有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『雨の中、縄文杉を見に行った』の話

ワーケーションであります。
前から思っていたんですが、「リモートワークってどこでやっても一緒じゃね?」と思っている輩はやはり多いらしく、緊急事態宣言解除後は温泉その他で過ごす人も出てきたようです。
かくいう私も屋久島に行ってきたクチなんですけどね。
終業後に鹿児島に移動し、翌日の昼飯後の時間帯にシレッと屋久島に移動さえしてしまえば、誰も屋久島にいるとは気づかない。(別に気づかれてもいいのだが)

勿論、それなりに忙しいので日中はまじめに宿に籠って仕事をします。
で、夜になったら飲みに出かける、、、はずが、18時50分が最終バスであり、飲み屋があるような街までタクシーで片道5,000円也、辺りは真っ暗、そして雨、というコンディションで平日はずっと宿で過ごしておりました。
いや、マジで仕事しかできることがないんですけど。まぁ、これはこれでいいんですけどね。

・・・なので、週末を待ち、唯一自由に動ける土曜日に唯一にして最大のイベント(唯一なんだから当然だが)、縄文杉訪問に全集中。思わず水の呼吸になります。

けれど、雨。というか、九州の方は大変なことになってるらしい。つまり、相当強い雨。
東京ではコロナがぶり返して、緑のおばさんが外出自粛めいたことを再勧告したとか。遅いよ、戻りたくても戻れないよ。
そして荒川登山口までのバスは雨の為、運休。
いろんな要素が外出を禁じているが、ずっとホテルに缶詰めだったのでとりあえず行くだけ行ってみることに。

安房という街までバスで出て、タクシーの運転手と相談。
「上の方は意外に雨、少ないんじゃないかな」という言葉を信じてGo!!
途中、ゲートが閉まってて「おや、これは無理か?」と思ったのですがおっちゃんが明けてくれて先に進めることに。
つまり、本日の一番乗りです。7時過ぎてるけど。

DSC_0113.JPG
荒川登山口には森林軌道(トロッコ)の始発でもありますが、普段は運転していないようです。
車庫の車両はこんな風だし。
DSC_0114.JPG

とりあえずこの軌道にそって大株歩道までの道のり(片道8.1km)を歩きます。雨の中、淡々と。
雨が続いているせいで地盤が緩んでおり、警戒は必要なんでしょうが、この軌道の真ん中には踏板が整備されていて、歩きやすいです。いや、これ整備した人の偉業に頭が下がります。
DSC_0119.JPG

DSC_0125.JPG

そして大株歩道入り口。本当はここに朝10時までに着かないといけないらしいのですが、10時半頃到着。
DSC_0132.JPG
因みに、写真右手の方から登ってくることになります。

で、ここからが本番。縄文杉までは2.5kmまでしかないのだが、既に登山道が川のように。
DSC_0142.JPG
でも、なぜかハードルがあがると燃える性格。
結構、縄文杉は女性に人気のあるスポットなのか、過去に『縄文杉行ってきたのー♪』という女性には何人か会っているので、たとえ激しい雨でも『あ、ボクは無理でした』と言いたくない気持ちが私の背中を全力で推します。

そして大株歩道から入って最初の目標、ウィルソン株。
DSC_0143.JPG
株の中には小さな祠があり、掌を合わせます。
そして株の中からは小さな泉が沸いています。
DSC_0145.JPG
切り株から見上げた様子。輝いて見えるのは雨がめちゃくちゃ降っているから。
どうもこの見上げた景色がハート型に見えるとか聞いていたのですが、ロマンスに溢れる人々の妄想だったようです。

で、その後は大王杉を目指します。個人的にはウィルソン株と大王杉の間の1.1kmが一番きつい。
因みに、ここまで誰一人会っていません。ずっと一人。
もはや気分はリアル・デス・ストランディング(ゲーム)です。
ここで初めて、ポーター、、じゃない登山者3名とすれ違いました。
前日に新高塚小屋に宿泊した人たちです。
そして大王杉を過ぎ、今度は夫婦杉の横を通ります。この時がちょうど正午ごろ。
【夫婦杉】
DSC_0149.JPG
大きな杉がそばのやや小さい杉の肩に手をかけているようで興味深いです。
もうこの頃には雨が激しさを増して「もしかしてヤバいのでは。。」と思い始めたのですが、あと数百メートルの筈なので進みます。そしてついに雷が。ヤバい、雷はヤバい。でもやり過ごす場所ないんですけど。

