プチ社長日記:『器次第』の話

友人に誘われてリーデルのワイングラスセミナーに行ってきた。
グラス付で4000円ほどだったか。
DSC_0238.jpg
これは広く知られたことだが、ワインにはそれぞれ適したグラスの形があって、酸味の強いワインと渋みの強いワインなどでは適した形状がことなる。
キチンとしたレストランは複数のグラスを用意しているが、たまに高級を謳うレストランでも共通のグラスしか出さなくてげんなりする。中華のレイカサイ(客単価4万とか普通にする)でもワインは共通グラス(ジョーカーグラス、と言うらしい)だったりするので油断ならない。

まぁ、頭では理解していても、実際に体験してみるとなるほどと唸らせられる。
特段、ワインに詳しくない私でもその差は歴然なのである。
興味のある方は是非、参加をお勧めする。
コメント