無職日記:手遊びに脳内実況の話

新幹線に乗ってます。
とりあえず手遊びにこの小一時間の脳内思考を、思い出せる範囲で描写してみます。

****

ゆきー!雪ー!
三田線の大手町出口を出たら、雪が積もってた。地下鉄に乗るときに積もる予兆のようなものはあったが、ばっちり積もってる。
雪の皇居、辰野金吾の手による東京駅、ナイス♪ 美しい。

大晦日に雪が降っているなんて、『まんが日本昔話』に出てきそうなシチュエーションだ。
汚いものを全て白色に塗りつぶし、見えなくしてくれてナイス。
ま、溶けるときに汚いわけだが。

雪の日には、音が吸収されて周りが静かになる。
こんな日には陰でなにか陰謀めいたものや、決意を秘めた行動が進んでいるのではないかとワクワクする。
赤穂浪士の討ち入りの日も雪だったし、2・26事件の日も雪だった。ちなみに僕の大学受験の日も雪だった。
何かクーデターでもおきねぇかな。株は暴落するだろうけど、面白いから許す。むしろ、買いチャンスだし。

雪をしばし愛でてから、新幹線の切符を買おうと窓口に行くと、長蛇の列だった。みんな頑張って並んでいる。
ここは新幹線だけでなく、在来線の特急券も買えるところだから、こんな日は混むのだ。
ここで新幹線の切符を買う人は、どーしても東京駅に今は入構したくない人か、単におめでたい連中だ。
とりあえず自動券売機で130円だったか160円だったか、最安の切符で東京駅に入る。
で、新幹線専用の窓口の方へ行く。これまた長蛇の列。
でも、となりの自動販売機は2〜3人しか並んでいない。
なんでオマエら、自販機使わないの?機械オンチか?
21世紀の敗者ケテーイの人々ですか?
で、新幹線の空車状況を見ると、普通車指定席は激しく満席で鬱。
ためらわずグリーン席購入。僕は贅沢が好きではないが、面倒くさいのは忌み嫌うのだ。
私の面倒くさがりっぷりを嘗めてもらっては困る。上海に1ヶ月いて、旬の上海蟹を、
『あんなちっこいもん、ほじくって食うのメンドクサイ』
という理由で退けた私だ。蟹なら是非、蟹チャーハンにしていただきたい。
僕が30過ぎた今も学生のときの築31年ボロマンションに住んでるのも、まぁ、僕がほとんど東京にいないというのもあるが、主に引越しが面倒だからだ。いうまでもなく、僕が松屋や喫茶店や、定食屋で同じメニューを食べ続けるのも、いろいろ考えるのがメンドクサイからだ。もっと楽しいことを考えたいのだよ、僕は。

ふと、隣の人を見ると、駅員と何か揉めている。スイカで入った人は自販機で切符が買えないので揉めているようだ。
惜しい、実に惜しい男だ。この自販機で切符を買うのは選択としてはかなり良い。が、スイカで入構した人は切符が買えないのだよ、明智くん。

JR東海・西日本など、JR各社をまたがる長距離路線は、それぞれの営業距離数によって料金を按分しているのだ。だから、新幹線の料金は、切り離されて管理されている。で、按分したりなんだという処理は、システムを統一するのが便利なのだが、全国統一で作ると、首都圏でしか使用していないスイカは処理に困るというのが理由のようだ。
首都圏での新幹線切符の購入用に別途自販機を開発するのは採算があわなさそうだ。
ま、この辺はJRというより、作ってるのは多分、日立なので、日立の連中に頑張って貰いたい。
明智くん、詰めが甘かったな、長蛇の窓口に並んでくれたまへ。

携帯の時計を見るとまだ時間がある。活字好きの僕としては本屋へゴーだ。
書店に入ると真っ先に株式投資のコーナーに行く。目的は、切込隊長こと山本一郎氏が書いている本の購入だ。

なんかいろんな本が並んでいる。

・『東大生による株式投資入門』(タイトルうろ覚え)
学生が7人で株の入門を書いているという、ただそれだけの本。
頼むから、母校の名を穢すな。他人のことは言えないのだが。

・『株が好き♪』(タイトルうろ覚え)
なんか不美人ではないが、プロのスチール写真は30%は美人に見えるということを鑑みると、決して顔を晒す効果はないと思える女性の書いた本。
資産1000万になって有頂天になって書いた本のようだ。よかったね。
そんくらい、珍しくも何ともねーということを知らない、世間知らずがはしゃいで書いた本というのは確実のようだ。

・『株で一億目指す』(タイトルうろ覚え)
おや、流一郎先生じゃないですか(冷笑)。
河 童 は 黙 れ 。

で、結局、隊長の本がない。つかえねー東京駅。頼むよ、ホント。

しかたない、弁当でも買うか。あとサントリーリザーブ水割りだ。
弁当は当然柿の葉寿司だ。手が汚れなくて、食うのが面倒でないのがゴイスー♪
『さば・たい・ますの10個詰め合わせ』だと?
ふざけんな。鮭をいれろ鮭を。全部鮭でもいいぜ、ベイベー。
くそー、時間がねー。これで我慢か。

そこへ構内アナウンス。『後藤タメゴロウさん、おられましたら至急○○まで〜』
おーい、呼ばれてるぞ、タメゴロウ! 出て来いタメゴロウ!
つーか、そんな目立つ名前で迷子になんなよ。

やべー、時間がねー。グリーン車見逃しはさすがに許しがたい。弁当と酒と牛乳プリンを持って階段を駆け上がる。やべー運動不足だ。肩で息すんなよハズカシー。

年末だから、グリーン車の顔ぶれはいつもの普通車と同じでつまらない。
平日なら、通路挟んだ席のオヤジが、僕がバッチリ聞き耳をたててるとも知らずに、面白い話を披露しているのだが、そんなことは期待できない。

隣に女性が座った。先ほどの株の本の女性よりは美人だ。
もちろん、小心者の僕は声をかけたりしないので、黙って柿の葉寿司と牛乳プリンを一気喰いし、リザーブをちびりちびりやりながら、今まさにこうやって、もさもさと日記を書いている、と。
ま、そーいうわけなんですよ、あっはっはっは。

♪最近話題のブログはこちら♪(ブログランキング)

==※今日の備考(リンク)※===

手遊びは『てすさび』と読みます。念為。
==相場===
ちなみに相場は吉光の名前で出ています。
推移

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL