有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『レイヤー・ケーキ』の話

『007』シリーズのダニエル・クレイグが主演であり、『Snatch』の元製作者が監督をしている作品。
両方とも好きな作品なので、期待どおりハズレではない。

作風としては『笑いの要素のないSnatch』で、コミカルなところは無い。(皮肉を込めた会話が面白い、と言えば面白いが。)
その分、速いストーリー展開で全般的に緊張感が漂う。
ダニエル・クレイグはこのときは少し痩せているが、それが却って神経質っぽく見えて同作品にはあっているかも、といった印象。
脇を固める役どころも、『Snatch』ほどのアクはないが、それぞれキャラが立っている。
舞台も、ロンドン郊外の雰囲気が良く出ているし。(あの寂寥感が良いです)

全体としては、肩の力を抜いて見るにはストーリーの速さから無理だが、真剣に向き合うにはちょっと内容は軽い、といったところか。でもダニエル・クレイグ好きは見るべきかと。
コメント