有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『構造計画りたーんず』の話

過去のエントリから幾星霜。

やりすぎだ。
何、この典型的フラッグは。

12月後半から仕事を受注しそうな感じだが、また働く気なくしそう。

♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

プチ社長日記:『インフレ来る』の話

日銀に対し、量的緩和政策解除を踏みとどまるよう、政府は圧力をかけている。
これは日銀の中立性に反し、好ましくないことである。

もっともプリンス福井総裁が政府に迎合しがちなので、政府の思惑どおり運びそうだが。

なんか日経が異常に強い。嫌な相場だなぁ。
そりゃ株は上がるほうがいいけどさ、こんなゼロ金利の状態であがってもねぇ。上げるだけ上げといて爆下げだけはマジ勘弁。

デフレに戻るのも嫌だけど、実体経済はともかく相場はすでにバブルですぜ。
だけどみんなが強気なら乗らなきゃソンソンで激しく迷う。

・・・とか思ってたら
実体経済でも激しくインフレキター!



インフレ

元ネタ:株板あぷろだ



♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

プチ社長日記:『名脇役、USEN様に注目』の話


(NIKKEIより抜粋)
USEN常務「ベイスターズ買収問題、交渉の事実ない」(2005/10/20 16:40)

 USEN(4842)の佐藤英志常務は20日、2005年8月期決算の発表会見で、TBS(9401)が保有するプロ野球球団「横浜ベイスターズ」の買収に関する一連の報道について、「売りに出されている事実はなく、交渉に入っている事実もない」と述べた。

 佐藤常務はプロ野球について、「従来からコンテンツ(情報の内容)としての興味を持っていた」と強調。「ある程度の投資をしても価値ある。(試合の放映権料を買うよりも)自らハンドリングする形の方が効率的」と続けた。既存のプロ野球団が売りに出された場合に買収を名乗り出る可能性については、「売りに出るような状況になれば」とした。

 一方、ベイスターズに興味があるのかとの質問に対しては、「ベイスターズにも」と返答。「今はたまたまベイスターズが話題になっている。ベイスターズにこだわっているわけではない」述べた。〔NQN〕

素晴らしい。さすが半島伝来大阪出身荒くれ軍団USEN。
ライブドア・楽天が世の中を賑わす中、きっちり自分の仕事をこなすUSENの落穂拾い的な活動に感動を禁じえない。
劇場というおのは、脇役の存在によって輝きをもたらすのだなぁ、と しばし感慨に耽った。

USEN様が自分で情報をリークして自分で否定して世の中に U・S・E・Nの存在を知らしめているなんて、そんなことはあるわけない。誰だそんなこと言ってる奴は。はっはっは。

近鉄の買収劇にあたり----------
.薀ぅ屮疋△パイオニアとなる
皆からクレームを一斉に浴びる(でも、メディアに露出できてウマー(゚Д゚))
3敕掘∋位效が興銀時代のパイプを使いうまく纏める(でも、やってることはライブドアと同じ)
こ敕掘ウマー (゚Д゚)
USEN、近鉄や西武の買収に動くという情報出るが、『交渉の事実ない』→メディアに露出できてUSEN、ウマー (゚Д゚)

ニッポン放送、TBS買収劇にあたり-------
.薀ぅ屮疋△パイオニアとなる
皆からクレームを一斉に浴びる(でも、メディアに露出できてウマー(゚Д゚))
3敕掘∋位效が興銀時代のパイプを使いうまく纏めようとする(でも、やってることはライブドアと同じ)
こ敕掘ウマー か? ←今ココ
USEN、ベイスターズ買収に動くという情報出るが、『交渉の事実ない』→メディアに露出できてUSEN、ウマー (゚Д゚)


く。。。ここまで皆が皆、自分の役割を演じているのに何故、僕は気付かなかったのだろう。。余裕で待ち伏せできたじゃねーか。。。僕スクラップ!?

♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪
 

プチ社長日記:『東京三菱、消火活動完了!』の話

ある相場仲間が『うわ、何かめっちゃエロイ〜♪』と大絶賛の三菱UFJフィナンシャルグループのマーク。

想像力の世界
さすが、100万単位の損切りを眉一つ動かさず実行できる人間だけあって、何を考えているかわからない。

で、随分前からヲチしておきながら、あまりにも見事な消火活動っぷりにヲチしていたことすら忘れていた東京三菱銀行の派遣社員による横領事件その後。

結局、派遣元のダイアモンドスタッフ・サービスも東京三菱もサイトトップページに『バレそうだから自分達から事実を公表しました。いや、わりぃわりぃ。』みたいな謝罪コメントの記載もなく、派遣社員(派遣元といっても東京三菱100%出資)による10億円横領事件は何事もなく消火完了。見事な火消しっぷりだ。

いや、官に愛されてる企業ってすばらしい。小銭を横領したシティバンクのその後の金融庁による粘着追撃なんかと較べると雲泥の差だ。

で、ちゃんと金融庁との約束どおり9月26日に業務改善計画が出されていたので目を通してみる。
 

元ネタ
以下、骨子と感想。
.灰鵐廛薀ぅ▲鵐垢房茲蠢箸犒弍鳥兩の明確化
非常に味わい深い。
『経営陣が率先垂範して不祥事件の再発防止策、内部監査の実効性向上を実施することを通じて』って、その再発防止策は何なのだと問いたいところだ。それを先に書け。
コンプライアンス委員会が具体的に何するのかも不明。
でも、『とりあえず俺達取締役がんばってます』感を出すために1番目にリストアップされるあたり、三菱らしくてとっても素敵。

抜本的な不祥事件再発防止の策定による全校的な法令等遵守態勢の確立
これが対応の肝ですな。前半は基本的な犬の飼い方が書いてあるだけで、オマエ今頃何言うとる感ただよった。しかし、後半で具体的に組織を見直しているところの記述は好感。
結局、ルールというものは作ってるだけでは駄目で、ちゃんと組織として責任を明確化して対応しますと言っている。大企業では基本だが。
次回、同様の不祥事が発生した暁には、スタッフ管理部・内部監査室・コンプライアンス統括室の責任者が詰め腹を切ることとなり、部外者はワクテカで事の推移を見守ることができるわけだ。

ところで、結局今回の不祥事、誰か相応の人間が責任とったんだっけ?

F睇監査機能の実効性確保
犬の飼い方以前に、『ルールというものをどうやってブン回していくか』ということの基本が書いてある。
逆に、『今までそんなこともやってなかったのかよ』感漂うところがゴイスー。さすが三菱。
つまり、『今まで監査プログラムは存在していたわけだが、作っただけで安心していて全然見直してませんでした宣言』に等しい。
やっぱり業務改善計画とかいって、 ↓△世韻任麓笋靴いら食後のデザートよろしく口当たりの良い言葉で纏めようという深い深い配慮に感動すらおぼえる。
さすが三菱。
の内容を纏めると『がんばります』と言ってるだけのような気がするのは、やっぱり気のせいなのだろう。

♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

プチ社長日記:『東京三菱の犬が何かやってる』の話

以前、NTTドキュモの犬としてドキュモ株主を嘲るような会社(アルシェール)を指摘したが、日本の冠たるメガバンク、東京三菱銀行も犬の飼い方を心得ていないというニュースが飛び込み、非常に清々しい週末を過ごせそうだ。
やはりこうでなくては。

今後の鎮火作業を生暖かく見守りたい。

<元ネタ>
東京三菱銀行派遣社員10億着服

気になる点をいくつか。

〇件は5月に発覚していたが、何で今頃表沙汰になったのか?
派遣社員っていうけど、どこなのかがあまり情報が出ていない
B弍の告知がない
あたりかな。

,砲弔い討蓮UFJとの結婚を控えた配慮であろう。行内で『やべーっ』と発覚したのが5月なので、結婚前のダンナとしては過去の不祥事は式が済むまで隠したいわな。現在の合併進捗はシステム面での課題を残すのみなので、今から表沙汰になっても影響はないだろう。

