有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『コミックヨシモト3ヶ月で撤退』の話

コミックヨシモト、7号で休刊へ 部数伸び悩む


ちょっと前の9月8日のニュースだが、隔週販売ゆえにわずか3ヶ月での撤退ニュースにネット上では『ま た 大 阪 か』のコメントのほか、 出版という世界にノウハウなく突っ込んだ吉本の失敗を一笑に付す意見が散見された。

・・・それはちがうだろう。断じて。

別に吉本が特に好きでもないし、ハコ作っては『デッセ・ジェニー』(銭でっせ!)という名前をつける小室哲哉並みのセンス(レーベル名ORUMOK(=KOMURO)には全米が泣いた)など、 私にとって吉本とはたまに食べたくなるが胸焼けするスナック菓子程度の存在だ。

だが、今回の撤退作戦は見事と言うほか無い。雑誌はクソですが。
もし、吉本の失敗を笑うのならば創刊時点で笑うべきであって、3ヶ月での撤退時点で笑う奴は博打の本質を全く理解していない。カプリコ頭に刺して死ねと言いたい。

興業=博打であって、博打の王道たる損切りをここまで出来る大企業は他にはないだろう。確かに、充分な準備や調査なくして投資した面はあるが、そもそも出版と言うミズモノの世界に打って出る姿勢は評価して良い。
そして何より撤退の意思決定の早さがその投資リスクを回避しているではないか。 その時点で、下手に準備に金かけるよりもリスクは低い。ミズモノというのは、『やってみなければ、わからない』という世界のことだからだ。

今回、『失敗』という評価を下されている当案件だが、どうやら5億円程度のプロジェクトではあったがカラーページを押さえるなどの結果、損失は2〜3億という読みらしい。

吉本ならこの手の失敗もネタとして使えるし、話題性を考えると2〜3億でこれほどの博打が打てたのなら失敗してもマズマズというところではないのか。

社長プロジェクトでありながら、ここまで早期撤退できるのであるから、この撤退を進言した人間は間違いなく優秀。
『大風呂敷をたたむ最速の男(または女)』または『社長の尻を最速で拭く男(または女)』として表彰されるべきである。

撤退作戦よりも侵攻作戦の方が面白いし、遣り甲斐も感じられるであろう。そして何より撤退作戦は目立たない。上手くいっても誰も褒めてくれない。ホントしんどいのよ撤退作戦は。

しかし企業への貢献と言う意味では撤退作戦の重要性は極めて大きい。
今回の『速きこと風のごとし』の撤退作戦は範とすべきものである。

ブームに翳りが見えてきてもひたすら先行投資という名の下に某微生物ブログに湯水のごとく金をそそぎ、今期も追加投資額以上に赤字幅が拡大しててにっちもさっちも行かなくなっている 『渋谷ではたらく社長の企業』は大いに参考にされたいと思います。


♪ランキング



プチ社長日記:『数値だけ見て食料自給率が低いケシカランというのはいい加減やめた方がいいと思います』の話


■食料自給率「低い」、47%に拡大・内閣府調査

ソース

(退避用)
内閣府が21日発表した「食料の供給に関する特別世論調査」によると、現在40%の食料自給率を「低い」とした回答が47%とほぼ半分を占め、2000年7月の前回調査時点より14.1ポイント増加した。望ましい自給率は「60―80%」が49%に上り、これを含め全体の回答者の8割近くが現状を上回る水準への引き上げが望ましいとみていることがわかった。

 調査は全国の成人男女3000人に実施、回収率は57.6%。将来の食料供給に「不安がある」としたのは76.7%、不安の理由(複数回答)は「国際情勢の変化で、食料や石油などの輸入が止まる」(61.6%)が最多。「食料増産の限界」(56.5%)、「異常気象、災害による不作の可能性」(56.2%)が続いている。

 自給率向上に必要な施策としては、「国産農産物の消費促進」(37.5%)、「消費者ニーズにあわせた国内生産の拡大」(36.7%)などが挙がった。(21:44)



食料自給率の話になるといつも疑問に思う。
40%でいいじゃないか、と。

いや、寧ろもっと下げるべき。

日本という微妙な位置づけの国家が、自国の産業構造を無視して食料自給率の向上、それも80%とか目指すというのは、それこそ自殺行為というものである。
まぁ、死にはしないか。
じゃあ、キチ○イ行為ということで。
え?それも駄目ですか? 
じゃあ、まぁ、やや穏やかに軽く少し気がお触れになった行為でいいですか?

