<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

プチ社長日記:『統計学が最強の学問である』の話

先日、著者の西内さんのお話を聞く機会があったので、礼儀として事前に急いで読んだのだが、予想外の名著であったので。
因みに、本人自身も(私より8歳も)若いのに、非常に話がうまく、聡明な印象を受けた。

タイトルこそ大袈裟であり、そもそも学問は『最強』を競うものじゃないだろ、という思いはあるものの、統計学が政治・経済をはじめとしたほぼあらゆる領域にそって今や必須の教養であることは疑いない。データがあるのにそれを分析することなく、経験や勘、専門家(とされる)人の意見を聞くのは時間のムダと喝破する姿勢は非常に好感が持てる。
元フライト・アテンダントとかが書いている、個人の経験を基にした、ちょっと考えたら『因果関係逆だろ』と小学生でもわかるような『エリートのなり方』指南のような嘘本をよんでる時間があれば、是非、この本を読むべきだと激しく思う。(『○○が人類を滅ぼす』系も同じ。)

私の本業であるIT領域も、当然のことながら統計学の影響を強く受けており、『ビッグデータ』関連のトピックを目にしない日はないくらいだ。
当然、この領域にも本書は切り込んで来るのであるが、主旨は非常に明快である。
ビッグなデータをビッグなまま解析することを考えるより以前に、有用な統計学に基づくワザはいくつもあることを指摘し、(基本的な統計学の知識・手法を踏まえた上で)僅か0コンマ数パーセントの誤差を埋めることによるメリット(またはBIによる経営判断の修正)を受けることができないなら、「これからはExadataですよ」なんていうセールスは、まったくもってクライアントの為にならない、というものである。

この点は我々も真摯に向き合う必要がある。まぁ、私自身はビッグデータやってないけど。

また統計学をその発展の歴史にそって眺め、様々な考え方(視点)を簡潔にまとめあげる後半も非常に読ませる内容となっている。
・・・という訳で、私の中では良書なのでお勧めである。

特に『アルシェール』のようなバイアスに満ちた『集計』と糞のような『分析』しかできないマーケティング会社を立ち上げたりするNTTドコモの人間には激しくお勧めしておく。


れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『火車』の話

この手の話はあまり読まないのだが、宮部みゆきさんの選んだ短編集が良かったこと(旅行中は短編集をよく読む)、周囲の評価が非常に高いことから、気になって読んでみた。

なるほど、一気に読ませるだけの名作である。鬼気迫る表現や、一見、無駄に思えるサイドストーリーが確りと最後につながるなど、思わず唸ってしまった。
背景に大阪の三角公園や伊勢志摩の赤福などが出てくるのは若干観光っぽいが、知ってる人間には楽しいのではなかろうか。

余談だが、本旨には関係ないが小さな誤りがあることを指摘しておきたい。
私自身はこの誤りが何かの伏線なのかとワクテカで読んでたのだが、何の記述もなく終わってしまい、「えー」となってしまったので、かえって印象に残る結果となってしまった。

問題の箇所は文庫版で543ページ辺りの倉田の回想シーンである。

賢島のホテルに泊まったんですけど、あいにく、一日中曇ってて、英虞湾に沈む夕日なんて、きれっぱしも見ることができなかったんです。(略)そしたら、夜中の2時ごろでしたかね、喬子が起きて、窓のそばに立ってるんです。声をかけると、月が出てて綺麗よって」(略)「雲が晴れてて、三日月が出てました。」

・・・言うまでもなく、深夜に三日月が出ることはない。




れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『サイコブレイク(ネタバレあり)』の話

どうして時間のある時には何も思わないのに、クソ忙しくなるとゲームしたくなるんだろうな。。。
「家帰って寝るだけ生活」に対するささやかな反抗なのだろうか。

ま、それはそれとして、ただでさえ短い睡眠時間を削ってプレイした『サイコブレイク』。
総時間は20時間ほどかかっちゃった。

決して良ゲーとは言い難いが、結局最後までやってるんだから糞ゲーとも言い難い感じ。
ただ、バイオシリーズと比べると難易度は高く、それなりにゲーム慣れしてないとクリアできないんじゃないかな。
初見殺し(強制イベント)が結構あって、いくら慎重な人でもノーミスクリアは絶望的に無理。
その一方でロード時間が長く、途中セーブが結構前なので戻される感じでダルイ。個人的には7章に嵌ってイラついた。ロード画面見るためにゲームしているような気にすらなる。

