事がわかると思うのだが。。。

コメント