△亡悗靴禿豕三菱の言い分は『派遣社員のやったことで、管理上のミスは認める。社員は刑事告訴。』というスタンス。
つまり、『犬の飼い方は悪かったので謝りますけど、噛み付いたのは犬ですから。』というなんか『私も被害者なんですよみなさん』みたいなトーンで報道されているのがちょっと。。。。

あのな、派遣社員っつっても
ココなんだよ。

100%オマエんとこじゃねーか。

通常、派遣といってもここまで甘い管理はなされない。100%子会社だからこその連帯感が産んだ甘さだとしたら罪は重い。
横領した女性が55歳という高齢を考えると、もともと銀行の人間がスライドしただけの可能性もある。

これはどう考えても東京三菱、言い逃れできないんだけどなー。

 で、そのダイヤモンドスタッフ・サービスにしても東京三菱にしても、
HPに謝罪の言葉が無い。全く、全然、ちっとも。

なんか行員が頭下げてる画像があるから『おっ』とか思ったが、『ATM停止のお知らせ』だった。他にも『スパイウェアにご注意ください』って、他にも注意すべきことあるんじゃないの感ただようページ作り。いやぁ、職人のなせる技である。どうなのか。

***

個人的な見所としては、今回のような『100%出資先の派遣社員が不祥事』といったケースによる責任の所在の曖昧さがあってはいけないので、そこをどのように着地点を見出すのかというあたりか。
前例とかあるんだろうけど、やはりメジャーな方が見てて面白いのでヲチしたいところ。

あとは金融庁がどこまで『寛大な』対応をするかというところでしょうか。

カネの関わるお仕事だから、叩けばホコリの出ることぐらい、オトナならみんな知っている。要はバランスなのだが、外資のシティバンクでは青山支店長の客の預金横領を端緒として、結局はプライベートバンキング部門の日本締め出しまで追い込んだ。
何故ここまで追い込むのかというと、知ってる人は知っている事情があるのだが、ここでは触れない。

UFJに対して金融庁の対応が厳しいのは昔、官僚を『売った』(告訴資料提供)ことによるものであることは暗黙の了解。

で、今回はカワイイ東京三菱の不祥事。お約束の業務改善命令は出たが、今後どの程度のユルイ対応になるのかということもヲチポイント。

あとは、今回の件をきっかけに各銀行の痛快内部告発を期待したいところですなぁ。

追記:絶妙のタイミングでGEの日本銀行業務開始予定ニュース。GEキター!


♪ま、そんな感じでひとつよろしく。(ランキング)♪

==※今日の備考(リンク)※===

プチ社長日記:『一休IPO』の話

『当らなければ、どうということはない!』
(by シャア)

プチ社長日記:『証券会社』の話

株式会社でちょいと資本金積むと作れるのデス。
うぷぷ。

プチ社長日記:『シパーイ』の話

昨日の晩から、セレブリックスとアビックスのどちらを買うか迷っていて、アビックスを掴む自分に涙。

プチ社長日記:『金融緩和も終わりか』の話

えー。

ついに『禿山の一夜』のような宴も終焉のきざしが。。。

 

日銀の量的金融緩和政策、転機迎える・BIS年報

 【バーゼル(スイス)=菅野幹雄】国際決済銀行(BIS)は27日、年次総会を開き、2004年4月から今年3月までを対象とする年報を公表した。日銀の量的金融緩和政策は転機を迎えていると分析。金融システムの正常化で民間金融機関は大量の資金を必要としなくなっており、量的緩和の「出口」に向けて日銀が市場とどう対話するかが重要になると強調した。

 年報は日銀が金融機関への資金供給のために実施する公開市場操作(オペ)で、応札額が目標額に届かない「札割れ」が頻発していると指摘した。資金の借り手のモラルハザード(倫理の欠如)や金融市場の機能低下、財政規律の緩みなど量的緩和の弊害も列挙した。





♪株式ブログランキングはこちら♪

♪ま、そんな感じでひとつよろしく。あっはっは。(ランキング)♪

==※今日の備考(リンク)※===

プチ社長日記:『ゼクーその後』の話

ゼクー逝ったぁぁぁぁ!