プチ社長日記:『あらまほしき』の話

仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩より詣でけり。極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
さて、かたへの人にあひて、「年比思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。
少しのことにも、先達はあらまほしき事なり
--徒然草 第52段


「投資家としてあらまほしき姿を描いていかねばならない。イノベーションをひきおこすような忍耐強い中長期の投資が大事になってくる」

--甘利明経済財政・再生相


甘利さんって、ちょいちょい面白い言い回しするよね。
コメント