・・・そして縄文杉。
DSC_0158.JPG

昔は根本まで行けたそうですが、2つの展望デッキからの鑑賞に制限されています。
まぁ、大事な自然なのでみんなで守る必要があるのは当然ですな。
でも、やはり圧巻で、思わず掌を合わせてしまいます。
実はこの時が(遮るものもなく)雨のピークで、雨粒が痛いほど。縄文杉を見上げるのも辛い雨足です。
写真ではちょっと白っぽく映っているだけですが。

本当はここで待望のお弁当ですが、踵を返し、元来た道を戻ります。実は縄文杉の写真を最後にスマホのカメラが壊れてしまいました。一応防水なのですが、以前に落とした亀裂から浸水したらしく、まぁ、そのくらいの雨です。なので、復路の写真はありません。
そして、リュックの中で厳重にくるんだSurfaceもやられてしまいました。前回、ジブチの砂漠で壊れてから日も浅いのに。。。(Surfaceは修理に出しても事実上、交換になります)
ちょっとSurface保護対応は今後の課題ということで。

往路ですでに川のようだった登山道は、さらに激しさを増しております。
幸い、雨は穏やかになってきました。
雨の中ではありますが、濡れながら弁当を食べます。味ではなくエネルギー補充のため。
そして大株歩道入り口まで戻ってきました。ここまでくれば一安心。
ここで本日2組目にすれ違います。
こちらは今夜、山小屋に泊まる人たちです。
聞いたわけでもないのに、なぜ知っているかというと、登山バスが運休で皆、タクシーで登山口まで来ており、タクシーの運転手が連絡を取り合ってるからですね。
本日の日帰り登山は私一人だったので、私のことも話されているのでしょう。

帰りは下りなので速く、特に問題はありませんでした。

屋久島の自然は本州のそれとは違った見ごたえがあり、非常に見事で1日をかける価値は十分あります。
加えて、険しいながらも要所要所で登山道を整備するスタッフと、ゴミひとつ見られない他の登山者の登山者魂に感銘を受けます。
こういった人たちのお蔭で、ここの自然は守られているんだなと、素直に感動できます。
できれば、また来たいですね。

スマホとパソコンは壊れてしまったけど。

プチ社長日記:『本日のDMM英会話』の話

割とDMM英会話の話を書いてるので、DMMの回し者みたいになってますが、亀山会長とはお会いしたことはあるものの、絶対向こうは私のこと覚えていない自信がある、そんな程度です。つまり関係ないやんけ、ってことです。

さて、本日の先生はアンティグア・バーブーダ人でした。


どこやねん、それ?

国旗みて「あー、なんだかあったかも」と探り探り話をする私。
東カリブ諸国機構(OECS)の一員だそうな。
OECS =Organization of Eastern Caribbean States +There are nine member countries who make up the OECS. Antigua Barbuda, St. Kitts, Nevis, Montserrat, Dominica, St. Lucia, Grenada and St. Vincent and Grenadines

そしてやはり話題はコロナ。もうこのトピック避けたいんだけどね。

Antigua 26 cases, 15 recovered, 3 deaths, 1 critical
26人感染だそうな。人口10万人だからそんなもんすかね。3人死亡は多いけど。
一方で、隣のセント・ルチアは死者ゼロだそうな。

curfew = 7pm to 5am
今回の騒ぎで外国人と話す際のキーワードがcurfew(外出禁止令)。
夜は出歩くなっていう程度だそうな。割と緩い感じですね。

ただ、カリブ海諸国は何しろメインの産業が観光業なので、仕事がなくて途方に暮れているそうです。
まぁ、そうだよね。

最後に、「海賊でもやったら?」とボケてみましたが、全く通じなかったことだけ申し添えておきます。

現場からは以上です。


プチ社長日記:『47歳になりました』の話

まぁ、誕生日になったのはプレイ中のゲームで知ったんですけどね。
さすがコジマ監督、芸が細かいですな。

【誕生日を教えてもらう】
DSC_0029.JPG

この「デス・ストランディング」というゲーム、大手町の喫茶店の兄ちゃんにも勧められて始めたのですが、さすがに名作かと。
評価は分かれるゲームですし、私も話が見えるまで序盤で挫けそうになりました。まぁ、英語選択したのも災いしましたが。ストーリーの難易度高いですし。

でも、ちょうど誕生日になったことですし、ここらでこのゲームは止め時かと。(クリアは既にしている)