そりゃ、小泉内閣以降、ぐっと自民が都市住民よりになったとは言え、やっぱり地方では農業保護なんでしょうけど。ええ、そういう票固めの努力は必要ですよね。

しかし、日本は高付加価値産業、つまり原料を輸入して、それを加工して付加価値つけて輸出してナンボという国である。
重要なリソースであるヒトを、土地を、農業に振り向けてでもしたら確実に国民一人あたりGDPは急降下である。
言うまでもないが、日本の土地は平地が少なく大規模農業に向いておらず、結果としてコスト競争で他の農業国に勝てる筈がない。
日本人の特殊な好みにより贅沢品としてコシヒカリなどがサバイブしている状況である。
いや、たとえ日本が農業に適した国土や気象条件下であっても、それよりも価値のある産業が存在する日本においては、『比較劣位』となる農業にリソースを投下することは非効率だ。

とりあえず、怒りを抑えつつ、自給率上げましょうという意見の理由を見てみる。

「国際情勢の変化で、食料や石油などの輸入が止まる」(61.6%)
ってあるけど、何で自給率の話で石油が出てくるの?切り離して考えようよ。それとも何か、オマエは石油を育てられるのか?
国際情勢の変化云々というのなら、備蓄という方針で対処すべきだ。せいぜい半年分。
現在40%の自給率を80%まで伸ばすためにどれほどの産業構造の変化が強いられるか、そのための費用を計算はしていないが、計算するまでもなく備蓄の費用が下回るであろう。
そもそも、食料運搬船が片っ端から撃沈されるような情勢といのは、中国・朝鮮・そしてアメリカやオーストラリアまでもが敵国になっているような状態でしょうが。
そんな状況が半年以上も続くようになったら、自給率云々言う以前に『日本オワタ』ということである。
要は、産業構造を変える莫大な労力を費やすくらいなら、国際情勢安定化の為にコストをかけるほうが間違いなく効果的であると私は言いたい。


また、「異常気象、災害による不作の可能性」(56.2%)
アホですか?敢えて言おう、カスであると。
日本が宇宙コロニーを建設して、制御された気象条件下で莫大なコストをかけて野菜を栽培するならいざ知らず、自給率を60−80%になるまで農業へ資本を投資しておきながら、異常気象、災害によって減産となった場合、我が国におけるダメージは計り知れない。
国家総じてボスケテ状態(※)である。
異常気象のリスクを避けるには、各産物に対して複数の輸入ルートを保持しておき、減産・増産による価格の変動に応じてチャネルの太さを調節するというのが最も有効な手段の筈だ。自給率を引き上げておいて、農産物の輸入ルートを減らすのは、却ってリスクの抱え込みに他ならない。『分散』こそがリスク管理の基礎中の基礎である。
気をつけるべき点は機動的にチャネルを変えることにより影響を受ける国家(力のない国家)の不満をどれだけ押さえ込むことのできる国力を維持できるかのみである。


この手の調査結果を見て本当に不思議なのは、『自給自足頑張ります』とか言って、せっせと独自の経済圏の創設に努めていた北朝鮮という芸術的なサンプルがすぐ近隣にあるというのに、日本も自給率あげましょなんていう意見が出てくることである。
呑気すぎる。一体、どこを見たらそんな呑気なことが言えるのか。

政府は、現在40%の自給率を80%まで伸ばすためにどれほどの産業構造の変化が強いられるか、そのコストを試算し公表すべきである。(実際はそんなことしたら地方の票を失うからやんないだろうけど。)
半導体や自動車やハイテク素材を作ることを怠り、そのリソースをせっせと白菜や大根や牛肉や米づくりに費やし始めた場合、そんな日本という国家に果たして外国が注目するであろうか?物凄い勢いでスルーされるのは必定だ。