システムとしてはまんまバイオ4で、バイオよりも視点が近いのかな?迫力はある分、視界が狭くてアイテムを探すために視点をぐるぐるしまくる必要があるのがダルイ。レスポンスも若干よくなくて、「え?なんで喰らってるの?」というところで攻撃をくらう。

ストーリーもだいぶ無理がある。3層世界になっているようなのだが、そこがわかりにくく、登場キャラクターも、「あれ?結局、あいつはどうなったの??」と解らず終いで消化不良が残る。
加えて、ナイフを所持しているのに、なぜか通常の接近戦では殴るというオプションをとったり、可燃性のガスが充満する工場(銃火器を使用すると工場ごと吹っ飛んでゲームオーバーになるパターンね)に潜入しているのだが、腰にランタンが煌々と灯っている矛盾(最終面の方のイベントで、そのランタンを敵に投げつけたりしているので、バッテリー使用とかでないのは明らか)。。。
ストーリーが破天荒なぶん、こういう細かいところは配慮してほしかった。

捨てる前に最後にパケを見たのだが、「快感」と謳っている割に快感はなかった。
ボスの中でも苦戦をしいられるであろう、「金庫男」と「4本手の女」(仮)だが倒したのかがよくわからん。
事実、金庫男は最終面手前で2体で再出現し、「なんだ、結局やっぱり殺せてないんじゃん。寧ろ増えてるし。」というガッカリな気分になる。倒せない敵なら倒せないなりに、隠れるという選択肢などを用意すれば良いものを、強制的に戦わされて結局倒せないというのは疑問が残るところ。

アイテムの弾数が少ないのは、使いどころを考えさせられるので悪くはないが、考えるあまり、終盤で手に入れた強力なアイテムであろうマグナムを一発も使わずにクリアというのは残念である。俺のミスだが。

バイオ4と同じく武器を強化できるのだが、結局、ラスボスにはマグナムはおろか、これまでせっせと強化してきた武器を使用せず、あまりにも偶然のタイミングで手に入れる超破壊力の武器で戦う展開になるので、武器は雑魚用に拳銃とかを強化するのがベターという結論にクリア後になって気付かされるのも切ない。

まぁ、悪い点は多かったが、中盤まで怖さ感は引っ張れたこと(後半からはただのウォー・アクションぽい)、英語版があったこと(日本語版ではプレイしてないので知らん)が良かったかな。
2週目はやらんけど、という感じです。はい。


れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『アナと雪の女王』の話

■あらすじ
姉ちゃんの暴走を、妹が姉妹愛でナイス・セービング。

■感想
「字幕なしでも疲れず観られる映画」という消極的な理由から、欧州航路やインド航路で見ていた本作だが、気付けばうっかりBDまで買ってしまった自分にびっくり。
「アナ雪旋風」と言われるくらい流行っているので、今更どうこうもなく、エンターテイメントとしては極めてよくできていると感服する。

個人的に気になった点を敢えて言うと、エルサの雪中進行速度が半端じゃない点と、後方不注意な点。
前者は、アナが馬やトナカイに乗っていても追いつかないエルサの爆発的脚力がオカCという話。
そして後者が、自身による妹への全方位攻撃Hitに気付かなかったり、身を挺して庇う妹に最後まで気付かないなど、思わず「エルサ後ろ後ろー!」と全員集合のように叫びたくなるほど後方不注意な点である。

ま、エンターテイメントなんで、野暮な話ですが。
れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『風立ちぬ』の話

