プチ社長日記:『チベット』の話(3)


・私にとってこの旅行の目的地である、ギャンツェへ向かう
■チベット内の外国人の移動について
外国人がチベット内を移動するには、必ずツアー形式をとらないといけない。勝手に入って、出てくるのは禁止ということになっている。但し、実態としては現地到着後にツアーに入ることでもよい。
ラサ内はセラ寺などの一部施設を除いて、実質外国人が単独で移動しても何も言われない。
私はラサを勝手に夜中まで散策してたのだが、何も言われなかった(ホテルに締め出しを喰らったが。)。
CIMG0185.JPG
(写真:セラ寺の問答風景。経っている人vs.座っている人で問答をする。禅宗の公案に近い感じだ。因みにセラ寺は鎖国時代のチベットに邦人初入国を果たした河口 慧海(かわぐち えかい)氏が2年ほどを過ごしている場所でもある。)
一方で、ラサ以外の街となると、クルマが必要であるし、単独行動は不可能だ。ラサは入境許可証だけでよいが、街を出るときに外国人登録証も必要となる。
CIMG0327.JPG
CIMG0328.JPG
(写真:入境許可証と外国人登録証)

ラサに10年以上滞在した方によると、この制度は徐々に緩和されていくだろう、ということ。無論、それは共産党支配が完了しつつあることを意味する。共産党は僧侶などに旅行者が接触して、扇動することを恐れているようだ。
とにかく、今や『中国の一地方都市』となったラサを抜け、ギャンツェへ向かう。ガイドはガジョン女史、運転手はミマ氏である。ガイド兼運転士という都合の良い存在はおらず、ガイドは必ずつけねばならない。他の旅行者とシェアすると安くつくのだが、適当な同行者が見つからず、スポンサーは私だけである。
因みに私はスポンサー様なので、道中は後部座席に座って干し梅干などの菓子喰って水飲んで、やりたい放題である。(空気が非常に乾燥しているので、塩分と水分の補給は必須だ。)
途中の道路は、これまた昨今の開発のおかげで舗装されており、快適だ(全体の1%程度は砂利道だったが)。それでも周りのクルマは私のを含め、ランド・クルーザーなどの4輪駆動車が圧倒的に多い。

公安(警察)の4輪駆動車のパトカーもよく走っているが、主な規制は各チェックポイントにおける速度規制である。 これは、A地点とB地点の間で2時間以上かけて走破せよ、と言ったときに、2時間以内だと罰則を受けるという呑気なものである。私は最小ユニットであるところの3人しかいないので、比較的スケジュールはサクサク進む。従い、チェックポイントの手前であからさまに時間潰しをするという、非常にダルな感じである。やることないので、煙草吸って時間待ちをする羽目になる。何とかならんのか。
CIMG0250.JPG
(写真:公安のチェックポイント。コレに関わらず中国では軍・警察関連施設にカメラを向ける際はバレないように注意が必要。)

CIMG0234.JPG
(写真:チェックポイントを記した用紙。)

コメント