<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

プチ社長日記:『プレミアム・フライデー』の話

有給消費というのが何とも。夏の「夕活」と同じ臭いがする。
夕活、既に忘れられているけど。
仕事の朝 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:読後メモ『彼が通る不思議なコースを私も』の話

今年になってから文庫版第1刷というので、白石一文の最新作ではなかろうか。
山本周五郎賞受賞作『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』に作風は近い。
(装幀にどこまで関わっているか分からないが、カバー写真の雰囲気も近しい)


『この胸に〜』では現実的な氏の作風の中でも、(亡くした子の声が聞こえるという)不思議な出来事の起こる設定ではあったが、それは主人公の胸の内(=個の枠)に秘められており、我々凡人も稀に接する「不思議なこと」で片づけられるレベルであった。本作では更に進んで不思議な『能力』として定義され、荒唐無稽とも言える設定が最初気になったが、最後のエンディングで個の枠に大きく寄り戻すことで、バランスを保っている。

賛否別れる設定かもしれないが、それは所詮は舞台設定の話であって、氏の言いたいことは他作品のようにはっきりと主張しているので、読み応えのある作品。
読書の夜 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『今年のバレンタインは・・・』の話

おっさん4人でプロレスを観に行くことになりました。
ノアだけはガチ!!!
オトコの休日 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『あけましておめでとうございました』の話

正月は仕事をしつつ過ごしました。

パズドラは学生の頃からの友人の協力もあってデータが復活しました。

白石一文さんの『快挙』を読みました。日常の何でもない生活を背景として人々の心の機微を書かせたら、この作者の右に出る人は多くないだろう。人生における快挙とは何かを問うくだりは、背中に寒いものが走るくらい鋭いものでした。

正月におせちを食べました。何年振りだろう、手作りおせちを食べたのは。

スキーブーツと板を新調しました。3本目の板。買いかえる度に長さが短くなるなぁ。

一年を振り返りました。出来たことに喜び、出来なかったことに嘆きました。この悔しさは新しい年の糧に。

概ね、良い年末年始だったと思います。






オトコの休日 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『スマホ壊れました』の話

年の瀬も押し迫ったこの時期に僅か50cmほどの落下で画面にヒビが入り、操作不能に。
この時期なので1日でも連絡がつかないといろいろ不便で萎える。

補償で同型の新スマホにデータを移行し終え、やれやれと思って古い方のデータを消去した直後に、パズドラのアカウント引継ぎを忘れていたことに気付く。1400日余りのデータなんですけど。。。
サンタさんがいたら、パズドラのデータを返してほしいって、マジ願うレベル。

まぁ、ピークはとっくに過ぎてるんだけどね。
まさか転生ネプチューンでパズドラ・ライフが終わるとは思わなかったよ。

しょんぼりである。
オトコの休日 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『気付けば・・・』の話

仕事の先輩と一緒に船舶免許を取得して以来、ちょいちょい船の練習をしている。
本日は勝鬨マリーナから船を借りて、東京湾一周である。
勝鬨から夢の島マリーナ経由で荒川に出て、そこから南下して海に出る。遥か左にディズニーランドが見える。
荒川を南下する際中、京葉線の鉄橋をくぐる。

私はリーマンショックの頃、幕張のプロジェクトに通っていた。
通っていた、と言っても平日は幕張のウィークリーに住んでおり、週末に行き来していた。
さざなみ号によく乗っていたが、荒川を渡る時、眼下にプレジャーボートで航行する人々を見て、羨ましく思ったものだ。
今、鉄橋を渡る列車を見て、自分が今、その位置にいることに気付くと、とても不思議な思いになる。

■京葉線
DSC_0080.JPG


因みに、船はレンタルである。思ったよりも安く借りられる(Sea Styleというヤマハのサービスを利用)。
あまりマリンスポーツに縁のない生活だった私だが、十分楽しめる。
何事もやってみなければ分からない。お声がけいただいた先輩に感謝である。


■東京湾
DSC_0092.JPG

・・・と、格好良く締めたいところだが、着岸時に流されてクラブ所属の他艇にこすってしまうのは、安定のクオリティである。今回はお咎めはなかったが、技術は真面目に身に付ける必要があるのね。。。
オトコの休日 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『熱海』の話

熱海。熱い海と書いて熱海。

その湾を見下ろす絶景の場所に建つのが、歴史的な意味は全くない熱海城。
そしてロープウェーの駅はまさかの秘宝館と一体。
つまり、駅ビルが秘宝館。
アトレ感覚で秘宝館。

熱海、侮れじ。(行きました。)

atami.jpg
くつろぎの夕べ | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『さすがに・・・』の話

仕事が無くて困っているパキスタン人達から、「何でもいいから仕事くれ。掃除夫でもパシリでも何でもいい」という熱いメッセをいただくのだが、髭のオッサンにウチ来られてもむさくて堪らんので、「オマエ日本語話せないから無理」という冷酷なメールを連ポスする3連休。
オトコの休日 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『』の話

ルーマニア〜ベラルーシ 建設予定地
仕事の朝 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『ウズベキスタン漫遊記#7』の話

目が覚めた。時計は7時を過ぎているのだが、緯度が高いのでまだ暗い。
ヒヴァのゲートまで行ってみる。吐く息は白い。
ゲートまで行ってみると、意外にも門は開いていた。
一部、微妙にライトアップされている。耳を澄ますと、そこかしこで箒で掃き清める音がする。
店は開いていないものの、徘徊するのはとても楽しい。
街のおおよその形を頭に入れると、明るくなってきた。

戻り一休みする。

宿は朝食がついている。おおよそ、どこの宿にも朝食がついている。タシケントやサマルカンド以外では朝から開いている店を見つけるのは難しい気がした。
シャワーを浴び、再びヒヴァ遺跡の方へ。

■ゲートの一つ
DSC_1567.JPG

遺跡としてのヒヴァは2重の城壁で囲まれている。随所に尖塔が建ち、オアシス都市のイメージそのままの、非常に美しい街だ。その美しさとは裏腹に、ついこの前の19世紀まで奴隷貿易で栄えていたという暗い過去を持つ。
奴隷としてこの街に連れてこられた者にとって、この街はどのように映ったのだろうか、、、そんなことを考えながら散策を続ける。
一つ困ったのが、中のレストランが殆ど休みだということだ。
遺跡を抜け、街中をさまよってみても、外食できるところが殆どない。仕方なくスタンドでコーヒーとサンドウィッチをもさもさと食べて済ませる。
一日中歩き回り、ヒヴァを堪能してから宿に戻り、タクシーを呼んでもらって空港まで行く。

■ヒヴァの町並み
DSC_1598.JPG

DSC_1548.JPG

飛行機はロシア製のレシプロである。ジェットよりもレシプロが旅情が勝るので、私にとっては悪くない。
タシケントへの戻りはあっという間だ。もう相場が分かっているので、タクシーでもめることもなく、タシケントの宿に戻る。
翌日の飛行機は遅い時間なので、日本語教育センターなるものに足を運ぶ。およそ観光地ではないのだが、ちょっと仕事があったので、ここの学生達から情報を収集する。皆、非常に勤勉である。連れて帰って雇いたいくらいである。

学生達との時間は楽しかったが、夜のフライトでソウル、そして東京である。
ウズベキスタンという国は、スタン系の国の中でもサマルカンドに代表される観光資源が豊富であり、鉄道も整備されている。また再び訪問したい国の一つだ。



オトコの休日 | permalink | comments(0) | -
| このwebを『はてな』ブックマーク |




+ ARCHIVES +