【最終成績】
DSC_0030.JPG

さて、47歳になりました。
不確実性が増す世の中ですが、だからこそ退屈もしません。
悔いなき人生を過ごしたいですね。

プチ社長日記:『ハロウィンに仮装しないんですか?と聞かれて』の話

普段の生活がむしろ仮装(厨房)

プチ社長日記:『ある宴にて』の話

先日は、横浜でオンラインコンサルタントを経営している盟友、後藤女史の華燭の典にお招きいただきまして。
式でて耶蘇教徒でもないのに讃美歌歌って、披露宴も呼んでいただきまして。
会場はアニヴェルセルと聞いていたので、表参道のビルが思い浮かんでいた私は横浜会場のそれの豪華さを目の当たりにし、「ご祝儀上乗せすべきだったか?」とか思ってた訳なんですが。

まぁ、何ですね。46歳(後藤女史はもうちょっと若いよ!)にもなると結婚よりも離婚や再婚の方が多くて、肩の力の抜いた式が多いんですが、初婚で国内挙式だといろいろありますわな。
披露宴の円卓は右隣がバングラデシュでアマデールという会社を営むこれまた盟友の抜水氏。来られるかどうか微妙と聞いていたので、ボッチ回避確定で安堵にございます。

同卓に国際経済の新宅教授、及び同ゼミOBの方々。あぁ、後藤は新宅ゼミだったか。
後藤女史はゼミのマスコット・キャラ(アイドル・キャラではない)として愛されているようで、共通の話題で卓を温めるのは大人の嗜みでございます。

で、私の左隣の御仁、口数少なく、クルマできているのかアルコールも口にしない男性が遠慮がちに

(・ω・´ )
「お仕事は何やってるんですか?」と聞かれるので、

( `・ω・)
「あぁ、ケチな会社を営んでおります。あ、私の右隣の抜水さんはバングラディシュで会社経営してるんですけどね。まぁ私の場合は超零細なんですけどね。思うに貴方も会社経営者とお見受けしましたが?」

(・ω・´ )
「あ、、、まぁ、そうですね。」

( `・ω・)
「やはり。いやぁ、お互い大変ですなぁ。」


とか言いつつ名札に目を落とすと、そこには「笠原健治」の文字が。
おいおいおいおい、Mixi創設者やがな。
スカウターでいうと2桁は違いまっせ。なにが「やはり」やねん。。
思わず顔が松重豊さんになるワイ。


でもご本人はとっても気さくで話しやすい方でした。
(ご家族の写真も見せていただきました。)


教訓:自分の物差しで人を測ってはいけない。

プチ社長日記:『エクスペディア(expedia)のシステムこれでいいんですかね。。』の話

海外約100ヵ国と地域(台湾とかチベットも集計対象とする)を回っている私にとって、エクステペディアさんは良く利用するシステムで、毎年ゴールド会員なわけですよ。

航空券単体ならスカイスキャナーなど他の優良サービスもあるのですが、宿も含めて総合的にみると(特に辺境の地域の宿など)はエクスペディア凄いなー、とか思う訳です。
まぁ、宿に至ってはパキスタンやジョージアで既に在庫ないのを売りつけられたりしたのですが、その時も誠意のある対応をしてくれて、「あぁ、いいサービスだな」などと思っておったのです。

ところが先日の航空券のチケット予約の際にトラブルおきまして。この手の予約システムは仕様に明るくないのですが、さすがに「これどうなの?」という状況なので注意喚起しておきますね。

■経緯
.アランプール経由のアディスアベバ行きの往復チケットをブッキング。すぐに確約のメールが来る。
⇒眛、担当から電話が来て「チケットは取れてませんでした。でも今なら無料でキャンセルできますよ」と言われる。(別にキャンセルしたいわけではないのだが。)
上記は航空会社へのIFタイミングによるもので、エクスペディア側の瑕疵であることを確認。
ぐ豈、システム業界の話になると優しくなるワタシ。そうかじゃあ仕方ないねと検索すると、在庫がまだあるじゃないですか。さっそく予約。
コ量鵐瓠璽襪来るも、旅程を見るととれていない模様。いや、厳密にいうと、中途半端にとれている。何故か往路のみで、しかもクアランプールでなくてソウル経由になってるww。今度は先方からメールも電話もない。
Δ海舛蕕らコールセンターに連絡し、状況を確認するとやはり中途半端にしかとれていないのでキャンセルしてもらう。
ШE戮亙綿悗罵縮鵝3量鵐瓠璽觴領。でもやっぱり中途半端にしか取れていない模様。
⓼連絡こないので、こちらからコールセンターに連絡し、状況を確認するとやはりとれていないのでキャンセルしてもらう。
結局、Г⓼を他の便でも何度も繰り返し実施している内に、今度はカードの与信枠が埋まってしまう。(学生の時からのグレード最低のカードを愛用の為、すぐ埋まるww)
カード会社に連絡すると、エクスペディアに連絡しろという。
エクスペディアに連絡すると、与信枠解放はできないので(まぁ、そうだろう)3日待てと言われる。一方で発券できないのに与信枠をとったのはエクスペディア側だと認める。

