プチ社長日記:『T@愛宕神社』の話

ずっと前から行きたかった愛宕神社境内のTに行く機会に恵まれたので、速攻で仕事を切上げ勇躍出撃。
不思議なもので、何と日曜も立て続けに行くことに。集中しすぎである。

結論から書くと、非常にお奨めです。
難点は境内故に22時閉店という早さと、お店の小ささから(本当に小さくて最大26名)、前もっての予約必須ということかな。
あ、体力に自信のない方、高所恐怖症の方は石段もネックか。ただし、こちらは裏手に長い坂があるので、そちらを利用すれば回避は可能です。

タベログではそんなに高いスコアは付いていないようだが、お店の雰囲気と味は非常に良い。まぁ、1回目も2回目も貸切みたいな感じだったので、もし店内に五月蝿い客がいるとちょっと変わってくるのかも知れませんが。テーブル間隔も小さいし。

味の方であるが、『地産地消』であり、全ては東京の食材で出来ている。
ビール、焼酎、日本酒などの飲み物は勿論、食器も都内(文京)から調達している。

正直、『地産地消』というと渋谷辺りの緑提灯のお店であり、安っぽいアイドルのプロパガンダであり、上海にアジアNo1の地位を譲ったものの世界でも最良の食材集積地の一つである東京で、何もわざわざ地産に拘る必要はないよねぇ、とか思ってました。ここで食べるまでは。

東京産、舐めてました。『東京はおいしい』です。

境内は桜が多かったので、春にまた来ようと思います。

T0.jpg
何といっても石段を登らないと始まらない。これがまた異様に急勾配である。

T2.jpg
神社は小さいが、深い森と池があり荘厳な雰囲気で癒されます。

T3.jpg
お店は小さいです。(奥の建物)

T4.jpg
一回目は我々だけで貸切状態に。深大寺ビールと日本酒を。

T6.jpg
2回目も西国立ビールなどを。グラスの飲み口が広がっており、薄くてブルゴーニュ・グラスのよう。口当たりも繊細で、流石に田崎真也氏のプロデュースである。
コメント

凄く雰囲気のある佇まいですねぇ。高所恐怖症は金毘羅さん(讃岐)の石段で克服したので(吹きながら急勾配上り下り)是非とも訪ねてみたいです☆

それにしても、いりーさんは素敵なお店を沢山ご存知ですね!流石です(*・ω・)

  • ハナ
  • 2010/09/14 07:33

了解です。
東京にお越しの際は、連れてってあげますよ。

新しい店を開拓する一方で、どんどん潰れるからストックはあまりないですねー。
多分、流行ってる店より静かな店を好むからだと思いますけど。

  • いりー
  • 2010/09/14 23:25