日本が農業を頑張ったところで、比較劣位は免れない。周辺諸国は食料を日本から輸入することはないであろう。
そうなれば諸外国にとって日本とは『どうでもいい国家』ということになり、それが皮肉にも国際情勢の荒波の波高を高める結果となる。誰も遠慮しなくなるからね。
高付加価値産業の推進による資本の蓄積がなければ、異常気象等により日本の農業が大打撃を受けたときに他国から輸入もできない。また、輸入ルートも脆弱なものになっているであろう。

北朝鮮の様な国に住みたいのならいざ知らず、今のような生活を続けたいと日本人が望むならば、食料自給率を減らしてでも比較優位の産業へリソースを優先して割り当て、それで得たカネや影響力を巧みに使って世界中の作物を輸入するのが幸せなのである。日本で梨が美味いからと言って毎日デザートが梨だったら嫌でしょ?(日本は今、果物は中国などに輸出している)。私もたまにはパイナップルとか食べたい訳だよ。


私の父もそうだが、戦後の日本で『ひもじい』思いをした世代は食料自給率に拘るように思う。私には明日の食い物に困るような経験はない。だからこそ、そのような思いは傾聴に値するとは思う。
だが、経済という世界では戦争は続いているのだ。

割高なコストを投下して食料自給率を上げ、その上で日本が世界に誇る産業群を維持・発展していけるほど、世界は甘くないであろうということに、何故気づかないのか。

・・・ということを考えていたら、疲れてしまいました。


※【訂正】ボスケテ:『ボス 決して走らず 急いで歩いてきて そして早く僕らを 助けて』の省略形


=========

♪ランキング


 

プチ社長日記:『寝坊した』の話

120万ほど儲け吹っ飛んだー。

プチ社長日記:『JRわろかっしゅ』の話

Suica、改札機通れず…首都圏JRでトラブル

ソース
■引用(ソース先退避)■■■■■■■■■■■■

(読売新聞 - 12月01日 10:30)
 JR東日本の横浜、川崎、大宮などの駅で1日午前0時ごろ、電子マネーの「Suica(スイカ)」カードや、携帯電話に電子マネー機能を搭載した「モバイルSuica(スイカ)」を利用しようとした乗客が、自動改札機を通れなくなるトラブルが相次いだ。

 このためJRではこの日の終電まで、トラブルが起きた自動改札機を開けたままの状態にし、乗客から料金を取らずに通過させる措置を取った。トラブルは始発の時間帯になっても続いたが、不具合を修正する作業は同日午前5時過ぎに終わり、朝のラッシュ時間帯に大きなトラブルはなかった。

 同社が調べたところ、トラブルが起きたのはすべて、「日本信号」(東京・豊島区)の製品。同社の改札機を使っているJR東日本と東京モノレールの約180駅で、同様のトラブルが起きたと見られ、JR東がトラブルの原因を調べている。


■引用了■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本信号のソフトも日本信号が作ってるんでしょうか?
JRって日立好きですからねぇ。

これ、どう考えても
.好ぅのソフト修正パッチを11月中に実施していた。
△任癲△修譴老邯戮の日付変更テストをしていなかった。
12月に入ってオンライン日付が変わってトラブル露見。
(ひょっとしたらバッチジョブかも知れんが、それだったらみなし日付変更を終電後にすると思われ)

という、非常にお粗末な事故であります。

深夜に怒号と罵声に曝されるコールセンター
深夜に叩き起こされるアプリ開発部隊
テストコンディションきっちゃった人の胸に去来するもの
・・・以上を思うと、熱いものがこみ上げてきます。

ほんとうにありがとうございました。

■追記
多分、関係者は12月でよかったと胸を撫で下ろしているでしょう。
不幸中の幸い。
これがもし 1月で、初詣の人間が全員タダ乗りだったらJRマジ笑えない。

=========

♪ランキング


 

プチ社長日記:『そういえば・・・』の話

週末、ウチの兄貴が『ドリテク買った』とか言ってたけど、大丈夫かいな。
(因みに私は『何でドリテク?』と質問したものの、無関心故にスルーしてしまった。。。)

あにじゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!(←やわらか戦車風に)

