プチ社長日記:『凶徒in京都』の話

今年は親戚が結婚したりするので、それなりに帰省することが多そうです。
いきおい、奈良の経由地でもある京都でも(手土産を調達するという言い訳のもとに)時間がとれるかもと期待しています。
京都では本日から祇園祭が始まりますが、祭りといっても17日の宵山へ向けての静かな滑り出し。徐々に非日常へとシフトしていく街が楽しい季節です。

朝から三条あたりの足湯カフェでくつろぐ。町屋づくりの建物をうまく利用しているこの界隈は今日のような雨の日にぼんやりするには最適です。
私の背後にあるのは坪庭。
こんな狭いスペースでも世界観や宇宙をも表現しようとし、それを感じ取れる日本人でよかったと思えるひと時です。
20120701114648.jpg
コメント