■あらすじ
堀越次郎の功績+堀辰雄のロマンス

■れびゅー(というか感想)
案外、宮崎駿監督作品でないジブリ作品が好きな私だが、その理由はあまり荒唐無稽なキャラや話には感情移入しづらい為である、と思う。主人公も少女だったりすると、その分、違和感は大きくなる。
ところが、この点は日本男性が主人公で、空想のキャラクターは(夢の世界以外では)出てこない。
豚よりも感情移入しやすいのは当然ではなかろうか。

背景も、碓氷峠のアプト式鉄道や軽井沢(多分万平ホテル)、横須賀の戦艦長門が出てきて楽しい。
特に戦艦長門は大きく2回、煙突の形状が変わっているが、時代考証もばっちりで、当時の屈曲煙突が描かれている。
堀越氏が初めてチーフとして設計する七試艦上戦闘機も見ごたえがある。
フィクションと現実のバランス感覚、この辺は相変わらず素晴らしい。

問題となった喫煙シーンは、成程よく出てくる。
しかし、アニメの煙が人体に害を与えるわけはなく、当時のキャラ設定の都合なので、正直これをどうこういう人たちの気がしれない。ついこの間まで東海道線などでは普通に煙草が吸えたのだ。過去を映像化しようとすると煙草が頻繁に登場するのは当然である。

どちらかというと、ロマンスや戦間期という微妙な時代の話ということで、(喫煙シーンも含め)ほのぼのした子供向けではないことは言えることから、そういうものを期待していた方々には、なるほどショックだろうなという理解はできる。

私にとっては、そういう意味でこれまでの宮崎駿監督作品とは一線を画した、共感しやすい作品であったので、非常に楽しく拝見させていただいた。
お勧めである。

れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『旅館再生の教科書』の話

今年2回目の大雪の日に開催された、著者のホームパーティーの場でいただいたので。

南原氏は『マネーの虎』で有名な方で、(とは言っても私はテレビを全く見ない人間なのでタイムリーに知っていた訳ではないが、)ロータスやMGローバーの日本輸入などを手掛け、今では沖縄レンタカーや飲食業などいろいろやっている方である。

本書は氏が買収し黒字転換させた旅館『呼帆荘(こはんそう)』の記録をもとに、旅館業についての考察を交えて記された本である。
まぁ、理論云々が先行するより実体験に即して書かれているので、読み物としては面白い一冊になっている。
ただ、最初の方で『全国旅館の90%が赤字』と謳われていて、それは事実なのだろうが、『それでも再生はできる』というプロットには若干、違和感を覚える。

旅館というのは家族経営色が濃く残る所が多い。星野リゾートなどの大資本で運営されているのは数としてはまだまだ少数派である。
つまり、節税の為に『わざと赤字』としている旅館が多数存在しているのである。
『それらは間引いて見る必要がありますよね』と指摘すると、ちょっと考えて『でも、恒常的な赤字だと銀行が金を貸さないでしょ』との回答であった。

事実は、少し異なる。
旅館のような、それなりに規模の大きい施設で稼ぐ業態は原価償却の額が大きく、会計上は赤字であってもそれらは帳簿上の金額であって、実際の金が出て行っている訳ではない。
銀行が着目するのは現金の流れなので、フローが(金利を捻出できるだけの)プラスだと金を貸す。逆に、そのフローがマイナスだと、たとえ担保が十分残っていても、そのマイナスが臨時的なものであるという説明がつかなければ回収にかかる。
つまり、このカラクリ無くして『全国旅館の90%が赤字』という異常事態が、そもそも発生し得ない。
そこまで赤字の旅館が多くなる前に、潰れるからだ。

無論、『全国旅館の90%が赤字』という事実は、本を売る上でのキャッチコピーとして有効だと思われるし、著者がそのことに気付いていない筈はないと思うのだが、読み手としてはその辺を踏まえた方がよいだろう。