というわけで、46歳にもなってカード破産した人みたいにカード使えないんですけどワタクシww


エチオピア航空/マレーシア航空のシステムに非があるのなら、「ま、しょうがないな、エチオピアだし」で納得するのだが、肝心なところでエクスペディア側がシステム不備を認めるものだから、話の持って行きようがない。
コールセンターの人にシステムの仕様を理解させるのは難しいかもしれないが、エクスペディアの業務的にここがキモなのは間違いないので、業務移行や教育担当になったらここは重点的に実施された方がよいよな。

口の利き方を知らない担当は、仕方ないにしても。

※その後、先方のマネージャーさんから電話をいただき、改善点について話しました。
(1万円のポイント付与を提案いただきましたが、お断りしました。)


プチ社長日記:『31歳と46歳で』の話

定点観測地の上海で昔の写真と比べてみるんゴよ。
【31歳】


【46歳】


31歳のときは会社やめて、サイト運営とかやってた頃ですね。日本株のトレード経験を最も積んだ時期でもあります。株は20代前半からやってたんですけどね。
結局、その後の生活の中心はコンサルに戻っていくんですけどね。
46歳の私ですが、結構、メインクライアントの契約上の建付け変更の影響を受けそうで、初心に戻って手探りでやっていく時期になりそうです。つらいのぅ。

プチ社長日記:『なんだかなぁ』の話

「今年1年、何に一番驚いたか」という年末に相応しいテーマで飲んでいて、
知人達が「トランプ大統領誕生」や「ビットコイン」の話をしている中、
私が正直に「最近、4cmのハナゲが抜けた」話を披露したところ、
どうやってそんな超ド級ハナゲが抜かれず育成されたのか、
どのように格納されていたかの議論になり、
「あぁ、なんだやっぱりお前らもハナゲの話好きなんじゃん」と
大いに安心する年の瀬を過ごしています。

みなさんも良いお年を。

プチ社長日記:『DUNKIRK』の話

『DUNKIRK』を見たのだが、‥┐全く出てこない(最後にうすらぼんやり影が映る)、台詞が激少ない ということで異色の映画だった。
また、3つの時間軸で進み、最後に交差する辺りが、3階層の世界を構成する『インセプション』と相似形でクリストファー・ノーラン監督らしさを感じる。
この2作品を並べて観るのはお勧めだが、もうひとつ、『つぐない』も観ることもお勧めしたい。
https://youtu.be/QijbOCvunfU
こちらにもdunkirkの映像、それも5分にわたって映るシーンは圧巻だ。雰囲気としては、過去の資料を当たる限り、こちらの方が近そうである。(映画『DUNKIRK』は撤退戦の混乱がすっきりしすぎている感じ)
史実としてのダイナモ作戦は、民間の舟による救出より、桟橋経由での駆逐艦乗船などによる避難が多かったということを差し引いても、いずれも名作と呼べる出来かと思う。という訳でお勧めである。

プチ社長日記:『三つ子の魂フォエバー』の話

時間くっそ無いのに、シャーロックホームズのゲームを買ってやり始める。
通信主流の時代にあって、じっくり楽しめる据え置き買い切り御一人様仕様、もうこれはワイ仕様と言って過言ではない。
HDD16G?いいよいいよ、ワイはTV見ないし録画もないし、スカスカでござる。

ゲーム自体は簡単である。今のところ。まぁ、アクションでもないし。

ただ、無駄に英語版でプレイしており、ところどころ英語で躓くことによって、ほどほどの難易度に仕上がっているところが絶妙だ。

難点といえば、英語でやると「勉強してますから」というエクスキューズ成立により4時までやってしまい、朝8時半の会議(英語の会議なのだが)に遅刻しそうになるぐらいである。

という訳で、ワイ自身には激しくお勧めだが、通信で友達多くて英語も上級な人にとっては超絶クソゲーという評価の可能性も拭いきれないので自己責任で。

頑張れワイ、眠気に負けずロンドンに平和を取り戻せ! 豊島区民だけど。