無職日記:IBMの話


おつかれちゃーん♪
なんか移動で新幹線乗ってます。
で、『SPA!』は読むけど、酒入っているので最近貰った仕事の資料は読む気がしねぇという状況なんで、もさもさとブログ原稿書いてます。

なんか東京駅をうろついていると、やたらIBMのコンサルティング部の宣伝が目に付きました。何か『○○is ON』とかいう広告です。ビジネス誌とかに死ぬほど載ってます、最近。
先日、IBMの PC事業撤退のニュースが流れてましたが、まぁ、完全撤退とはいえなくても、ブルー(IBMコンピュータの通称。どっちかというとメインフレームだけど。)の時代じゃないので、相当の規模は縮小してくるとは言われていました。つーか、してました。
それが、いきなり完全撤退とはいささか驚きでしたね。やってくれますIBM。で、その身売り先に中国企業の名が今日流れてまたもびっくり。ガセかも知れないけど。
スーパーコンピュータは残るんですよね?米軍とか使ってますけど。
表向きはともかく、これからの世界構造は米中対決になる可能性が 極めて高いので、ここでIBMのコンピュータ部門の身売先が中国だったら、タダでさえ右極化してるアメリカ政府はおもしろくないんだろーなーとか、極東の無職者は心配しちゃう訳ですよ。いや、本当はどうでもいいんですけど。
米国、アーミテージさんとか辞めちゃって、ライス女史とかになって大変なのにねぇ。IBM頑張ってね、ファイトォ!!って感じです。

で、何でこのニュースを今頃拾ってるかというと、PC事業撤退によるコンサル部門の戦略変更がですね、ちょっとだけ、気になるからなんですね。本当はどうでもいいんですけど。

このニュースによってIBMの人たちがドバーっと、整理されるのは見物として、露骨に切れない人材を何だかんだとコンサル部門にシフトした結果、このコンサル業界の人口が増えるのは同業としては非常にウザい。同業っつっても、無職なんだけどね。
参入先、、、というか戻り先、というか、、、まぁ、そんな感じの本命業種なんで、いずれにせよこの業界がヌルい程、僕は安心できる微妙なポジなんですよ、はい。


で、IBMなんですがプライス・ウゥーターハウス&クーパーズを吸収して、力溜めてます。やだなー。
やっぱ『寄らば大樹』だったのか?でもなー、あそこの企業文化がなーっとか、覆水が盆にかえることを考えながら酒のんで時速200キロオーバーで移動中です。
コンサルでのIBMの営業といえば、コンピューターのセールスの延長線で、
『ウチのコンピュータ使ってくれたら、コンサル部分は○○円にしますよ♪』みたいな提案をしていたのですが、これからどうするのか見物ではあります。
まぁ、その為のプライス吸収なんでしょうが、プライスはプライスで、SAPというパッケージのセールスみたいな提案をしてる企業だったんで、どーすんだオマエらと言った感じです。

僕的には、静かに沈んでいただきたい。どうでもいいけど。


さよなら、ThinkPad。
♪最近話題のブログはこちら♪(ブログランキング)

==※今日の備考(リンク)※===
==相場===
集計してないけど、微妙にプラス。
推移


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL