有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『キャリア美人が増資とな』の話

なんかキャリア美人からプレスリリースが来たので。

次世代女子に特化した採用マッチング「CAREER BijiN(キャリア美人)」、個人投資家を引受先に資金調達及び役員就任のお知らせ

・・・そうですか。
今年は社長の(朝まで続く)誕生祭がコロナで流れて正直ホッとしてたのですが、元気そうで何よりです。

プチ社長日記:『富士急の社長はすごいな』の話

私も見習おう。


プチ社長日記:『売上見通し』の話

どんだけ削減しても足らん気がする。。。
そもそも、客の決算発表見てても来期予測が非開示なんだし、もう何がなんだか。
今月末乗り越えられても、来月末を乗り越えられない企業とかも出てくるんだろうねぇ。。
まぁ、粛々と対応するだけなんですけどね。

プチ社長日記:『経営について語るとき私が語ること』の話

コロナ禍である。
あまり株価が崩れないから実感ない人も多いだろうけど、コロナ禍である。
「コロナ」という言葉を聞くたびに、コロ助が「コロナナリよ」と言っているイメージが浮かぶのだが、頭の中のフラワー具合が知れるので、とりあえず黙っている。

つーか、誰だよ株買ってるやつ。
インフレヘッジ以外の理由が見当たらんし、それでもあがるもんは買うんだけど。

一方、本業周り(IT業界)は今のところ平穏。特に日本は不思議とダメージ軽い。
まぁ、リーマンショックの時に流れたデカップリング理論を信じなかった(だから損害出したけど致命傷ではなかった)ワイ的には安心していない。日本だけ何とかなると思える方がワンダー。
まぁ、リーマンショック以降、デカップリング理論聞かないけど。
業界的に強く、一部はコロナが追い風になってるところもあるけど、それでも中期の減衰は否めない感じ、という程度である。

ところが、出資先や経営関係先の中には”コト消費”で成り立ってるものが多く、そのダメージたるや惨憺たるものである。
土曜日にも関わらず、テレカンで状況を聞いていると、ワーストシナリオで売上50%減。しかも、ワーストと言いつつまぁまぁ実現性ありそう。
・・・なにそれ死んじゃう。
つーか、リーマン前の売上1/4ってマジすか学園。

リーマン直後に大幅赤字を出し、ふうふう言いながら4年でトントンまで来た。
売上は減ったままだ。リーマンショックで売上が30%減となり、「そのうち売上は戻るだろう」と当時の社長も言っていた。一方で、産業的に斜陽と言われるこの業界では戻らないだろう、とワイは思っていた。
でも、現場を掌握している人間がそう言ってるんだから、門外漢の私は忙しかったこともあり長らく様子見だった。

実際には、対応は後手後手に回り、それも全員が等しく耐える戦法で、ぬるかった。
社員を大切にするあまり、社員を切れない社長だった。
自分にも責任の一端はあったから釈明すると、仕方なかった面もあった。
で、2011年になってもリーマンを言い訳にされたのに内心キレ、痺れを切らして割に合わなくても積極介入に転じ、コストカットして収支トントンまできた。
でも、その4年で大きく体力は削がれてしまった。
もっと早く介入しておけばよかった、と今でも思う。


アベノミクスでも、売上は伸びなかった。
で、その後、主要顧客の体制変更でダメージを受け、30%の売上減である。
70%×70%=49%、リーマン前の半分である。
その時には割と言うことが通る立場にあったので(ただし、より薄給になった)、
1人の自然減の他に2人の社員に身を引いていただき、ようやく浮上した。
因みにその時も「そのうち(売上が)戻るだろう」という方がいた。
引いていただいた内の1名は、その方だ。

なんで、こんなに危機意識が低いのだろう。当時はイライラばかりしていた。
そして、今回も似たような感じなのである。50%減の見込みが出てるのにだ。

「どうすればいいと思いますか?」と、敢えて聞いても具体案は出ない。
取締役は経営が仕事なんだが、通常のルーティンをこなすのに精一杯なのか、現場からはアイデアが浮かばない。
いや、求めているのは対応策であって、アイデアというハードルの高いものではない。
「マスク売りましょう」とか言い出されても困る。画面叩き割るわ。

ここまでのブラック・スワンだと、まぁ、わからなくもない。
確かに、一過性かもしれない。多少はコロナ禍が過ぎれば戻るだろう。
でも、元通りにはならない確信がある。

だって、ワイらにとっての売上は、客にとってのコストだから。
当たり前である。で、コスト減らして耐えることが出来れば、不確実性の高まっている状況でコストを元通り払おうなんて奴は、いない。
だから、売上減ったら減った分、コストを減らすのが鉄則。

「コストカットしかないですよね?」とワイがいうと渋られるのである。
私がコストカットという言葉を使うとき、雇用を指す。だから渋る気持ちもわかるけど、それやるのが経営の仕事だよね?
そりゃ、無駄なコストあったらそこから削るけど、売上が50%になってトントンにしてるんだから、これ以上削れるところは既にない。むしろ、ワイが参画する前はどんだけガバガバだったんだよ。

コストカット、それしかないってば。
このままだと、あなたも1年後には立派な失業者ですよ。まだ年金受給できないよね?転職、無理だよね?
どーすんの?つーか、なんでワイが心配するの?ワイは笑うくらいの薄給(マジでワイの日当くらいしかない)がなくなるだけで済むんですけどね。
あ、資本整理で今年数百万使ったからそれも無駄になるか。でも軽傷である。
(それでも、1円とて損するとムカつくけど。)
それ以上に、経営陣は責任ある立場だからいいけど、一応、経営陣を信用してくれている(ことになっている)スタッフに申し訳ない。
「何の対策もないです。バンザイです。」なんて言えない。

というわけで家賃の減賃交渉と、さらなるコストカットをまたやるのである。
中小企業の補助金200万ももちろん申請はするけど、正直、桁が違う。
ボロい社屋も、今年は修繕費を予算に計上したかったが、それも見送りである。つーか、予算立てられないし。

・・・ぶっちゃけ、憂鬱である。
でも、やるだけやる。
それでも無理なら、名誉ある撤退しかない。金策なんてコストの塊をやるくらいなら撤退である。
債権者に迷惑かけるくらいなら、「キレイに撤退」は前から決めていたことだ。

だが、今は潰さないと決めている。
無傷ではいられないけど、潰さない。
まずは、その意識を浸透させることからだ。

・・・とういわけで、頑張りますのでボクの報酬、せめて日当2日分に増やしてください。

プチ社長日記:『そろそろ二者間ファクタリングは手じまい時かね。。』の話

かねて年率12%、現在は年率8%で回しているファクタリングネタがあるんですが、
違法ではないし、融通手形扱いになっても利率的にクリアできるものの、見直しを求められる流れですね、これは。

まぁGMOとかの捌きっぷりを見つつ、適宜考えたいのですが、一律ファクタリングがNGになるのではなく、適切に管理される金融環境になればいいなぁ、って思います。

プチ社長日記:『外国でのアレ事情』の話

相変わらずDMM英会話を続けている。
前にも書いたけど、とにかく講師の出身国のバラエティーが豊富なのが気に入っている。
で、だいたい話すとアレ(コロナ)の話一色である。