節税の為に利益を出さない、というのは健全な姿勢ではなく、こういう守備重視の経営姿勢が根付いていしまっている状態こそが問題であろう。
補助金が出るから農業やった方がいいですよ(やってるフリだけでもした方がいいですよ)、というのと似ていて、テクニックとして使用することはあっても、それを前提に経営方針を決めるべきでは、無論、ないのだ。

そういう意味で、いみじくも著者が指摘しているように、『当たり前のことをやる』ことで更に儲かる旅館も多くあるはずだ。
その経験談としては本書は読ませる内容となっているし、自分の棲む業界に照らし合わせても、示唆に富むと思われる。
(話を聞いてて一番面白かった、買収価額決定の顛末などが記されていないのが残念ではあるが。)
れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『陽だまりの彼女』の話

最近、白石一文の著作を読むようになったのだが、どこに行っても『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』の下巻が手に入らない。
ネットで買えよ、IT系だろと言われても、本でも服でも買うプロセスが好きな私にはネットは味気ない。もう少し探してみようと思う。

とは言え、何か軽く読めるものを、と思い手に取ったのが本書。
帯に『それは、一世一代の恋(うそ)だった』とあるように、ネタバレすると面白さが激減するので詳細にかけないが、主人公が中学生の頃に抱いた、恋とはいえない気持ちから26歳で彼女に再会し、恋愛に疾走する甘い文章は、通常なら食傷気味になるところだが、彼女の不思議なキャラが気になるように伏線が張られ、最後まで読ます。あとがきにも同様のことが語られているが、正直、素直にそう思った。
こういう、思いがけない良書に出会えるのが、書店で本を買うときの楽しみのひとつだ。
れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『かみにえともじ』の話

所謂、文章を書くのを生業としている人ではなくて、ちょっと外れた人の書く文章というのが好きだ。
本書は漫画雑誌『モーニング』のコラムである。
今思えばこのコラムが始まった頃に私は『モーニング』を読み出し、このコラムが終わった頃に読まなくなったので、『モーニング』購読は正にこのコラム目当てだったのかもしれない。
実際、まっさきに目を通していたし。

本書は劇作家(劇団『本谷有希子』主宰)、演出家である作者のコラム(もじ)と、これまた視点を斜め上の方向に持っていくには傑出している、えのもと氏の漫画(え)による頁(かみ)であるが、この絵がまた絶妙で文章に深みが添えられている。

もともと同種の業界にいる鴻上尚史氏の『ドン・キホーテのピアス』というコラムも愛読していたので、もしかしたら劇作家・演出家というのはもともと文章が面白いのかも知れない。
もしそれが事実なら、この種の人々は人間をよく観察しているからだろうな、と思う。他人だけでなく自分をもよく見つめ、悪く言えば自意識過剰なのだが、そこまでつきつけるからこそ、面白い作品を生み出せるんだろうなぁ、と合点がいった。

本コラムは3年半の長きにわたる連載だったが、クオリティを維持しているのが素晴らしい。お時間あれば、是非。
れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『34歳無職さん』の話

私のこのブログは、もともと『無職日記』というタイトルであった。要するに無職な日々を過ごしていたのだ。
ふらりと寄った書店で、タイトルと絵のタッチが気に入ったので購入。
しかし、てっきり男性だと思っていた主人公が女性と判明し1ページ目から衝撃を受ける。何と言うか、歌だけ知っていた山下達郎氏を初めて写真で見たときに誰もが感じるであろう、自分の思い込みの激しさを恥じ入る一瞬だ。

