無職日記:大綱の話


おつかれちゃーん♪
防衛新大綱が一応の決着を見て、市谷の防衛庁では100人程の陸自幹部が大野長官を迎えたとか。
まぁ、人員数の面では今回の変更で防衛庁は食い扶持を減らさずに済んで良かったねって感じです。勿論僕はどうでもいいけど。

ただ、この辺の予算関係は財務省と、武器輸出に関しては経済産業省といろいろぶつかってて面白いですね。

まぁ、今思えば中国の潜水艦騒ぎなんて、今まで当然防衛庁は把握してて、政府としては対中関係や資源問題を巡り政府が攻撃されるのを恐れて隠していたのを、大綱決定のタイミングにあわせて防衛庁からリークしたのかなって感じですね。タイミング良過ぎですよね。
因みに冷戦時代に、よくベアとかバックファイアとかソ連の軍用機が領空侵犯してたじゃないですか?若い人は知らないかもしれないけど。
其の時も、実は津軽海峡をソ連の潜水艦が通過したとか、漁船のレーダーに映るとかいろいろあったらしいですが、遂に表ざたになりませんでしたね。不思議〜。

武器輸出に関しては、曖昧なまま残されたけど、まぁ、中古の防衛艦を解体すんのも金かかるし、いっそ売る方がいいわけで、何かそうはいかんざきさんが反発してるみたいですけど、輸出しちゃっていいんじゃないですかね〜って感じです。僕としては。

武器を輸出すると、国防力が下がるとの指摘を受けてるみたいですが、僕は逆だと思うんですよね。
例えば、アメリカから輸入している自衛隊の兵器ですけど、F−4EJとかあるわけじゃないですか。もう旧式化していて、今回の南方方面強化で那覇空港と首都防衛の百里基地のF−15と交換するわけですけど。
で、『F−4EJのJって何よ?』というとこれはJapanのJで、要するに日本仕様。ドイツ仕様だとF−4EGとかになります。
で、J仕様はどこが違うかというと、核兵器搭載能力や空中給油機能などの専守防衛には不要と言われる機能が外されて、何故か
割高

ふざけんなっ(゚Д゚)て感じですよね。対潜哨戒のP−3 オライオンも、メインのソフトが米軍のソレと格段に落ちるというのは結構、知られている話だったので、おそらく新鋭機もそれなりのレベルダウン仕様を割高で売られているわけですよね。

まぁ、これと同じで、対輸出品には防衛庁の兵器を倒せないような細工やレベルダウンをして輸出すればいいわけで、むしろ安心なのにな〜とか考えちゃいますよね。
そうはいかんざきさんは、その辺に気づいてないのかなぁ。
ドリフだったら『かんざき、後ろ後ろ〜!!』って教えてあげられるのに、残念です。
(・∀・)y━・~~~
 


結構、いい稼ぎになると思うんだけどなぁ。



♪最近話題のブログはこちら♪(ブログランキング)

==※今日の備考(リンク)※===

F−4EJ:ファントムといば『カン・クリ』の『ファントム無頼』ですよね。知らないですか、そーですか。

==相場===
忙しくて全然見てない。やば。。。
推移


 

コメント

抜かぬ剣こそ平和の誇りなんていう台詞ありましたよねー。
小学生の頃に何十回と読んだか。
だって、マンガはそれとプラモ狂四朗しかなかったんですもの(笑)

  • カンクリ
  • 2004/12/12 16:45
トラックバック
この記事のトラックバックURL