なんかもうホント、世界中でロックダウンである。

さっきまでウクライナ人と話してたけど、「2人以上で歩いちゃいけないし、ID持ってなかったら500ドルの罰金なのよ、アホでしょ!?」と憤慨していた。
ただ、皆ロックダウンもしくは在宅要請には理解を示しており(まぁ、英会話講師という在宅での仕事を持っているからだろうが)、励ましあっている状況である。
アフリカのガーナしかり、カリブ海のベリーズしかり、東欧モンテネグロ、、とにかく当たる国当たる国、アレの話である。
で、「俺たちは要請であって、強制ではなくて、罰金もないよ」というと意外そうな顔されたり「大丈夫なの?」とか聞かれる。専門家ではないからよく知らんが、私自身は死亡者の推移にしか興味がなくて、その結果、他の疾患等に比べて極度に恐れるようなことはないのだが、まぁ、時世でもあるし、「オマエのせいで伝染された」とか言われるのも夢見が悪いので大人しくしている有様である。
そんな感じのことを言うと(私の英語力でどれくらい正確に伝わっているかは不明だが)、うっかり説教されるのである。いや、俺、守ってる方だと思うんだけどな。
ただ、聞いてみると外国では時間帯を決めて当該時間帯(夜間)の外出禁止&違反者には高額な罰金 というセットが一般的なようである。
パチンコ屋やってる日本も少しは見習った方がいいだろう。
まぁ、パチンコ屋やってるなんて言うと、また説教されるから言わないんだけどね。
パチンコなんてやらんっつーの。




プチ社長日記:『在宅勤務ヤバE』の話

COVIDやってきて、在宅勤務が叫ばれている。
賛成だ。濃厚接触してる場合じゃない。
日々懸命に対応に追われている医療関係者には頭が下がります。
政治はダメだけど。

で、在宅勤務である。
周囲の意見としては、通勤電車に乗らなくていいし、時間も有意義に使えると概ね好評のようだ。

でも、ワイはそうじゃない。
元来没入する癖があり、スイッチングの下手な私は、延々仕事をしてしまう。
朝9時から朝会があるので、ギリまで寝てる。
因みに、朝会というと朝からダルイ感じがするので、会議体の名前は「おはようを言い合う会」である。
超絶低い閾値が、あなたに無理のない仕事の立上がりをお約束。
それでも、おはようを言うために、ついでに本日の予定を確認しあうためにパソコン立ち上げる。
で、そのままずっと仕事してしまう。
そりゃ飯食うし便所いくけど、基本ずっと仕事である。
そして、力尽きたら寝る。

よくないな、とは思っている。
でも、なんだろこの感じ、初めてじゃない、懐かしい感じ。。。
と思ってたのだが、仕事をゲームに置き換えたらまんま学生時代のワイだわ。

ハイスコアや完クリを追い求めていたのが、今は追われているけれど。

人間というのは成長しないものであると感心する次第。
いや、成長しないのはワイか。

プチ社長日記:『コロナで、ふと思ったんだけどさ』の話

あれだよね、去年の内にコロナのことを予言してる占い師や予言者っていないよね?
知ってたら教えてほしい。そいつの言うことだけは聞いてやる。
言ってなかった占い師や予言者って、そもそも価値なくね?

プチ社長日記:『相場観』の話

基本的に景気の山は一昨年の夏であると思ってるので、「思ったより高止まりしてるな」と思ってCP上げてたところに、この騒ぎなので、今回のダメージはかなり低い方だと思う。
まぁ、NISAとかiDECOはそのまま持ってるので、ダメージがないわけではないけど。

日銀総裁が「リーマンショック級ではない」と言っていたけど、私はそうは思わない。

リーマンショックの時も厳しくて、夜の六本木を歩く人がめっきり減ったのには驚いたものだ。
年末でもタクシーすぐにつかまったし。
でも、減ったのは遊んでる人であって、お昼の時間帯はみんな頭抱えながらも働いて、
人の移動はあって経済が動いていた。

今回はそれとは違う。

普通に人の移動が制限されている。これはヤバい。
1−3月期の指標もかなり悪いことが予想されている上、これを受けて4-6月期の数値もかなり悪くなるであろうしこの時期の冷え込みは来期予算の緊縮等を招くので、これから出てくるのも悪いニュースが多くなるだろうと予想している。
そんなわけで、今はあまり相場を見ていない。
というか、激しい値動きにも関わらず、こんなに株価を意識しない日々は10年以上ぶりである。

まぁ、おかげさまで普段の仕事がクソ忙しくて株どころじゃないってのも、あるんだけどさー。

プチ社長日記:『36協定ありますが』の話

朝4時半になった今でも仕事が終わらなくてマジ絶望先生。