プチ社長日記:『ライブドアファイナンス終了』の話

情報ソースとしては使ったことないから、どうでもいいと言えばどうでもいいが。
これ
株ブームも終わりなんですかねぇ。

♪ランキング
 

プチ社長日記:『激萎え』の話

指数チャート見て売買する時、数日前にたまたまM社のものを見て売買したのだが、致命的なミスを発見した。
タラレバ定食大盛りだと機会損失は余裕で200万は超える。

もう二度とあのチャートは見ない。
解像度低いなーとは思ったんだけどさ。。。
仕事するか。。。


♪ランキング

プチ社長日記:『F2開発防衛庁幹部の天下り問題に思う』の話

何故、この時期にこんなニュースが。
まぁ、朝日だし。

【退避用】
受注企業に天下り集中 F2開発の防衛庁幹部
2006年 9月 3日 (日) 08:46

約3700億円の開発費をかけた末に高コストなどを理由に調達が打ち切られたF2支援戦闘機をめぐって、開発にあたった防衛庁技術研究本部(技本)の幹部が退官直後に、開発事業を受注したメーカー5社とその系列会社に集中して天下っていたことが分かった。自衛隊法は退官後2年間、受注の関連企業への天下りを原則禁じている。ところが、売り上げが巨額な大企業の場合は、規制の対象外となるのに乗じて、幹部らの多くは退官直後に「直行」しており、規制が事実上骨抜きになっている。(以下略)


天下り駄目だよねそうだよね、と言うのは簡単だ。

ただ思うのだが、技本のようなミリテクに通じた機関の人間は、いっそMHI(三菱重工)や川崎といった企業に天下ることが実は『正しい姿』ではなかろうか。

記事では国交省の自主規制を引き合いに出しているが、国防の情報に接していた人間、それも軍事技術の結晶たる軍用機開発に携わった人間の再就職と、単に仕事を斡旋してやる見返りとしての天下りパターンとを断じて同列に並べるべきではないと考える。

最も恐れるべきことは軍事機密の流出なのだ。
先日もアホな自衛官が女にそそのかされて機密を中国に漏らしていたが、米中二極化にあって日本が米国を同盟国としている以上、中国はこと情報戦においては敵国である。激しく戦争中と言っていい。事実、中国は手段を選んでいないのであり、日本が鷹揚な態度をとっている場合では最早ないだろう。

国防関係の人間がうっかり親中国企業に再就職される方が、危険極まりない。F2は記事にあるとおり3700億円の巨費を投じて開発されたものだ。機数こそ少ないものの新素材の一体成型による主翼構造、フェイズド・アレイ・レーダーのアビオニクスなどトップレベルの技術を有している。
その多額の血税を投じた高度な技術が、うっかり他国に渡ること及びそれにより日本の安全が毀損される事こそが問題であり、もしそれが事実となれば、F2のベースとなったF16を提供している米国の信頼をも大きく挫くものだ。天下り云々どころではない。

MHIのような監視しやすい企業に『引き取っていただく』ことの方が理にかなっているのではないか。
再就職の規制には、ちょっと今は調べる時間がないのだが、契約額云々よりも再就職先企業の外国人出資比率などを厳に監視すべきであり、他国(中国)に積極的に資本を投下している企業も排除すべきだと考える。
『反日暴動』を演出し、その鎮圧に乗り出すかどうかということも含めて当該国政府の管理下にあるとしたら、それは日本の資本が人質となる可能性を意味する。
他国に弱みを握られかねない企業は危険だ。

現実的には日本企業の顔をした外国企業は腐るほどある。勿論、その殆どは商業活動に邁進するものであろう。(違うのも多いけど。)
だが用心するにしくはない。



防衛関係の人間の再就職問題は、一般の天下り問題と切り離して議論すべきだと私は強く思うし、その点を考慮した報道のなされ方を期待しています。


■追記
先日、改題の上文庫化された手嶋氏の著書「たそがれゆく日米同盟」をお奨めします。久しぶりに読み返したが、やはり読ませる。
マジおすすめ。
たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て
手嶋 龍一

♪おながいします(ランキング)

プチ社長日記:『なんだかインテルが大量解雇に動いているらしい』の話

主にマーケの人間切るとの噂。1万人ってほんまかいな。
インテル1社が沈めばハイテク関連全体が駄目といわれておりますが、実際は市場規模としてはマスでは成長していて単にオマエが他社にシェア喰われてるだけじゃんって感じなんですが、それでも影響力のデカイ企業なんで、まぁインテルが浮上してくることは歓迎。
が、アメリカ好景気も黄昏て包容力が減っているってことですかね。しかし米国9月5日発表予定って、事実だとしたら情報漏れにもほどがある。