ところで、男性の無職と女性の無職ではどちらが風当たりが強いのだろうか?
私自身は男性なので、どうしても前者だと思ってしまう。世の中には『家事手伝い』というポジションがあるらしいが、『それって無職でしょ?』といつも聞くたびに心の中で突っ込みを入れてしまう。最近は男性もそういうポジションを名乗る人もいるらしいが、今までは女性しかそのポジションを名乗る人をみかけなかった。(私の周りだけかもしれないが。)しかも、だからといって特別に料理ができるわけでもないケースが多い。そんな時には『手伝い』つまり支援遂行が可能なのか問い詰めたいとチラリと考えてしまう。
別に『家事手伝い』が悪いと思ってるわけではなくて、それも無職に含めるというのなら、既に結構無職が多くて、社会もそれを容認している、ということかなと。実際、『親が(変な仕事をするくらいなら)働くなと言ってる』という、無職の持つ後ろめたい気持ち、、、それが逆に甘美だったりするわけだが、、の欠片もないケースも目の当たりしている為、そう思ってしまうのだ。私は前時代的なのだろうか。
個人的にはむしろ、ストレートに『無職です』と言う女性の方が好感が持てる。特にこのケースのように一人暮らしであって、家事は『手伝い』ではなくて主体としてこなす必要がある立場である故、社会適応スキルは高いと推測し得るケースは尚更だ。
因みにこの主人公(最後まで名前がわからないところがイイ。2巻以降で明らかになるのかも知れんが。)は、失業保険の受給もしているので行政上も失業者である。筋金入りでカッチョイイですね。

・・・話がそれた。
本書であるが、主人公は特に何もしない、隠者のような平穏な日々を過ごしている。恋愛をするでもなく、淡々と日々を送る。そこにリアリティがあって素晴らしい。作者も無職だったとのことで、その体験がなせる技であると共感する。大学時代のような、社会から与えられたモラトリアムではなく、自分の判断で選択するモラトリアムには、何かしら意味を与えようとするものだが、見事なまでに何もしない。何もしないので、何も起こらない。
そして、いろんな妄想を通じて内面を掘り下げ、向かい合っていく。そのような時間をとても愛おしく、丁寧に描かれていると思う。

・・・一方で、偶然だが私は並行して、沢木耕太郎氏の『深夜特急』を読み返していた。同じモラトリアムでもこちらはユーラシアを股にかけた移動や人々との出会いの中で、自分を見つめていく。静のモラトリアムと動のモラトリアムの対比とでも言おうか。その対比を通じて楽しめたのは僥倖であった。
どちらも魅力溢れる時間が描かれていて羨ましくなる。


・・・まったく纏まりのない話になったが、お勧めです。
今の私は無職じゃないので、当然明日も仕事です。なもんで寝ます。
れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『アーマード・コア后戮力

※ゲーマー以外、スルー推奨。
暫くゲームから遠ざかっていたのだが、時間があったので。
まぁ、レポート書いたりしてましたが。
アーマード・コア晃式サイト

マルチプレイは自由度が高いので、例によってシングルプレイで評価すると、ストーリー・モードは9面と面数こそ少ないが、各面は比較的長く、プレイしがいがある。
一方で、ストーリーがイマイチで、ナレーション(薫聞漾日本語なのだが)も良い出来とは言えず、全体が見えない。
(「主任」がどうしてそんな力を手に入れたか?などの説明がない)
これはオープニング映像にも言えて、断片的に美麗なカットが挿入されても、イマイチ何が言いたいのか判らない出来栄えである。
ORDERミッションとかで出てくるゾディアックとかいう敵キャラも、キャラそのものはACなので登場の演出がキモなのだが、結局、納得感のないまま終わる。

キャラデザインは従前(靴虜◆砲里發里鮹韻望絏2/3に圧縮したような感じで、かっこ悪くなった感じ。
何よりキャノンを構えるときに視点変更が入るようになったので、二脚型のような構えが必要な脚部は使用しづらくなった。
ダブルトリガーができるという点でも、中盤移行はずっとタンク型の力押しでプレイを続けた。正直、重量二脚は意味が無い。
たまに敵がタンク型で力押しのものが出てくるので、その際は中量以下の遠距離狙撃型に交代するので十分である。

正直、シングルプレイだけで購入するのはお奨めしない。
れびゅー | permalink | comments(0) | -
| このwebを『はてな』ブックマーク |




+ ARCHIVES +