また『インテルは、逝っている。』とか言われるのでありましょーか。

話かわりますけど、『インテル入ってる』のコピーって最初見たときは感動したのを思い出しました。
母国語で'Intel Inside'と頭韻を踏んでいるのを『インテル入ってる』って脚韻を踏ませて訳したのはすごい。
いや、『'Intel Inside'を気を利かせて訳せ』とか言われたら日本人である私たちにはそんな難しいもんじゃないかもしれませんが、母国語でも現地の言葉でも韻を踏ますってのはやっぱ偶然の産物のような気がしています。
インテル製品は世界中で使われてるけど、'Intel Inside'を、その言葉が持つ雰囲気そのままに忠実に訳せているのは日本だけではないでしょうか。中国語とか韓国語とかロシア語で同じことが出来るとは、ちょっと考えられないのです。

プチ社長日記:『よくわからないニュース』の話

こういうニュースが。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20060810AT3B1000110082006.html
ヒートアイランド現象、官民共同で「都市冷やす」
 東京の都心部で官民共同のヒートアイランド対策が始動する。丸の内や有楽町など4カ所を「クールタウン」モデル地区に指定。都と民間企業が協力し、冷暖房の廃熱を地下の下水管に排出したり、ビルの屋上や壁面を緑化するといった対策を組み合わせ、気温低下効果を検証する。東京などの大都市部ではヒートアイランド現象が深刻化。各地で対策も始まっているが、都は個別の対策では効果が薄いと判断、地域ぐるみでの取り組みを推進することにした。

 都がモデル地区に指定したのは丸の内(20ヘクタール)、有楽町(12ヘクタール)、大崎駅西口(9ヘクタール)、西新宿6丁目(6ヘクタール)の4地区。どのような対策を組み合わせると効果が大きいかを、それぞれの地区で検証する。調査は今月から開始しており、その結果をもとに各地区の企業と協議し、2007年度から工事に入る計画だ。 (16:02)


まず言いたいのは、屋上緑化の前に松岡修造を東京から追放しろということだ。これで確実に1度は下がる。

それと、汐留のシオサイトとか言うふざけた地域に林立するビルを間引け。あるいはNEC本社みたく穴開けるとか。あれ、どー見ても海からの風を的確にブロックしている。都心の熱が逃げられない。頑張りすぎである。
抜かしてください。

←ぬかせていただきたい。

 

 

足下ではビル風がすごいが、それって本来都心に流れ込む風でしょうが。僕たちの涼風を返して。新橋とかマジ暑くなってると 勤務している方はブーイングですよ。


屋上緑化かー。あー、そーいや構造計画研究所って屋上緑化もやってたな。ヲチしとくか。まぁ、壁面の緑化ってのは東京を阪神甲子園球場みたくするのでしょうか?表参道のプラダのビルの横の石垣にプラダの人がせっせと苔をはやそうとしてたが、あんな感じか?
緑化は大いにやっていただくとして、下水に排熱ってマジですか。東京の下水ってヨーロッパ都市部の下水より全然整備されてないと聞いているのですが、その熱量吸収する余裕あるのかしら? 捨てられたペットの鰐ちゃんがすくすく成長して人とか襲ったらマジ泣ける。
なんかコンクリートで蓋してるドブ川を綺麗にして、蓋外すとかの方がよくないですか?知りませんが。

京都議定書じゃないですけど、効果を数字化してそれに向けて邁進されるんでしょうか?でないと適当に予算使って『ハイ終了、おつかれ!』という臭いが致しますが。まずは頭を冷やしてからということですな。。

それにしても何故にこのタイミングでリリースなんでしょうね?『始動する』とか書いてますが、『今月から開始しており』って日本語おかしくないですか?猛暑の日にリリースして『ヒートアイランドけしからんよねそうだよね。』という受け手の共感を狙っているんでしょうか?それともキッチリ仕込むところ仕込んでからのリリースなんでしょうか?なんか全体的に胡散臭さ溢れるニュースですな。あ、僕は無関係ですよ、勿論ね。
♪おながいします(ランキング)